不安障害の克服するためには

不安障害の克服はとても大変なことです。
そこで不安障害にお悩みの方のお力になるため、
克服するにはどうしたらいいかまとめてみました。

view383

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不安障害とは

  • 不安障害は、患者数の多い脳疾患であり、
    しばしば重大な問題や障害を引き起こし、生活の質(QOL)を低下させます。

    不安は、ストレス、心配、恐れに対する正常な反応ですが、
    その程度が非常に強い場合や、長引く、あるいは状況にそぐわない極端な不安は不安障害と呼ばれます。

    不安障害にはいくつか種類があります(例、全般性不安障害、社会不安障害、パニック障害、強迫性障害等)。
    不安障害は、気分、考え、行動に影響を及ぼし、
    自宅、職場、学校、社会活動において日常生活を送ることが困難となる場合があります。

    不安障害の原因は不明ですが、
    さまざまな不安障害において脳機能変化が関与することが示されています。
    また、社会的状況やストレスは不安障害の発症リスクの一因であると考えられています。
    出典 :気分障害・不安障害
  • 不安障害のタイプ

     

    不安障害にはさまざまな種類があると
    お話しましたが、それぞれ症状などが異なります。

    恐怖症とは異なり、
    特定の状況に限定されないで、不安が出現する症状です。
    主なものに、パニック障害と全般性不安障害の2つがあります。

  • 全般性不安障害
    例えば「何かの病気になるのではないか」「家族が病気になるのでは」など、
    様々なことが心配になって落ち着かず、常に緊張してリラックスできない上、
    震え、筋肉の緊張、発汗、めまい、頭のふらつきなど多彩な身体症状を伴います。
    出典 :神経症(不安障害)と森田療法~公益財団法人メンタルヘルス岡本記念財団
  • 社会不安障害(恐怖症)

    いわゆる恐怖症(社会不安障害)と呼ばれる神経症です。
    大勢の前で話をしたり、初対面の人と合うと緊張したり、恥ずかしいと思ったりするのは日常的に誰もが経験する事です。
    しかしこのような状況や行為から生じる不安や緊張、
    身体の症状が、日常の会話や発言にまで支障をきたすほど著しくなり、
    そのような社会状況や行為を避けたくなってしまい、結果、学校や会社に行けない等、社会生活に支障が出てしまう状態です。
    症状としては、いわゆる「対人恐怖」「赤面恐怖」「外出恐怖」等々、
    不安や緊張、身体的症状から人や社会から接触を避けるような状態が多いようです。
    社会不安障害には、大きく2つの種類があります。


    広場恐怖
    普通は危険ではないが、特定の状況や対象によって強い不安が引き起こされる病態です。
    例えば、広場のような人が多くいる空間、街中の雑踏、電車やバス等の乗り物など、種々の空間に対する恐怖症です。

    社会恐怖(対人恐怖)
    対人恐怖とも呼ばれ、人前で発言したり、字を書くときに手が震える等、
    他人から注目され、批判されたり恥ずかしい思いをするのではないか、というような恐れがその中心にあります。
    社会恐怖は、その病状から赤面恐怖、表情恐怖、視線恐怖など種々の状態により恐怖する内容が異なるようです。
    また蛇やクモ、地震や雷、暗闇、閉所、血液、怪我の目撃など特定の対象に対する恐怖もあります。
    出典 :神経症(不安障害)と森田療法~公益財団法人メンタルヘルス岡本記念財団
  • パニック障害

    パニック障害は、パニック発作の反復を特徴とします。
    パニック発作は不安発作とも呼ばれ、「このまま死んでしまうのでは」
    「気を失って倒れてしまうのではないか」など強い不安や恐怖と共に、
    動悸、頻脈、胸痛、吐き気、発汗、めまい、呼吸難感など種々の自律神経症状が突然出現し、
    その状態が数分~数十分持続するものです。
    患者はしばしば病院に駆け込むのですが、たいていの場合、着いた頃には症状はひとりでに消失します。
    出典 :神経症(不安障害)と森田療法~公益財団法人メンタルヘルス岡本記念財団
  • 強迫性障害(強迫神経症)

    反復する強迫観念や強迫行為を主な症状とし、昔からある神経症の代表的な類型のひとつです。
    強迫観念とは、心に繰り返し浮かぶ不快な考えやイメージで、
    本人はそれが無意味であるか、
    又は過剰であるとわかっていてもそれを打ち消す事ができず、せきたてられるのが特徴です。
    内容としては、過失や不潔に対する恐れ、他人や自分に危害を加える恐れなどが多く見受けられます。

    強迫行為は、
    強迫観念に伴う不安を打ち消すため、自分でもばかばかしいと思いながら、繰り返さずにはいられない行為の事です。
    例えば執拗な手洗いや入浴、鍵など危険や見落とし、縁起等の確認行為等が最も一般的です。
    出典 :神経症(不安障害)と森田療法~公益財団法人メンタルヘルス岡本記念財団
  • 原因

  • 一般的に言って神経症は、内向的、小心、過敏、完全主義的傾向といった神経質な性格の人で、
    さらに向上発展欲が強く、自己内省が強い人が神経症になりやすいと言われています。
    また、強迫性障害では、脳のセロトニン系の異常が明らかになっています。
    出典 :全般性不安障害 | こころの病を改善・克服するサイト
  • 神経症の人の基本的な性格特徴は、次の4つになります。

