妊娠とお薬の関係について

妊娠中のお薬摂取について、その危険性などをまとめていきたいと思います。

view220

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ほとんどの薬には危険性はない

  •  

    まずはじめに、ほとんどの薬には危険性があるものはないそうです。

  • おなかの赤ちゃんに悪い作用をしては困りますね。妊娠中の薬については、たいへん心配なことと思います。でも、実際のところはどうなのでしょうか・・。結論から申しますと、ほとんどの薬には心配するような危険性はありません。
    出典 :妊娠と薬_01-01
  • 危険性があるものは事前に申し付けられる

  • 妊娠中に薬を飲んでいなくても、ちょっとした先天異常(奇形)は100人に2人くらいの割合でみられます。これは確率的な問題でもあり、どの人もリスクは同じです。大部分の薬は、そのような奇形の自然発生率を高めることはないのです。いいかえれば、奇形の発生率を5倍にも10倍にも高めるような危険な薬は、ごく一部の特殊な薬だけということです。そのような薬は、使用前に妊娠テストをしたり、あらかじめ使用期間中に妊娠しないように申し付けられるものです。
    出典 :妊娠と薬_01-01
  • 妊娠中の薬の影響度

  •  

    薬の影響よりも、そのほかの影響のほうが強い。

  • 環境要因の具体的な例としては、妊娠時の感染症(たとえば風しんやトキソプラズマ症)、病気(たとえば未治療の糖尿病やてんかん)、高温、食事(多量のレバー等)、栄養不足(極端な偏食やダイエット)、アルコール、タバコ、食品添加物、違法な農薬(プリクトラン等)、環境ホルモン(ビスフェノールA等)、環境汚染(ダイオキシン、水銀等)・・・、そして薬があげられます。薬が原因の奇形は、すべての奇形の約1%ほどと推測されています。ですから、100人に2人の割合で奇形が発生するなら、薬が原因の奇形は10000人に2人になる計算です。実際に薬の影響を受けて奇形ができる頻度は非常に少ないと推測できるのです。
    出典 :妊娠と薬_01-01
  • お薬は母乳に移行する

  • 世の中には本当に多くのお薬がありますが、お母さんがお薬を使用すると、ほとんどのお薬は母乳中に移行するといわれています。でも、ほとんどのお薬は、「母乳中に移行するけれども、その量は非常に少ない」ことが知られています。
    出典 :授乳と薬 | 妊娠と薬情報センター
  •  

    ですから、お薬を飲んでいるお母さんが必ずしも母乳をあげることをあきらめなくてはいけないわけではないですし、また母乳をあげるために必ずしもお薬をやめる必要はありません。個々のお薬についての十分な情報をもとに、主治医の先生と相談しながら決めていくことが大切です。

  • 授乳とお薬についての情報として、下記の注意事項を十分に確認の上でご利用ください

  • ・授乳中の影響について作成された表です。(妊娠中のお薬の影響とは異なります)
    ・「安全に使用できると思われる薬」は、これまでの科学的な情報をもとに評価を行い、授乳期でも安全に使用できると考えられる薬です。
    ・「授乳中の治療に適さないと判断される薬」は、病気とお薬を比べて考えると、明らかに授乳期の治療に適さないと判断される薬です
    ・この表に記載されていないお薬は、すべて適さないお薬でもありませんし、すべて安全なお薬でもありません。
    ・抗悪性腫瘍薬については情報が非常に限られていること、また適応疾患が悪性腫瘍であることから、短いコメントで評価をつけることは難しく、誤解を生むおそれがあるため、表にはしていません。同様に免疫抑制剤についても表にはしていません。
    ・自己判断ではなく、必ず医師と相談して、お薬の使用や中止を決めることが大切です
    出典 :授乳と薬 | 妊娠と薬情報センター
  • まとめ

  • 妊娠中のお薬の使用について、また搾乳時のお薬の使用について簡単にまとめました。
    どちらの、大きな影響はないとされていますが、万が一何かあった場合は専門家の方にすぐに相談することをお勧めします。