認知度十分のBBクリームだけど、既に主流は次世代のCCクリーム。

韓国コスメですっかり日本でも定着しているBBクリームですが、美容大国韓国でBBクリームはもう古い?今の主流はCCクリームなんだとか。

view624

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • BBクリームって?

     

    BBクリームはBlemish(傷)Balm(香油)の頭文字を取ったもので、もともとは美容医療後の肌の炎症を抑えて再生させるために作られたもの。

    出典:http://www.seoulnavi.com/special/5046934

  • ファンデーションの役目だけでなく、紫外線防止効果はもちろん美白効果やアンチエイジング効果までさまざまな効果のあるマルチコスメ。
    出典 :韓国コスメ使い比べ・第29弾~CCクリーム編! | ソウルナビ
  • 200円で売ってたBBクリームが普通にいい感じなんやけど( 'ω' 三 'ω' )笑
  • お値段も手ごろでカバー力があり、とっても重宝するコスメがBBクリーム。私もBBクリーム使って5年くらいになるなぁ~。久しぶりにファンデ塗ったら、なんだか苦しかったわ。もうファンデつけられん。

  • BBの次はCC!

  • 色が変化する不思議なクリームで潤い肌をキープ!

     

    出典:http://googirl.jp/biyou/1307bb_cc639/

  • 「CCクリーム」って何?

  • 「CCクリーム」はBBクリームと違って、特にこれといった決まった定義のないものなんです。
    出典 :今、話題の「CCクリーム」とは? | ハウコレ
     

    なんですって?!

  • CCクリームの「CC」とは「コントロールカラー」や「カラーコンディション」など、メーカーによってその意味は様々。
    出典 :http://howcollect.jp/article/4377
  • 「CC」の意味ですが、クリニークによると、CCクリームの「CC」は「Colour(色) Correction(補正・調整)」の略だそうで、他にもカラーチェンジ、コンプリート・コレクション、コレクト&ケアなどメーカーによって異なるそう。

  • CCクリームはカバー力はやや控えめのものが多い

     

    出典:http://city.living.jp/tokyo/newscolumn/news_beauty/95380

    塗った直後はびっくりするくらい白いですが、しばらくすると肌になじみます。

  • 効果や使い方もメーカーによってさまざまで、化粧下地として使うものや、BBクリームやファンデーションのように使えるものまであります。
    出典 :韓国コスメ使い比べ・第29弾~CCクリーム編! | ソウルナビ
  • 「CCクリーム」の魅力って?

  • CCクリームの魅力は、お肌の色ムラなどを整えてくれてスキンケア効果が高いというところです。BBクリームはしっかりとしたカバー力とスキンケア効果を兼ね揃えたコスメですが、CCクリームはカバー力というよりも、お肌本来の持つ美しさを活かせるように、お肌の色ムラを整え、高い保湿効果でお肌をみずみずしく、自然にキレイに魅せてくれるコスメです。
    出典 :今、話題の「CCクリーム」とは? | ハウコレ
  • カバー力が強くないため、下地としても使用することが出来、ナチュラルな仕上がりが好みの方にもピッタリなコスメです。
    出典 :今、話題の「CCクリーム」とは? | ハウコレ
  • CCクリームの使い方

  • 1.スキンケア→CCクリーム→ファンデーション

     

    肌にやさしい化粧下地として使えば、いつものファンデーションがよりキレイに仕上がります。エアコンの効いた室内でも乾燥しにくいので、きちんと感を演出しつつ1日中うるうる肌で過ごせるのがうれしい!

    出典:http://city.living.jp/tokyo/newscolumn/news_beauty/95380

  • 2.スキンケア→CCクリーム→パウダー

     

    ナチュラルメイク派はこれだけでお出かけOK。パウダーをはたくことでよりサラサラ感がアップし、汗をかいても崩れにくくなります。ニキビ跡などが気になるなら、コンシーラーやBBクリームをポイント使いしてもいいかもしれません。

    出典:http://city.living.jp/tokyo/newscolumn/news_beauty/95380

  • 3.CCクリームのみ

     

    アウトドアシーンなど、こまめに日焼け止めを塗り直したい場合は単品使いで。また、家にいる日や温泉巡りなど、「メイクはしたくないけどスッピンはちょっと」という時にも活躍してくれそうです。強い日焼け止めを塗りたくないデコルテや首などに、日焼け止め代わりとして使ってもいいかもしれません。

    出典:http://city.living.jp/tokyo/newscolumn/news_beauty/95380

  • メーカーによって下地メインのCCクリームやカバー力のあるCCクリームもあるみたいで、自分に合ったモノがみつかるとメイクがもっと楽になりますね。