ぐっすり眠りたいあなたへ~毎日元気な生活を取り戻す

なんだか疲れがとれない。。集中できない。。
それは快適な睡眠をとれていないのかもしれません。
ぐっすり寝てすっきり目覚めたい!!
元気な生活を取り戻しませんか?

view150

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 睡眠はなぜ大事なのか

  • 睡眠はなぜ大事なのか。睡眠には、身体を休めると同時に、その間に脳を休息させ、記憶を整理するなどの役目がある。「何時間寝るのがベストですか?」とよく聞かれるが、ベストな長さには個人差があるだろう。今回は、「朝、前日の疲れをひきずらずにスッキリと起きることができて、よく眠れた、と満足できる睡眠」を目標として話したい。
    出典 :寝ても疲れが取れない あなたがよく眠れないその理由とは|食の安全|ダイヤモンド・オンライン
     

    何時間寝たのではなく満足できる睡眠が必要なのです

  • 不眠はストレスのバロメーターと言われ、ストレスが溜まると睡眠が悪くなり、眠ればストレスは解消されるのに、眠りが悪くてストレスが解消されず、体力の回復も悪くなり、心の疲れも解消されないという超悪循環に陥ると、心身ともにいつも疲れている状態になって、やる気も活力も永遠に生まれません。
    出典 :寝る子は笑う!毎日ぐっすり眠るために僕がやっていること9つ。 | CLOCK LIFE*
     

    ストレスの解消にも睡眠は必要です

  •  

    睡眠は私たちの体にとても必要です

  • ぐっすり眠れていますか?

  • みなさん、最近、しっかり、眠ることができていますか?
    起きた時に、爽快感はありますか?
    起きるのが辛い、起きてもなんだか疲れている、そんな場合は、ぐっすり眠ることができていない証拠。
    出典 :【健康】ぐっすり眠れてる? “質の良い睡眠”によく効く食べ物まとめ - Peachy - ライブドアニュース
     

    寝たはずなのに疲れている・・集中できないなどの症状があるときは
    ぐっすり眠れていないのかも。。。

  • ぐっすり眠れるようになる方法

  • 私たちは、走りながら眠れない。それにもかかわらず、終電ぎりぎりまで飲み食いして家に帰り、内臓が消化という名のエクササイズを全力でしているというのに、当の本人は高いびきをかいて即刻寝ていたりする。

    これでは、睡眠の役割である“身体を休める”、ということができていない。それでは、疲れが残るのは自然なことだろう。

    空腹で目覚めるくらいまで…とは言わないが、ぜひ、朝食を普通においしく食べられるくらいまで夜の食事量を少し控えるか、時間を少し早めることを意識していただきたい。
    出典 :寝ても疲れが取れない あなたがよく眠れないその理由とは|食の安全|ダイヤモンド・オンライン
     

    夜に食べるということは消化吸収に力を使ってしまいます。
    身体を休める!

    食事の時間に気をつけましょう

  • 食事の中にも、よい睡眠のために、リラックスした状態を促してくれる食べ物がありますので、ぐっすりと眠るためには、できるだけ、そういった食材を摂ることが大切です。

    例えば、脳内神経物質の「セロトニン」を形成するアミノ酸である「トリプトファン」は、脳を鎮静化させるセロトニンを形成することで、ぐっすりと、質のよい眠りを摂ることができるようになるんです。

    ・脳を鎮静化させるセロトニンを形成する『トリプトファン』を摂るには・・・

    バナナ、乳製品(牛乳など)、大豆製品(豆乳、豆腐など)、魚介類、肉(鶏肉など)、米(玄米など)、豆、卵、ごま、ひまわりの種、はちみつ
    出典 :【健康】ぐっすり眠れてる? “質の良い睡眠”によく効く食べ物まとめ - Peachy - ライブドアニュース
     

    トリプトファンは摂取しやすいですね

  •  


    毎日牛乳を飲むことはいいことなんですね

  • 平日のお酒をやめた。

    アルコールには寝つきをよくする薬理効果があるが、持続的な睡眠時間を大きく減らすという特性がある。

    「昨日は酒飲んでぐっすり寝たよ」というのはちょっと違うわけだ。
    出典 :寝る子は笑う!毎日ぐっすり眠るために僕がやっていること9つ。 | CLOCK LIFE*
     

    寝つきがよいのとぐっすり寝たのは違うのです

  •  

    お酒も少々我慢を

  • 寝る前のストレッチは、眠りを深くするのにも役立つ。
     マッサージを受けたとき、気持ちがよくなってあくびが出たり、寝そうになったりしたことがあるはず。体の凝りがほぐれてくると呼吸に関係する筋肉もゆるみ、呼吸が深くなる。すると、リラックスした時に働く副交感神経が優位になるので、体の余計な力が抜けて、眠る準備に入りやすくなる。あくびが出たら、副交感神経が活性化してきた証拠。
    出典 :寝る前にストレッチ 体を柔らかく、太りにくく  :日本経済新聞
     

    寝る前にちょっとストレッチ♪
    確かにマッサージされていると眠くなりますもんね~

  •  

    寝る前にちょっとだけやってみて

  • その対策のひとつとして、意外なようですが、「体温」があります。子育てをしたことのある人なら、赤ちゃんが眠る前、手足がぽかぽかと暖かくなるのを知っているはずです。手足が冷たい冷え性の人の多くは、寝つきが悪くて悩んでいます。また更年期障害で顔や体が火照って眠れないということもよく聞きます。
    このように体温は、睡眠と深い関係をもっています。

    ・電気毛布で加熱したままの状態で眠ると、夜中に目覚めることが多くなります。電気毛布が必要な人は、タイマーで加熱を切るか、最弱レベルに切り替わるようにすると、眠りが深くなります。

    ・部屋の暖房が強すぎる場合も、体の内部の温度が低くなりにくいので眠りが浅くなります。寝てから少し室内の温度を低くすると、深い眠りが得やすくなります。

    ・頭を冷やしても、環境温度を下げたのと同じ効果が得られるという報告がありますから、試してみてもいいでしょう。
    出典 :睡眠と体温|体温と生活リズム|テルモ体温研究所
     

    体温も関係しているのです
    部屋が暑すぎたりしていませんか?

  •  

    日ごろの生活スタイルを見直し
    快適な睡眠を得られる努力をしてみましょう