子供も大好きカレー!【カレーダイエット】これなら家族も喜ぶ!?

子供も大好きなカレーがダイエットになるのです
その効果はどのようなものか
まとめてみました
リバウンドもしにくいようです

view194

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • カレーダイエットって?

  • カレーを少なめのご飯で2~3日おきに1日1皿食べるだけ。リバウンドしにくい身体になる理想のダイエットです。

    カレーに含まれるスパイス、米、肉や野菜などの具材はダイエットに役立つものばかり。煮込んだ野菜はカサが減るので1皿でもたくさんの野菜を摂れる事ができますし、スープに溶け出したビタミンCも無駄なく摂れます。
    出典 :カレーダイエットの方法、効果、口コミの紹介:@niftyダイエット
     

    とっても簡単・・・!

  • カレーダイエットは、
    •カンタン
    •続けやすい
    •効果抜群
    の3拍子そろったダイエットです。
    出典 :カレーダイエットの効果を最大限にする方法! | 脂肪を落とす!お腹まわりダイエット
     

    嬉しいですよね

  • そのルールというのが、カレーを食べるのは“朝食”の時だということ。量は1人前に限り、目安となる量は200gとなります。また、昼食・夕食は何を食べても構わないのですが、必ず“腹八分目”までの量に抑えること。飲酒も可能ということなのですが、ビールにしてグラス1~2杯程度でこちらも腹八分目の中に収めるということ。これがカレーダイエットの基本となります。
    出典 :スパイス効果だカレーダイエット | 美容って何だろう
  • そのルールというのが、カレーを食べるのは“朝食”の時だということ。量は1人前に限り、目安となる量は200gとなります。また、昼食・夕食は何を食べても構わないのですが、必ず“腹八分目”までの量に抑えること。飲酒も可能ということなのですが、ビールにしてグラス1~2杯程度でこちらも腹八分目の中に収めるということ。これがカレーダイエットの基本となります。
    出典 :スパイス効果だカレーダイエット | 美容って何だろう
  • 何故効果が出るのかはここにあった!

  • カレーがダイエットに効く理由は主にスパイスにあります。トウガラシ、ショウガ、ニンニク、ターメリックには脂肪分解作用があり、ガラムマサラは血行を促進し新陳代謝を活発にする働きがあります。クミンやナツメグは便秘を解消してくれます。これらのスパイスで自律神経が刺激され、食欲のコントロールができるようにもなり、新陳代謝が上がり痩せやすい体質になります。
    出典 :カレーダイエットの方法、効果、口コミの紹介:@niftyダイエット
     

    スパイスの力恐るべし・・・

  • http://www.care-beauty.net/health/93(一部引用)

     

    「トウガラシ」や「ターメリック」には脂肪を分解し、燃焼を促進する効果があります。「ガラムマサラ」と呼ばれるスパイスがありますが、これには血行を良くする効果があると言われているので新陳代謝を高めるのに有効です。他にも「オールスパイス」、「カルダモン」、「クローブ」といったカレーでよく使用されるスパイスは、交感神経を刺激し代謝を高めるのに効果的な食材たちなのです。

  • 目的を知ろう

  • ・体の代謝を活性化させる
    1日のカロリー摂取量のうち、1日のエネルギー消費量を超えたエネルギーは脂肪に変換され、エネルギーが必要な時のために体内に貯蔵されます。体の代謝を活性化させると1日のエネルギー消費量が増えるため、脂肪に変換されるエネルギーが減り、太りにくい体になります。
    出典 :カレーダイエット
     

    代謝は大切ですね


  • ・便通を良くする
    腸内に便が溜まっていると、体の代謝を低下させたり体の循環を悪くするために、痩せにくい体になってしまうといわれています。便通を良くすることで体の代謝や循環が上がり、痩せやすい体にします。
    出典 :カレーダイエット
     

    便秘の解消はありがたくないですか?

  • ・カロリー摂取量を抑える
    1日のカロリー摂取量を1日のエネルギー消費量に合わせることで、健康的なダイエットを行うことができます。急激にカロリー摂取量を減らすよりも、長い時間をかけてゆっくりとカロリー摂取量を減らすと、リバウンドや健康障害を起こさず健康的に痩せることができます。
    出典 :カレーダイエット
     

    リバウンドなしはありがたい

  • 食べるなら朝!

  • 夜ではなくなぜ朝なのかといいますと「スパイスの効能により新陳代謝や血流がよくなるとともに、体が温まって、今日も一日がんばろうという活力がわいてくる」からです。
    出典 :ピンポイントフォーラム
     

    朝から大丈夫かな。。。

  • 手順できるだけ自分でカレーを作るようにしましょう。野菜やきのこをたっぷり入れて具だくさんにします。牛肉よりシーフードやチキンを選んだ方が低カロリーです。カレールウを減らして、砕いたトマトやココナッツミルクを入れてもカロリーが抑えられます。

    ご飯の量は少なめにしますが、ご飯抜きは止めましょう。ご飯は腹持ちが良いので満腹感が続き、間食防止になります。レトルトカレーを食べる場合は、ちょっとアレンジすると美味しさもダイエット効果もアップ。
    出典 :カレーダイエットの方法、効果、口コミの紹介:@niftyダイエット
     

    楽しんで行えそう

  • ・カレー粉で作る簡単自分カレーの作り方

     

    1.具材をいためる。

    2.小麦粉とカレー粉、スパイスを振りいれ、焦げ付かないように炒め合わせる。

    3.粉っぽさがなくなったら、お水を入れて煮込む。
    という手順ですので、

    途中に「小麦粉とカレー粉、スパイスを入れる」手間が入るだけです。