注意※インフルエンザ・風邪に罹りやすい人の傾向

街はマスクをしてる人がいっぱいです。流感の季節がやってきました!
でも、風邪やインフルエンザでよく休む人と、家族みんなダウンしても年中元気でピンピンしてる人いますよね?
両者の違いは何?よくダウンする人に共通点はあるなら、その特徴は?

view1262

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「風邪知らず」で元気な人・予防を徹底してもすぐに風邪をひく人、何が違うの?

  • しっかり予防しているつもりなのに・・・

  • その違いは「免疫力」

  • 「免疫力」とは、「外から入ってきた外敵を退治して、体の健康を維持する力」のこと。

    実は人間の体は常に免疫によって守られています。
    周囲には数多くの病原菌や病原ウイルスが存在していますが、自分でも気づかないうちにそれらの侵入を監視し、排除しようと戦っているのです。逆にいえば、この免疫システムが壊れてしまうと、外敵からの侵入・増殖を許してしまい、これまで病気を引き起こさなかったような病原菌・ウイルスなどによって、死に至ってしまいます。
    人間には体を健康に保とうとする素晴らしい機能が備わっているのです。

    風邪の症状となる、くしゃみ、鼻水、咳、発熱、下痢、嘔吐もすべて免疫による反応です。
    免疫力が高い人は、ウイルスが入り込んだとしても、くしゃみや鼻水などによってウイルスを追い出すことができるため、比較的軽い症状ですんだり、症状すらでない場合もあります。しかし、免疫力が弱まっている人は、ウイルスが入り込んでしまうとウイルスを追い出そう、増殖を抑えようという力がうまく働かず、さまざまな症状がでてしまいます。
    出典 :風邪と免疫力の関係|特集|eo健康
  • 「免疫力」ってどうして低下するの?

     

    免疫力は30代からどんどん低下するそうですが、加齢以外の要因は?

  • 免疫力が低下する原因1「ストレス」

  • ストレスフルな社会

  • それはストレス。

    悩みを抱えていたり、忙しかったりすると、つい、眠れなかったり、健康管理が

    おろそかになりがち。そんなときは、病気になりやすいのです。

    逆に心と体がリラックスしていると、免疫力は上がるのです。

    ちなみに皆さんは、1年に何回ていど、風邪をひきますか?

    研究者の先生によると、1年に3回以上風邪をひくひとは、免疫力がかなり低く

    なっているおそれがある、とのことです。 ぜひぜひ免疫力を鍛えてください。

    出典 :ストレスが高いと風邪をひきやすい!【日経ヘルスプルミエ冬号発売です】 - きれいエイジング:日経ウーマンオンライン
     

    自分に合ったストレス発散方法を!

  • 免疫力が低下する原因その2「腸内環境の乱れ」

  • 便秘や下痢など・・・

  • 免疫細胞のひとつであるリンパ球。
    外から入ってくるウィルスから体を守ってくれるリンパ球の6割は腸内に存在し、腸は重要な免疫機関だとも言われています。
    便秘がちな人は、腸内環境が乱れている証拠。腸内環境が乱れると免疫力が低下し、病気にかかりやすくなります。
    出典 :便秘は超ヤバイ!実はインフルエンザにかかりやすい人の特徴5つ
  • 免疫力が低下する原因その3「冷え・低体温」

  • 冷えは万病のもと

  • 冷え性になると、身体の各種機能が低下してしまいます。
    これによって、免疫機能が落ちて、風邪をはじめとする病にかかりやすくなってしまいます。
    このような傾向があるため、東洋医学の世界では「冷え性は万病の元」と考えられています。
    体調を万全にしたいのであれば、冷え性とまっすぐ向き合って、改善への努力をしていくことが大切です。

    出典 :風邪と冷え性の関係とは? | 冷え性改善ガイド
  • 免疫力が低下する原因その4「ハードな筋トレ」

  • ガチムチ系が貧弱・・・?

     

    そう言えば、ガチムチの友達は年中風邪ひいてます

  • 筋トレで見ていくと、ハードなウエイトトレーニングをすることによって、筋肉だけでなく体の疲労はピークへ達します。そのときの免疫力は通常よりも落ちていて、そこでウイルス感染が起こりやすくなります。
    ハードにトレーニングする方は、常に体を限界まで鍛えるため、その都度免疫力が通常の人よりも低下します。
    このことからハードにトレーニングする人のほうが風邪を引きやすいのです。

    出典 :筋トレと風邪のひきやすさの関係
  • 免疫力UPで風邪やインフルエンザに負けないように!