それって効果的!?それとも注意するべき!?花粉症の予防注射。

花粉症の方にとってはイライラ辛い時期が毎年やってきます。注射で防げるって知ってましたか?
ただその注射、効果的か否か波紋を呼んでおります。予防注射の色々まとめてみました。

view1123

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 花粉症のメカニズム

  • 季節性アレルギー性鼻炎」もしくは「季節性アレルギー性結膜炎」とも呼ばれ、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因(アレルゲン)となって、鼻みず・くしゃみ・鼻づまり、 目の充血やかゆみ、流涙などの諸症状を惹き起こす、アレルギー性の病気です。

    花粉症は、アトピー性皮膚炎、気管支喘息などとセットでかかってしまう人が少なくありません。人によっては、一度にかからなくとも、時期をずらしながら、花粉症だったり、アトピーだったりさまざまな諸症状が現れることもあります
    出典 :花粉症のメカニズムと、花粉症の根本原因
     

    花粉症のメカニズムや原因は実は花粉の問題だけではなかった。

  • 発症してないからって安心しないで!実は予備軍かも

  • 花粉症を発症させる2つの段階。花粉のアレルゲン(抗原)が鼻や目の粘膜に侵入して、IgE抗体がつくられる「感作」と、そのアレルゲンが再侵入してIgE抗体と結びつき、アレルギー症状が現れる「発症」があります。
    出典 :花粉症のメカニズム|花粉症コラム|花粉症のここカラダ
  • 「感作」が成立し、「発症」するまでの流れ

  • 体内でこんな事が巻き起こってるんですね

  • アレルゲンが侵入

    花粉からアレルゲン(抗原)が溶け出して、鼻や目の粘膜に侵入します。



    IgE抗体産生

    体は侵入したアレルゲンを異物と認識して、アレルゲンを排除するために対抗する物質(IgE抗体)をつくります。



    IgE抗体が肥満細胞に付着(感作)

    IgE抗体がヒスタミンなどの化学伝達物質を含んだ肥満細胞に付着して、新たにアレルゲンが侵入したときにアレルギー反応を起こす準備をします。
    血液検査や皮膚試験で、どのような花粉に対してアレルギー反応が起きる準備状態になっているかを調べることができます。



    抗原抗体反応

    鼻や目の粘膜から再び侵入したアレルゲンが、肥満細胞に付着したIgE抗体と結びついて、新たな「抗原抗体反応」が起きます。



    化学伝達物質の放出

    肥満細胞が活性化されて、ヒスタミンやロイコトリエンなどの化学伝達物質(ケミカルメディエーター)を放出します。



    アレルギー症状の発症

    化学伝達物質(ヒスタミン、ロイコトリエン)が神経や血管などを刺激して、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状を引き起こします。
    • ヒスタミン→神経を刺激→くしゃみ、鼻水
    • ロイコトリエンなど→血管を刺激→鼻づまり

    出典 :花粉症のメカニズム|花粉症コラム|花粉症のここカラダ
  • IgE抗体とは?

  • IgE抗体

  • 主な花粉症の治療

  • 抗ヒスタミン剤によるもの

  • 原因となる花粉に対してアレルギー反応がおこったとき、体内のある種の細胞からヒスタミンなどの化学物質がでてきます。この化学物質の作用で花粉症のさまざまな症状がおこります。抗ヒスタミン剤はこのヒスタミンの働きを抑えることで、症状をとりのぞきます。服用後20~30分で効果がでて、くしゃみ、鼻水、かゆみを抑えてくれます。

    抗ヒスタミン剤の欠点は副作用として眠気、口渇がおこることですが、最近では、眠気の少ない薬剤が開発されています。車の運転をする人は注意が必要です。また、緑内障や前立腺肥大のある人では、抗ヒスタミン剤がつかえない場合もあります。
    出典 :花粉症の予防と治療
  • 抗アレルギー剤によるもの

  • 最近では、症状がでる前から薬を服用し、花粉症の症状がでないようにする予防的治療が主流になってきています。この予防的治療につかわれるのが抗アレルギー剤です。抗アレルギー剤はヒスタミンがでてくるのを抑えたり、ヒスタミンの働きを抑えこんだりして、アレルギーの症状を抑えてくれます。

    抗アレルギー剤は、服用してから効果が現れるまでに1~2週間かかります。そのため、症状を予防するためには、花粉が飛散を始める2週間ほど前から服用を始め、シーズン中ずっと服用をつづけます
    出典 :花粉症の予防と治療
  • オーソドックスな点鼻薬

