妊娠中の歯医者は大丈夫かな?不安解消のまとめ

妊娠中は色々と神経質になりますよね。
食事でもそうですし、薬も制限されたり。そして歯の治療。後々大変になる前に、妊娠の前に定期的に歯の検診ができればいいのですが、なかなかそうもできなかったり。
そんな不安解消のために妊娠中の歯医者についてまとめてみましたよ。

  • honey 更新日:2013/12/25

view316

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 妊娠中は、カルシウム不足、歯の酸性化が進むため 虫歯の進行が早くなります
    出典 :妊娠中 歯の治療
  • 妊娠中は免疫力の低下が起こりがちです。そのため、口腔内の細菌に対しても抵抗する力が弱くなってしまいます。
    出典 :妊娠中に歯が痛くなったら~マタニティ歯科~|歯科 船橋|土日祝も診療のあおぞら歯科クリニック新館
  • なぜ妊娠中や産後に歯が悪くなりやすいのか。それは、妊娠中は口の中が酸性に傾いて、虫歯が進行しやすい状態になるうえ、つわりや子育てで、どうしてもデンタルケアがおろそかになりがちだから
    出典 :歯のメンテナンス:これから妊娠-babycom-
  • 妊娠中は虫歯になりやすい

     

    カルシウム不足は赤ちゃんにカルシウムをとられているとの話がありますが、そんなことはないようです。
    ホルモンの乱れなど、つわりの影響で口の中に歯ブラシが入れれなくなったりするのですね。

  • 歯医者に行ってもいいの?

  • 妊娠中期、後期のつわり の治まった時期に、歯医者に行くようにしましょう。
    出典 :妊娠中 歯の治療
  • 母子手帳や副読本などにも記載されているよう、妊娠中に歯の治療を終えていた方が良い。

    出産してからは歯医者に通うことが難しいため。
    出典 :妊娠中 歯の治療
  •  

    自分が思っている以上に育児というものは時間がなくなるのです。

  • 妊娠中だから心配なこともありますよね

  • 妊娠中の歯の治療で、麻酔をする場合。麻酔は、赤ちゃんに影響がないか心配ですね。
    歯科医によると、麻酔は胎児に影響があるほど濃度が高いものは一般には使用されていないそうですので、妊娠のどの時期でも 麻酔による影響はないに等しいそうです。

    出典 :妊娠中 歯の治療
     

    麻酔をする治療となると痛み止めや化膿止めなどの薬を飲むこともありますよね。
    薬は、妊娠中期以降なら大丈夫な薬や、妊娠中は処方しない薬などありますので できるだけ、妊娠中期以降に歯医者に行った方が良いでしょう。

  • 親知らず や虫歯で 痛みがひどい場合は、痛みどめを飲み続けることのできない 妊娠中は、抜歯することもあります。

    抜歯後に処方される薬は、妊娠中でも飲める 薬が処方されたり、場合によっては、治療は歯医者で、薬の処方は産婦人科という場合もあります。
    出典 :妊娠中 歯の治療
  • 妊娠中の歯医者でのレントゲン

    妊娠初期のレントゲンの影響でも、記載していますが、歯医者でのレントゲンは 全くと言っていいほど放射線量は微量です。妊娠中毎日毎日、レントゲンを撮り続けているなら、被曝している可能性はないとは言えませんが、歯医者でのレントゲンは胎児に影響はありません
    出典 :妊娠中 歯の治療
  •  

    妊婦であっても一回程度のレントゲンは気にしなくてよいとよくいわれますね。

  • おなかが大きくなると、治療のときのあおむけ姿勢が苦しいという人もいるでしょう。
    つわりの時期に、治療途中で気持ちが悪くなってしまった場合などは、少しずつ休憩しながら治療することもあります。なるべく妊婦さんの体調に合わせた治療をしますので、遠慮せずに伝えましょう。
    出典 :妊娠中の歯科治療はこうしましょう - gooベビー
  • お手洗いも遠慮なく

     

    妊娠するとトイレも近くなることもあるので、治療中にお手洗いに行きたくなったら遠慮なく休憩させてもらいましょう。

    普段から虫歯の検診を受けて、歯医者へ行かないことが一番効率がよいので、普段から歯のケアを大切にしていきたいですね。