30代の出産で気をつけること

30代の出産で気をつけることって何があるでしょう?
赤ちゃんのためにも、マタママのためにも、
きちんと注意すべきこと・・・まとめてみました♪

view1279

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 35歳以上で初産の場合は乳がんの危険性も?

  •  

    乳がんには遺伝的リスクがあるのは確か。エストロゲンという女性ホルモンの働きが関与しているため、「初潮が早く、閉経が遅い人」「初産が35歳以上の人」や「出産経験、授乳経験のない人」なども注意が必要。「身内に乳がんを患った人がいるは特に意識して検診を。病気の発見を恐れるのではなく、年齢を重ねれば重ねるほど、自分のからだときちんと向き合うことが重要です」(吉野院長)。

    引用)http://woman.mynavi.jp/article/130917spe06/

  • 30~34歳では、早産、死産のリスクが高くなる?

  • 現在高齢出産は35歳以上とされているが、30歳~34歳の女性でも妊娠出産に伴うリスクが高まることが、スウェーデンのカロリンスカ研究所のUlla Waldenström教授の調べで明らかになった。同教授は第1子を授かったノルウェーとスウェーデンの母親100万人のデータを分析した。その結果30歳~34歳の女性のグループに於いて、早産や死産のリスクが高まること(20代後半での出産と比べ20%増)がわかり、これまでこの年齢層はリスクは少ないと認識されていただけに教授も驚いたという。
    出典 :30歳から出産のリスクが高まる - 暮らしの安全注意報[アラーミー]
     

    30歳を超えると急に高まっている感じがしますね。気になります。

  • 流産とは、妊娠22週までの間に胎児が何らかの理由で亡くなってしまうことを言います。実際には妊娠10週頃までの流産が最も多く、受精卵の染色体異常によって起こります。こうした流産を自然流産・初期流産といい、全流産の8~9割を占めます。ママの年齢が高くなると赤ちゃんの染色体異常も若干増えることや、卵子も年齢と共に老化してくることなどから、高齢出産は流産しやすいと言われます。自然流産の発生率も若干高くなります。全年齢における流産率が10~15%ですが、高齢出産における流産率は20~25%前後と、若干高くなっています。
    出典 :高齢出産のリスク | 高齢出産ガイド
  •  

    流産の主な原因は染色体異常です。35歳以上の妊娠は、とくに加齢に伴い、卵子が老化していたり、精子の機能が低下している可能性が高く、染色体異常を起こしやすいと考えられています。そのため流産しやすいのです。

    引用)http://pigeon.info/ninshin/bemama/mama5.html

  • 赤ちゃんの「染色体異常」

  • 赤ちゃんにダウン症などの染色体異常が見られる確率は、ママの年齢を追うごとに高くなります。そのため高齢出産の場合は希望者に、妊娠15~20週ぐらいに血液検査をして、染色体異常のスクリーニング検査「母体血清マーカーテスト」などが行われます。
    出典 :ピジョンインフォ | 妊娠・出産・育児情報 | そろそろママになりませんか? | 赤ちゃんは欲しいけど…夫&彼との微妙な関係
  •  

    ダウン症は、21番目の染色体が1本多いことによる、先天性の染色体異常です。知能や運動能力などに発達の遅れが生じたり、心臓に先天性疾患を伴うこともあります。染色体異常の中では比較的軽いものです。一般的にダウン症の発生率は、20歳で1500人に一人、30歳で1000人に一人、35歳で300人に一人、40歳で100人に一人、という割合で確立が上がると言われています。

    引用)http://www.dt-mama.com/020/

  • 35歳から急激に確立が高まっていますね。

  •  




     

     妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の危険性が高まる

  • 帝王切開になりがち

  • 高齢出産ではトラブルのリスクも高くなるため、それを避けるためにあらかじめ帝王切開を選択することも多くなります。また、陣痛が長引き緊急帝王切開になることも。いずれにしろ、母子の安全を考えての選択になるので、妊娠中から心配しすぎる必要はありません。ちなみに・・・帝王切開とは母子どちらかに問題が生じ、自然分娩は難しいと判断された際に選択される出産方法です。
    出典 :【どんな分娩になるの?】 - 35歳からの高齢出産