  • 抗ヒスタミン剤とステロイド剤(副腎皮質ホルモン)があります。
     ステロイド剤には、粘膜の炎症をおさえる強い作用があり、花粉症のつらい症状をおさえてくれます。鼻の粘膜だけをねらってつかう局所投与ですので、ステロイドによる副作用はほとんどありません。



    出典 :花粉症の予防と治療
  • 予防注射のアレコレ

  • 予防できるものなら予防したい。
    効果的か避けるべきか、花粉症の予防注射。

  • 毎年やってくるつら~いアレ

     

    イライラしますよね。花粉症。

    花粉症の予防注射があるのですが…。

  • ノイロトロピン注射

     

    アレルギー性鼻炎に対して健康保険適用注射薬。
    花粉症に対して用いることが可能。
    ノイロトロピン注射はワクシニアウィルスを家兎(ウサギ)の皮膚に注射し、 炎症を生じた皮膚組織から活性物質を抽出したものです。

    ノイロトロピンの作用機序は不明ですが、鎮痛薬として外科、整形外科の病院で活用
    されています。皮膚科では、蕁麻疹、湿疹など皮膚疾患に伴う掻痒感の対策として
    用いられ、健康保険の適用があります。

    ノイロトロピン注射は、花粉症による鼻水、鼻づまり、目の痒みに対して効果があり、
    皮膚の掻痒感を抑える作用もあります。花粉症対策の飲み薬との併用も可能なので、
    アレルギー性鼻炎に対して健康保険適用の注射薬です。花粉症に対して用いることが
    可能です。ノイロトロピン注射はワクシニアウィルスを家兎(ウサギ)の皮膚に注射し、
    炎症を生じた皮膚組織から活性物質を抽出したものです。

    ノイロトロピンの作用機序は不明ですが、鎮痛薬として外科、整形外科の病院で活用
    されています。皮膚科では、蕁麻疹、湿疹など皮膚疾患に伴う掻痒感の対策として
    用いられ、健康保険の適用があります。

    ノイロトロピン注射は、花粉症による鼻水、鼻づまり、目の痒みに対して効果があり、
    皮膚の掻痒感を抑える作用もあります。花粉症対策の飲み薬との併用も可能なので、便利です。副作用が殆どないことも利点である。

  • ステロイド注射

     

    副腎皮質ステロイドには免疫抑制作用があり、花粉に対するアレルギー反応を抑えるために使用している病院も多い。
    しかし、ステロイド注射による全身投与は副作用の危険が高いので、あまりお薦めできません

  • ヒスタグロビン注射

     

    ヒトから採取した免疫グロブリンに塩酸ヒスタミンを加えた製剤です。繰り返し ヒスタグロビンを注射することで、ヒスタミン抗体を産生させます。その結果、
    アレルギー反応でヒスタミンが放出されても耐性ができて、反応が抑えられます。

    効果の発現が緩徐なので、花粉症の症状が出始める前に接種する必要があります。 副作用として、喘息発作、鼻症状の一時的悪化、眠気、頭痛、注射部痛が報告
    されている。

  • その他の注射

     

    力ネオミノファーゲンCは、抗炎症作用があり、湿疹、皮膚炎、じんましん等に用いられます。スギ花粉による皮膚アレルギー、皮膚の掻痒感が生じる方がいますが、
    その場合、内服薬に加えて補助的に使うことがあります。

    プラセンタ注射は、美白、美肌、シミ・シワ対策およびアンチエイジング効果、 更年期対策に用いられます。プラセンタには抗炎症作用と免疫力を高める
    作用があるので、アトピー、アレルギー症状、花粉症にも活用。

  • 参考までに

  • 花粉症の予防策として

  • 日常生活における工夫

     

    1. 花粉の飛散の多い日は外出を避ける
    2. 花粉がつきにくい服装:すべすべ素材のコート、スカーフ、帽子など
    3. マスクと眼鏡で花粉を防ぐ
    4. 外から花粉をもちこまない:手や顔を洗う、うがい、鼻を洗う、衣類や帽子についた花粉をはらう、ふとんや洗濯物についた花粉をはらう
    5. 室内の花粉をへらす:花粉の多い日は窓を開けない、空気清浄器を利用する
    6. アルコールは避ける
    7. ストレスや不規則な生活を避ける