どう付き合うかが大事! 妄想性障害について

どんな人でも大なり小なり「妄想」はします。
それがちょっと大きくなると妄想性障害という病気になってしまいます。
性格や環境、ストレスがその原因になっているといわれていることから、誰でも発症する可能性があります。
もし妄想性障害と診断を受けたときに知っておきたいことをまとめてみました。

view971

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妄想性障害とはどんなもの?

  • 妄想性障害(パラノイア)とは、妄想性人格障害の妄想よりは重いが妄想性精神病の妄想よりは軽い妄想をもつ障害で、精神病性障害の一つです。
    出典 :妄想性障害とは(心理学総合案内こころの散歩道)
  • 妄想は統合失調症の主要な症状ですが、認知症やうつ病など、脳内の何らかの異変に伴って出現します。
     妄想性障害の特徴は、妄想の内容がさほど非現実的ではなく、ほかには精神病症状がないことから、一見して普通の人に見えます。相手との距離が縮まったときに見えてくるミクロな狂いです。
     妄想とは、非現実的な頑固な信念です。中でも最も多いのは、被害妄想です。自分の料理にだけ、毒が入っているのではないかという不安を払えません。また、電話は盗聴されているのではないかと疑います。人が囁きあったり、笑ったりしているのをみると、自分のことが話題になっている、悪く言われているのではないかと思います。
    出典 :自分をたいせつにする心理学 妄想性(偏執性)障害
  • 妄想性障害の「妄想」にはどんなものがあるの?

  • 被害妄想

     

    誰かが自分を狙っている、あるいは誹謗中傷で嫌がらせされているといったような妄想を持ってしまいます。

  • 法的手段などに訴えて補償によって償わせようとすることがあります。
    稀にですが、暴力を振るったりすることもあります。

  • 誇大妄想

     

    自分がとても高貴な人間である、大金持ちだ、特別な才能を持っているといったように思い込んでしまう症状。
    まだ誰も見つけたことがないような大発見をした、といった妄想もあります。

  • 憑依妄想

     

    何かが自分に憑りついて、操られているのだと妄想します。

  • ・色情型

    自分が他者から愛されているという妄想を中心に持つ。
    主に性的妄想よりも利己的な思想的恋愛や心のよりどころを求める。

    対象とされる人は主に、自分より社会的地位が上であったり身分が高い人が多く
    また、見知らぬ他人の場合もある。
    対象者に対して、電話や手紙、自宅や勤務先への訪問、監視、ストーカー行為などを
    妄想から行うこともあり、法に触れることがあります。

    ・誇大型

    自分はすばらしい能力で功績を残した、自らこの研究を開発した!などの
    誇大妄想による他者が認めていない妄想を中心にもつ。


    ・嫉妬型

    恋人や配偶者が不貞を行っているという確かな証拠もない妄想を中心に持ち
    不貞を連想できる証拠から妄想上不貞を確信する。
    不貞を阻止しようと行動することもある。


    ・被害型

    自分はだまされている、陰謀を企てられている、監視や見張られているのではないか?
    嫌がらせを受けているのではないか?などの妄想を中心に持つ

    法的手段などで訴え、補償によって償わせることで満足しようとしたり
    時には妄想主題を駆逐するために暴力をふるうこともある。


    ・身体型

    身体の機能や知覚に関する妄想を中心に持つ。
    口臭や体臭があるのではないか? 他人より鼻が曲がっているのではないか?
    心臓が悪いのではないか? 自分は寄生虫に感染しているのではないか?
    などなど。
    出典 :妄想性障害について(再掲載記事)|千葉のネット心理カウンセリングサービス月猫
  • 妄想性障害の患者さんのほとんどは生活の一部分において障害があるだけで、仕事をしたりといった日常生活を送ることが可能です。
    しかし、妄想の内容が危険すぎるといったような問題点がある場合は入院治療が必要になることもあります。

  • 妄想性障害との関わり方について考える

  • まずは専門家に相談することが大切だと思います。
    精神科が適切だと思いますが、そのご家族に抵抗がある場合は、
    まず地域の保健所・保健センターの保健師にご相談ください。
    精神保健相談にのってもらえます。
    その後、たぶん精神科に行くことになると思いますが、
    どう治療していくかはケースバイケースです。

    妄想自体が簡単にスッキリと消えることは難しいと思います。
    でも、薬を使うことでコントロールはできると思います。
    ご家族だけで悩むのは大変でしょうから、ぜひ専門家へご相談ください。
    一番いい方法を一緒に考えてくれると思います。
    出典 :妄想性障害について - メンタルヘルス - 教えて!goo
  • 妄想性障害!というと何やら妄想が悪いことのように思えますが
    それは一部の生活に支障がきたすレベルの妄想です。

    基本、誰でも妄想はしますw

    私もあんな美人とデートできたらなーとか 自動販売機のお釣りのとこから
    ジャンジャン500円玉でてこないかなーとか(笑
    (ちなみに自動販売機からの500円は妄想ではなく小学生の時に
    リアルな夢を見て 朝起きて ガッカリした思い出アリ)

    ですから 妄想することが悪いことなんだという認識を持たないでほしいのです。
    出典 :妄想性障害について(再掲載記事)|千葉のネット心理カウンセリングサービス月猫
  • 臨機応変な対応が求められますが、その妄想それ自体への正しいか否かの押し問答を避け、そこから生じている苦痛に目を向けることが有用だといわれています。
    「そんなふうに感じているとしたら、さぞコワイでしょうね。」
    といった、相手の心情への共感的態度です。
    出典 :自分をたいせつにする心理学 妄想との接し方
  • 妄想癖も才能になる

     

    美輪明宏さんが「オーラの泉」で仰った言葉です。

    「妄想しているだけならただの怠け者。浮かんだアイデアを書き留めて、面白く整理できれば妄想癖も才能になる」

    妄想も悪いものだけではありません。
    悪い妄想を取り除いてやることで、「妄想」のイメージはこんなにも明るいものになりえるのです。