夏の時期には要注意!【冷房病】症状と改善方法!予防法!

冷房病なんてと侮ると危険かもしれません
これからくる夏に向けて知識をつけておきましょう

view268

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 冷房病(クーラー病)とは?

  • 女性は、スーツ姿の男性に比べて薄着であること、とくに脚を露出するスカートは、床面近くにたまる冷気の影響を受けやすいことなどから、冷房で体調をくずす「冷房病」になりやすいと言われています。夏を楽しく元気にすごすために、冷房病について知っておきましょう。

     冷房病の原因は、エアコンによる体の冷えすぎと、冷房の効いた室内と暑い戸外との温度差に体がついていけなくなること。主にこの2つによって起こる自律神経失調症の一種であると考えられています
    出典 :あなどらないで! 冷房病 - goo ヘルスケア
     

    女性の体は冷えによわいという事がわかりますよね?

  • 冷房病とは冷房の効いた室内(外気の温度差が5℃以上ある環境)に長時間いるために、身体の体温調節機能に不具合を生じ、周りの温度に適応できなくなる自律神経失調症のことです。自律神経には交感神経と副交感神経があります。冷風に当ると、交感神経が働き血管を収縮させ発汗を抑制し、体温の下がり過ぎを抑えます。暑いときには、副交換神経が働いて、血管を拡張し発汗を促して体の熱を放散させようとします。これら2つの自律神経のバランスがうまくいかない状況です。冷房病は働く女性、乳幼児、お年寄りに多く見られます。
    出典 :冷房病
  • こんな生活が冷房病を招く

  •  

    暑い夏は、ただでさえ体調をくずしやすい季節です。都市部ではヒートアイランド現象で寝苦しい熱帯夜が増加し、寝不足になる人が増えています。暑さのせいで食欲が落ちることもあるでしょう。その一方で、夏は楽しいイベントがいっぱい。夏バテ気味だというのに、つい夜ふかしをしたり、ビールを飲みすぎたり暴飲暴食したり。そして、休日には寝だめ・・・

  • 不規則な生活や食事は、自律神経に大きな負担をかけ、冷房病をはじめとする自律神経失調症をひき起こすリスクが高くなります。自律神経を整えるには、起床・就寝の時間、食事をとる時間を一定にするなど、できるだけ規則正しい生活を送るようにすることが大切です
    出典 :あなどらないで! 冷房病 - goo ヘルスケア
  • 冷房病の症状

  • 身体の冷え・だるさ・しびれ・むくみ・肩こり・頭痛・神経痛・腹痛・食欲不振・下痢・便秘・月経異常・疲労感・イライラ・鼻炎・頻尿・不眠などが症状です。
    出典 :冷房病
     

    これだけあったら改善しないと体がつらい状態になりそうですね
    快適になるはずがこれじゃ意味がないのです

  • 負けない工夫

  • 1)冷房する場合は外気との温度差を5℃以内にする(可能であれば28℃くらいに設定する)
     2)冷気が直接肌にかからないようにする(オフィスでは机の位置をずらしたり、セーターや上着を着ましょう)
     3)軽く汗をかく運動(ウォーキング)をする
     4)お風呂で体を温める(特に効果的なのは半身浴や足湯)
     5)体を温める食品を食べる
     6)規則正しい食生活をする
     7)禁煙(ニコチンが血管を収縮させるのでタバコをやめる)などです。
    出典 :冷房病
  •  体調が優れず「冷房病かな?」と思ったら、まずは医師の診察を受け、本当に冷房が原因なのか診断してもらったうえで、症状に適した治療を受けるようにしましょう。
    出典 :あなどらないで! 冷房病 - goo ヘルスケア
  • 現代の日本では

  • 現代の私達の生活に冷房はなくてはならない存在になりました。この冷房を

    うまく使いこなすのはあなた自身です。冷房をうまく使いこなし、日差しの強

    い夏を快適に過ごしたいものです。

       
    出典 :健康プラザ
  •  

    快適に過ごす為にも
    いまは 個人 でも知識が必要な時代です
    しっかりと理解する事で
    冷房病や夏を乗り越えていきましょうね