「赤ちゃんが欲しいのに…」女性の不妊原因とは?

代表的な女性の不妊の原因とは、なんでしょうか?男女ともに原因が考えられますが、女性の原因について取り上げてみました。

view229

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも、不妊とはどういう状態のこと?

  • 「避妊しているわけではないのに、赤ちゃんができない…」不妊で悩んでいるカップルは、全体の10%を占めると言われています。結婚して夫婦関係も普通に持っているのにも関わらず、2年以上赤ちゃんができないという場合、「不妊症」と判断されます。
    出典 :不妊症とは? | 不妊治療まるわかり
     

    妊娠しやすいタイミングで夫婦関係を持ってみても妊娠のきざしがない…。それは、もしかしたら不妊症なのかもしれません。

  • セックスをしていても、なぜ赤ちゃんができないのか?

  •  

    赤ちゃんが欲しいと思っても、なかなかできないのはどうしてなのでしょう

  • 女性の不妊症の原因のほとんどの場合は、子宮内の血液の循環が悪く血液がスムーズに流れておりません。ホルモンの分泌が悪く、大きくて立派な卵子が成長しないことが多いようです。
    又、黄体の機能が悪いため子宮内膜の状態が悪くせっかくの受精卵が子宮内膜に着床しにくくなっています。
    出典 :不妊症について 不妊症の原因と対策
  • 具体的な原因はたくさんあり、なかには原因不明のものもあります

  • 排卵因子
    排卵に導くホルモンの分泌が不調。PCO(多嚢胞性):卵巣で卵胞がうまく発育しない。LUF:卵胞の破裂が起こらない。

    卵管因子
    卵管が閉塞している場合もあり卵子が取り込まれない。受精ができないなどの機能不全も含まれる。

    着床因子
    子宮内膜が薄い、黄体機能不全子宮筋腫、内膜ポリープ、子宮腺筋症など。

    頚管因子
    精子が子宮管内に入らない。頚管粘液の不良。抗精子抗体が陽性。

    子宮内膜症
    子宮内膜組織が子宮内宮以外にできる。不妊症、月経痛、性交痛の主な原因と見られ、不妊女性に高い確立で認められるが、子宮内膜症でも妊娠することがあるので、本当に不妊の「原因」なのかどうかはまだはっきりとわかっていない。

    年齢因子
    卵子、子宮の老化。30歳を超えると年に数%ずつ機能が下がり、35歳以上になると急に下がる。特に卵子の老化が注目される。
    出典 :不妊症について 不妊症の原因と対策
  • まずは、医療機関で専門のお医者さんに相談しましょう。

  • 赤ちゃんができないというだけでは、男女どちらに原因があるのかは分かりません。病院には、必ず夫婦二人一緒に行きましょう。原因が分かったあともお互いに知識を深めることで、より治療が成功しやすくなります。

  • 不妊症の原因の多くは、複数の原因が、複雑に絡み合って不妊という症状が形成されています。
    それと不妊の原因として年齢も関係しており、年齢を重ねる事により妊娠率は徐々に低下していきます。
    赤ちゃんが欲しいと思っているにもかかわらず、なかなか妊娠しない場合には、その期間にとらわれず、早めに専門の医師等に相談することが大切になります。
    出典 :不妊症・不妊治療について 不妊症の原因/名古屋市-浅田レディースクリニック
  • 不妊治療には、諦めないことが肝心!

  •  

    赤ちゃんが欲しい、という希望を持ち、夫婦二人で一緒に頑張っていきましょう!結果がなかなか出ないのは辛いことですが、治療をしているかぎり、可能性は必ずあります。

  • 「結果が出るまで諦めないこと」、これが不妊治療では一番大切です。妊娠に至るためには、時間がかかります。なかなか目に見える成果が出ず、諦めてしまいたくなることも多いでしょう。しかし、不妊治療の成功率が低いのは、諦める人が多いからです。つらいかもしれませんが、「継続」していくことが成功の秘訣です。
    出典 :不妊治療に臨む心構え | 不妊治療まるわかり