    (1)自己内省的、理知的、意識的である
    長所…反省心が強く、まじめで責任感が強い。
    短所…自己の心身の現象を細かく分析し、わずかの弱点・欠点をも過大視し、劣等感をいだく。観念的理想主義。

    (2)執着性が強い
    長所…ねばり強く、忍耐強い。
    短所…物事にこだわりやすく、融通がきかない。

    (3)感受性が強く心配性
    長所…こまかいことによく気がつき、人の気持ちを思いやる。
    短所…不安や苦痛に過敏となり、取り越し苦労する。行動は消極的、タイミングを失う。

    (4)欲望が強い
    長所…向上欲・完全欲が強く、努力を惜しまない。几帳面。
    短所…完全主義に陥りやすく、不完全に悩む。

    また欧米でよく知られている神経症傾向としては、
    何か困難なことがあった時に敏感に反応する傾向で、自分の感情をコントロールできない、
    ストレスへの対処が下手だとする特徴があります。
    その他、不安に陥りやすいこと、怒りやイライラ、抑うつ的などを経験しやすい事も挙げられます。
    あるいは恥ずかしい、ひやかしに敏感で、劣等感をもちやすい。
    衝動的で、欲求が強く、怒りをコントロールしにくい傾向があるといわれています。
    出典 :神経症(不安障害)と森田療法~公益財団法人メンタルヘルス岡本記念財団
  • 基底には不安感情がある

    神経症には様々なタイプや症状がありますが、共通しているのが「不安」という感情です。
    そのため、不安は神経症の基底感情といわれる事があります。
    この基底感情である不安と、その人の不安に対する不適切な対処とがあいまって、
    さらに不安がつのり、様々な症状が固定化したのが神経症です。
    また神経症の症状は、普通、健常者が体験するような現象と質的な隔たりはありませんが、
    その強さや持続時間が際立っています。
    例えば不潔恐怖の人なら、何時間も手を洗うとか、確認恐怖であれば、
    何度も鍵をかけたか確認する等、日常生活に大きな支障をきたしている場合、神経症の障害であると考えられます。
    出典 :神経症(不安障害)と森田療法~公益財団法人メンタルヘルス岡本記念財団
  • 治療法

  • 治療法の種類

     

    心療内科や神経科での不安障害(神経症)の治療には、
    「薬物療法」と「精神療法」があります。

  • <薬物療法>
    抗不安薬や抗うつ薬で、不安や発作を防ぎます。
    精神病ではない神経症に薬物療法は必要ないと考える人もいるようですが、
    薬物が大きな効果をもたらすタイプの神経症もあります。
    また、精神療法を行うための下支えとしても、必要に応じて薬物療法を取り入れることが大切です。
    出典 :全般性不安障害 | こころの病を改善・克服するサイト
  • <精神療法>
    精神療法は、さらにいくつかの種類に分けられます。

    支持療法
    支持、説得、激励を中心とする治療法

    表現療法
    悩みや不安を言葉や絵などで表現することにより、心を軽くする治療法

    行動療法
    不安のため制限されている日常生活の行動を徐々に訓練していく治療法

    洞察療法
    患者の深層心理に不安の原因を探っていく治療法

    ただし、神経症は、症状やタイプによって治療方法が異なってくるので、まずはカウンセリングが基本です。
    また、どんな治療法を取るにせよ、患者さんと医師との間に信頼関係があり、時間をかけて行われることが不可欠です。
    出典 :全般性不安障害 | こころの病を改善・克服するサイト
  • 克服するには?

  • 克服するためにココロがけたい5つのこと

  • 以下の5つの事です。

    ①心療内科に行く
    これは多くの人が行うことですが、心療内科に行って来ました。
    心療内科で唯一できる事は、それは診断と薬物療法です。
    精神療法もできますが、あまり時間をとれないお医者様が多いので期待はしないほうが良いと思います。
    精神療法はならば専門の心理カウンセラー、心理セラピストと言われる人に頼った方が良いと思います。


    ②薬物療法を試みる
    パキシルなどのSSRIを処方され一時それを飲んでいました。
    ですがあまりにその薬の副作用が酷かったので自分の判断で辞めてしまいました。
    (普通の人は医者に相談したほうが良いです)

    ③行動療法を行う
    認知行動療法等を行いました。
    認知行動療法とは、認知の歪みを修正し、反応の変化をもたらす方法です。
    これは薬物療法より有効だと言われており、ただ、恐いです(笑)
    恐いけれどやらないよりやったほうが良いと思います。

    ④精神療法を行う
    精神療法についてはこれはカウンセリングの先生を本や教材などを利用しました。
    精神療法はお医者様はあまり時間がとれないので、これは信頼出来るカウンセリングのプロに
    やってもらったほうがよいと思います。

    ⑤リラクゼーション反応を伴うエクササイズを行う。
    リラクゼーション反応を伴うエクササイズも行いました。
    リラクゼーション反応というのはいろいろなところで生まれます。
    例えば、朝の日光浴もそうですし、軽い運動でもでます。
    そういうリラクゼーション反応を起こすことをおこなっていくのです。
    出典 :全般性不安障害を克服するために私が行った5つの事
  • 色々紹介してきましたが、
    一番大切なことは無理をしないでゆっくり治すことだと思います。
    不安障害はあせったりしても
    早くよるなることは絶対にありません。
    自分のペースで自分にあった方法で治すことが一番の近道だと思います。
    つらいときは、周りの家族や、友人などに頼ることも
    一つの方法ということを忘れないでください。