大丈夫?妊娠中期のお腹の痛み

安定期に入っても、あれは大丈夫?これは大丈夫?と、気持ちは不安定…
そんな悩みが少しでも解決できるように…
今回は妊娠中期のお腹の痛み編!

view3045

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中期とは?

  • 妊娠中期とは、妊娠5ヶ月(16w0d)から7ヶ月(27w6d)のこと。それまであったつわりもおさまり、子宮の中では胎盤が完成し、流産の心配もぐんと減ります。妊娠期の中で、一番心身ともに安定する時期のため、安定期などともいわれます。

    妊娠5ヶ月ことになると、子宮は大人の頭くらいの大きさになり、それに伴い、おなかも大きくなってきます。乳腺も発達し、乳房が少しずつふくらんで、だんだん妊婦らしい体型になります。妊娠5~6ヶ月頃から、胎動(おなかの中で胎児が身体を動かすこと)を感じるようになります。胎児の聴覚機能もほぼ完成し、外界の音に反応するようになります。
    出典 :妊娠中期 赤すぐ|妊娠中期についての説明や妊婦さんの体験談
  • 腹痛の原因は?

  •  

    妊娠中期のお腹の痛みは、子宮が大きくなっていく時の痛みなど、心配のいらないものもありますが、できるだけ早く受診した方がいいものもあります。
    症状に合わせて見ていきましょう。

  • ①出血を伴うもの

  • 常位胎盤早期剥離:
     お腹が強く張り、出血も多いのが典型的な場合です。中には外に出血があまり出ないタイプや腹痛が軽くても出血が多い時などもあります。この病気が疑われたら一刻も早い対処が必要です。救急車を呼ぶべき状態です。
      常位胎盤早期剥離というのは胎盤が妊娠中突然はがれてしまう病気です。胎盤がはがれることで胎児に血液が行きづらくなり、胎児は低酸素状態になってしまいます。はがれた胎盤からいろいろな物質が母体の体に流れ込み、血が止まりづらく緊急を要する状態(DIC)になることもあります。
    出典 :女性の病気を調べるための情報サイト:女性の健康.NET-妊娠中のお腹の痛み1
     

    普段の健診から、胎盤の位置や状態も聞いておくといいですね。

  • 切迫早産:
     子宮の収縮が頻回だったり、子宮の出口(子宮頚管)が開いてきたり短くなったりして早産の危険が高くなった状態です。子宮頚管が開いたりすることで出血が生じることがあります。原因として子宮頚管にばい菌が感染していたり、胎児を包んでいる羊膜の一部が破れて羊水が漏れ出していたり(破水)、いうこともあり入院管理を必要とすることがあります。
      しかし、子宮の張りだけで、早産とならずに経過することも少なくありません。
      原因によって対処法は違いますが、子宮の張りだけなら、張り止め(ウテメリンなど)で様子をみることが多いです。
    出典 :女性の病気を調べるための情報サイト:女性の健康.NET-妊娠中のお腹の痛み1
     

    健診の際に、子宮頸管の長さを測るので、短めの人は、普段からお腹の張りなど気を付けておく方が良いですね。

  • 出血を伴う場合は、病院へ電話し、できるだけ早く受診しましょう!

  • 出血を伴わないもの

  • 子宮円索の牽引痛:
     子宮を支えている組織のひとつに子宮円索があります。子宮円索は子宮の横から両方の足の付け根方向に向かって伸びています。子宮が大きくなると子宮円索が引っ張られて突っ張るような痛みを感じることがあります。妊娠している子宮は、左右のどちらかに傾いたり、少しねじれたりしていますので、通常は片側だけ(左に多い)痛いことが多いです。
      痛い側を下にして足をまげて横になると、痛みはかなり楽になります。それでも痛い時は他に痛みの原因がある可能性があります。子宮円索の牽引痛が痛み以外に胎児や母体に悪影響を及ぼすことはほとんどありません。
    出典 :女性の病気を調べるための情報サイト:女性の健康.NET-妊娠中のお腹の痛み1
     

    お腹が大きくなっていく喜びにつきものですね。うれしい痛みと思ったら我慢できちゃいますね!

  • 切迫早産:
      子宮の収縮が頻回だったり、子宮の出口(子宮頚管)が開いてきたり短くなったりして早産の危険が高くなった状態です。原因として子宮頚管にばい菌が感染していたり、胎児を包んでいる羊膜の一部が破れて羊水が漏れ出していたり(破水)、いうこともあり入院管理を必要とすることがあります。
     出血がなく、子宮頚管や子宮内にバイ菌の感染がなく、破水がなく、そしてお産が進行しているような状況がなく、胎児が元気なら、多くは早産にならないで済みます(それでも中には早産となることもあります)。子宮の張りの多くはBraxton Hicks収縮という妊娠中に子宮の一部が不規則に収縮するもので、通常の妊娠中にみられ異常ではありません。
      治療は 状況によって張り止め(ウテメリンなど)の内服だけで様子をみる場合から、入院して複数の点滴治療が必要な場合まであります。Braxton Hicks収縮であれば安静だけで軽快することがほとんどです。
    出典 :女性の病気を調べるための情報サイト:女性の健康.NET-妊娠中のお腹の痛み1
     

    出血がなければ急を要することはなさそうですが、検診の際にはきちんと相談をしましょう。

  • 子宮筋腫:
     子宮筋腫があると、その部分が痛みの原因になることがあります。通常は痛み止めなどで様子をみますが、入院が必要になったり、手術を必要としたりすることもあります
    出典 :女性の病気を調べるための情報サイト:女性の健康.NET-妊娠中のお腹の痛み1
  • 虫垂炎:
     妊娠中も妊娠していない時と同じ確率で虫垂炎になります。典型的な症状としては、最初上腹部が痛くなったり、吐き気、下痢などが生じ、徐々に痛みが右の下腹部になります。
      妊娠していない時の虫垂炎の治療は手術の他に抗生剤の投与などだけで手術をしない方法を選択することがあります。しかし、妊娠中はほとんどが手術を必要とします。妊娠中は虫垂炎が重症化してしまう危険性が高く、重症化すると胎児や母体へも影響してしまうためです。
    出典 :女性の病気を調べるための情報サイト:女性の健康.NET-妊娠中のお腹の痛み1
  • 便秘

     

    妊娠中に増加する黄体ホルモン(プロゲステロン)によって腸の動きが鈍くなり、お腹が大きくなると腸が圧迫されて便の通りが悪くなります。また腸の中に便が長くとどまると、妊娠中は水分が多く必要なので、便からどんどん水分が吸収され便が固くなり、さらに便秘がひどくなります。
      また妊娠中は痔になりやすく、痔の痛みのため便に行きたくなくなり、結果として便が固くなりさらに便秘がひどくなることもあります。
     便秘により腹痛を感じることは少なくありません。

  • その他:
     他に腸閉塞や尿管結石、胆嚢炎など腹痛をおこす病気はたくさんあります。
    出典 :女性の病気を調べるための情報サイト:女性の健康.NET-妊娠中のお腹の痛み1
  • 心配な時は、病院へ電話し症状を説明して、受診の必要があるか確認するといいですね。