40代の5人に4人が要介護になるらしい。

ロコモティブシンドロームという言葉が浸透して来ました。一生自分の足で自由に動いて生活するために、若い時代から心がけておきたいことをまとめます。

view383

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ロコモティブシンドロームを、知っていますか?

  • いつまでも自分の足で、自由に歩きたいですね。

  • ロコモティブシンドロームとは主に加齢による骨・関節・筋肉といった運動器の機能が衰えること。

  • そのことによって、日常生活での自立度が低下して介護が必要になったり、寝たきりになったりする可能性が高い状態のことをい言います。

  • 例えば、足腰が弱って、自力で立ったり歩いたりする移動が大変になってきた状態もロコモです。

  • 階段を上るのが億劫だ、と思いはじめることも、ロコモ注意報!

  • 驚愕の事実! あなたにも将来、要介護になる恐れが!!

  • 現在、ロコモは予備軍を含めると約4700万人と言われています。
    40歳以上の男女の5人に4人が“ロコモ及び予備軍”とされているのです。

  • まずは、自己チェックしてみよう。

  • さあ、自己チェックしてみましょう。
    ひとつでも当てはまれば、ロコモティブシンドローム・予備軍です。

  • ロコモティブシンドロームの自己診断方法
    このロコモ、実は専門的な機器などが無くても簡単にチェックすることが出来ます。
    ロコモティブシンドロームかどうか判断する為の基本的な7つのチェック項目を紹介いたします。


    ポイント1 片脚立ちで靴下が履けない

    ポイント2 家のなかでつまずいたり滑ったりする

    ポイント3 階段を上るのに手すりが必要である

    ポイント4 横断歩道を青信号で渡りきれない

    ポイント5 15分くらい続けて歩けない

    ポイント6 2kg程度(1リットルの牛乳パック2個程度)の買い物で持ち帰りが困難

    ポイント7 家のやや重い仕事(掃除機の使用や布団の上げ下ろしなど)が困難
    出典 :ロコモティブシンドローム | 予防と対策ロコモティブシンドローム |
  • ひとつでも当てはまってしまった人。早速からだを立て直しましょう!

  • ポイントは、エクササイズと食生活の改善です。

  • たった2つの運動で、ロコモが遠ざかる!

  • まずは、片脚立ち運動にトライ!
    背筋を伸ばして、片脚で立ったままの姿勢を1分間キープ。
    左右交互に、1日3セット行います。

  • 2つ目はスクワットです。
    息を吸いながら上体を倒し、ゆっくり腰を落とします。背筋は伸ばすこと。
    3秒ほどかけて、ひざが約90度になるくらいまで腰を落とします。
    落とし切ったら一瞬停止し、息を吐きながら、3秒かけて元の姿勢に戻ります。
    これを1セットとして、10回繰り返します。

  • プラス、良質なたんぱく質をとる食生活を!

  • 太るからと言って、肉を避けるのは間違い。しっかり動けるからだを作るには、筋肉のもとになる良質のたんぱく質が欠かせません。肉をきちんと取りましょう。

  • さらに骨や関節の強化のために、魚や乳製品、卵も毎日とりたいもの。食欲がないからと、ごはんとお新香だけですませていては、ロコモまっしぐらです。

  • 毎日5分のエクササイズでも、将来のからだは変わる!

  • ロコモティブシンドローム予防エクササイズ - YouTube