妊娠は夫婦で乗り越えよう!!妊娠中のパパの心得とは??新米パパに役立つまとめ☆☆

妻が妊娠したけれど妊娠中に自分はどうしたら良いの???と悩んでるパパも多いはず!!
そんな人におすすめの役立つ情報をまとめてみました!!
実践して奥さんと赤ちゃんを喜ばせちゃおう!!

view1513

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠が発覚した時、パパがやってくれたら泣くほど嬉しいこととは???

  • 1.空気を読みながらの周囲への報告
    2.出産育児一時金の手続き
    3.産休に関する相談
    4.出産する場所・方法を決める
    5.赤ちゃん用品の準備
    6.予防接種の最低限の知識を入れておく
    出典 :妊娠が発覚した時、パパがやってくれたら泣くほど嬉しい7つのこと【パパでき!】
     

    最低限のことも多いですがパパにして貰うと心強いと感じる妊婦さんも多いようです!!

  • パパにしてほしいこと・してほしくないこと

     

    してほしいことを理解することも大切ですがしてほしくないこともあるのでその理解も大切です!!!

  • ・パパにしてほしいこと
    <行動編>
    *健診に一緒について来てくれる。
    *母親学級(両親学級)に一緒に行ってくれる。
    *重たいものを持ってくれる。
    *赤ちゃんが生まれることについて、関心をもって色々調べてくれる。
    *家事を手伝ってもらえるのは何より嬉しいです。特にお風呂掃除は「すべると危ないから」とやって貰いたいな。
    *早めの帰宅を心掛けてくれたらいいな。
    *常に体調を気遣ってくれると大切にされていると感じます。この人の子供を頑張って産もう!と思えます。
    *腰や肩をマッサージしてくれるパパの話を聞いて、いつも羨ましく思ってました。
    *お腹をなでて赤ちゃんに話しかけたり、動いてるかどうか確かめてくれたりするととっても幸せな気持ちになります。

    <言葉編>

    *「そんなに重いもの持ったらだめだよ」「そんなに動いていたら危ないよ」 ・・言われたいです。
    *初めての出産は不安だらけ。「君なら産める」「君なら大丈夫」の言葉ほど勇気づけられるものはありません。
    *「君なら良い母親になれる」 嬉しい。
    *「俺がついてるから心配するな」「俺がなんとかするから」 気持ちも体も弱ってるときにこの言葉は頼りがいがあります。
    *「赤ちゃんどんな顔してるかな」「男かな、女かな」 赤ちゃんの話を一緒にしてる時は凄く幸せ。
    出典 :妊娠が発覚した時、パパがやってくれたら泣くほど嬉しい7つのこと【パパでき!】
     

    行動だけでなく言葉掛けも大切です!!!

  • ・パパにしてほしくないこと
    <行動編>
    *煙草を同じ部屋で平気で吸う。
    *飲み会に頻繁に行ってしまい帰りが遅い。
    *妊娠中の浮気はホント最悪です。
    *赤ちゃんの性別が分かったとき、もし希望と違ってもガッカリしないで欲しい。

    <言葉編>

    *「太ったね」 太りたくて太っているのではないです。でも「おっぱいでかくなったね」は別に嫌じゃない。
    *「つわりなんて気の持ちよう」 一番ツライです・・。本当につわりは苦しいんです。
    *「つわり、いつ終わるの?」 それはこっちが聞きたいです・・・。
    *「毎日寝てばかりで・・・」 お腹が重く苦しくて動けないんです。
    *「ホントに俺の子供?」 冗談のつもりでも、言われた方は傷つきます。
    *「あいつの奥さんは妊婦でも全部自分でやってる」「あの人は妊婦でも働いてる」 人と比較しないで欲しい。つわりが全く無い人もいたりと体調は人それぞれです。
    *体調が悪くご飯が作れない妻に、「食べて帰るからいらない」 妻の食事の事も気遣ってあげて下さいね。
    *「妊婦は病気じゃないんだから・・・」 分かってます(涙)。でも自分の身体が思い通りにならないって本当に辛いんです。
    *「妊婦なんだから我慢しろ」 もう少しだから、一緒に頑張ろう。と言葉を変えて言って欲しいです。
    *「こっちだって大変なんだから」 分かりますが、絶対言わないで欲しいです。
    出典 :妊娠が発覚した時、パパがやってくれたら泣くほど嬉しい7つのこと【パパでき!】
     

    言って欲しくない言葉が沢山あるようです!!
    パパはしっかりと理解しておくように心掛けましょう!!

  • ママが妊娠中にパパにも変化があることがあります!!

  • 妊娠ブルー

     

    あまり知られてませんが妊娠ブルー(マタニティーブルー)がパパにも現れるのです。自分ではわけもわからず、くよくよしたり、イライラしたり、無気力になったりします。パパになることへの不安が1番の原因です。

  • 一家の大黒柱になることに不安を覚えたり、あるいは「本当にこの人生でいいのだろうか?」などと、今さらながら思いつめたりします。「妊娠」という将来に価値を見出すことが大切で、「道は自分で切り開いていく」という自信が必要になります。
    出典 :妊娠中のパパの変化
     

    誰かに相談してみるのもおすすめです!!

  • パパに知ってもらいたい妊娠初期の変化とは???

  • においに敏感になる

     

    妊娠初期は、においに敏感になります。普段は食欲をそそる、ご飯の炊けた時のにおいも受け付けなくなります。ご飯の炊けるにおいで気持ち悪くなって、妊娠を疑う人もいるほどです。

  • 気持ち悪くて何もできない
    妊娠初期のつわり症状で気持ち悪さは、病気の症状のように薬や休息で治るものではありません。つわり症状が治まるまで毎日続きます。

    風邪症状のように気持ち悪さ、倦怠感、疲労感が続く妊婦さんも多く、妊娠に気がつくまでは風邪症状と勘違いするケースもあります。くしゃみや咳がないのに気持ち悪さや倦怠感が治まらない時は、つわりを疑います。

    妊娠初期のつわり症状が強い時は、起き上がったり走ることもできないことがあります。それでも薬による完治ができないので、体を休めながら付き合っていくしかない症状です。
    出典 :パパに教えたい妊娠初期の変化
     

    1番辛いときなのでパパの優しいサポートが大切です!!

  • 強い眠気がある

     

    妊娠初期は非常に強い眠気を訴える妊婦さんが多く、短時間でも深い眠りに落ちてしまうことも珍しくありません。

    強い眠気は午前中に強い人もいれば、昼食後の決まった時間に寝てしまう妊婦さんもいて、生活リズムや体調によって時間もバラバラです。

  • イライラする

     

    妊娠初期は、体の変化やつわり、出産への不安で情緒不安定になりがちです。まだお腹も膨らんでいないので、何も変わっていないように見えますが、妊娠初期のママの体はホルモン変化で困惑しています。

  • 立会い出産で悩んでるパパも多いようです!!

  • 立会い出産をする夫婦が増えてきています!!

     

    パパが出産の瞬間に立会うのはとても勇気がいることです。いつも出産を見慣れた助産師や医師ですらそのときは緊張してしまうそうです。そして立会い出産は今後の夫婦の生活にも大きな影響を与えるでしょう

  • 立会い出産をしようかしまいか迷ってるパパとママも多いでしょう。病院で可能であればお産当日まで迷っていても、かまわないと思います。大事なのは立会い出産をしなかったからと言って赤ちゃんにとって悪いパパということはありません。子どもに対して愛情が少なくなることもないでしょう。
    出典 :パパのつわりと立会い出産
     

    無理をせずに立会い出産をするか検討してみるのがおすすめです!!