大丈夫?妊娠中期のお腹の痛み

view3061

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 安定期に入っても、あれは大丈夫?これは大丈夫?と、気持ちは不安定…
    そんな悩みが少しでも解決できるように…
    今回は妊娠中期のお腹の痛み編!

  • 妊娠中期とは?

  •  
  • 腹痛の原因は?

  •  
     

    妊娠中期のお腹の痛みは、子宮が大きくなっていく時の痛みなど、心配のいらないものもありますが、できるだけ早く受診した方がいいものもあります。
    症状に合わせて見ていきましょう。

  • ①出血を伴うもの

  •  
     

    普段の健診から、胎盤の位置や状態も聞いておくといいですね。

  •  
     

    健診の際に、子宮頸管の長さを測るので、短めの人は、普段からお腹の張りなど気を付けておく方が良いですね。

  • 出血を伴う場合は、病院へ電話し、できるだけ早く受診しましょう!

  • 出血を伴わないもの

  •  
     

    お腹が大きくなっていく喜びにつきものですね。うれしい痛みと思ったら我慢できちゃいますね!

  •  
     

    出血がなければ急を要することはなさそうですが、検診の際にはきちんと相談をしましょう。

  •  
  •  
  • 便秘

     
     

    妊娠中に増加する黄体ホルモン(プロゲステロン)によって腸の動きが鈍くなり、お腹が大きくなると腸が圧迫されて便の通りが悪くなります。また腸の中に便が長くとどまると、妊娠中は水分が多く必要なので、便からどんどん水分が吸収され便が固くなり、さらに便秘がひどくなります。
      また妊娠中は痔になりやすく、痔の痛みのため便に行きたくなくなり、結果として便が固くなりさらに便秘がひどくなることもあります。
     便秘により腹痛を感じることは少なくありません。

  •  
  • 心配な時は、病院へ電話し症状を説明して、受診の必要があるか確認するといいですね。