うつ病?現代病 もしかしたらあなたもうつ予備軍かも?

うつ病の症状は、基本的に[1]うつ気分、[2]生命活力の減退による意欲・行動の障害、[3]悲観的な思考障害、[4]種々の身体症状の4つの症状群に分けることができます。また、その他の特徴として日内変動、季節変動が知られています。

  • pocca 更新日:2013/11/22

view499

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 考え込まないで!すべて心の持ち方次第

  • うつ病

     

    うつ気分
     うつ気分は、誰でも愛する者と別れたり、大切なものを失ったりした時には感じるものですが、[1]はっきりとした原因がなく、[2]深いうつに陥ってなかなか抜けだせないことが病的なうつ状態とされています。うつ気分には、憂うつ感、悲哀感、興味や喜びの感情の喪失などがあります。

  •  

    身体症状
     よくみられる身体症状としては、全身倦怠感、食欲不振、不眠、頭痛、肩こり、めまい感、性欲減退、聴覚過敏(耳鳴り)、口渇(こうかつ)、胸部圧迫感、心窩(しんか)部(みぞおち)不快感、吐きけ、腹痛、便通異常、腰痛、手足のしびれなどが現れます

  •  

    意欲・行動の障害
     何をするにもおっくう、意欲の低下、集中力の低下、決断力の低下、性欲の低下、行動の遅滞など生命エネルギーの減退による意欲・行動の障害が現れます。

  •  

    思考障害
     考えが進まない、まとまらないなどの思考の抑制や自分、社会、将来に対しての悲観的な考え方が多くなります。

  • うつ病には上記のような症状が見られます。では、克服するにはどうしたらいいのでしょう?

  • 抗うつ薬(こううつやく、antidepressant)とは、典型的には、抑うつ気分の持続や希死念慮を特徴とするうつ病のような気分障害に用いられる精神科の薬である。不安障害のうち全般性不安障害(GAD)やパニック障害、強迫性障害にも処方される。

  • 主な抗うつ薬

  • 抗不安薬では、私を劇的に回復させたデパケンRは、一度試してみて欲しい薬剤です。
    もちろん医師と相談の上での服薬になりますが、デパケンを必要量飲むことで、気分がとても安定し、心の重さが取れるような気持ちがします。

  • 抗精神病薬を服薬している場合、アルコールを大量に飲んでいると、抗精神病薬の血中濃度が上がりますので、抑うつ症状が非常に強くなります。

  • 抗うつ薬は、「第一世代」だとか「第三世代」などというグループに分かれており、その分類は合計7種類にもなります。さらに「三環系」や「四環系」などに細分類されます。

  • 第一世代の抗うつ薬でよく知られているものは、トフラニールやアナフラニールなど。
    第二世代の抗うつ薬では、テトラミド、アモキサン、デジレルなど。
    第三世代の抗うつ薬は、SSRIやSNRIのように、セロトニンやノルアドレナリンに働きかけるのが特徴です。ルボックス(デプロメール)、パキシル、トレドミンなどです。



    特にSSRIは、抗うつ薬としては、現在最も効果のある薬剤だとされています。


  • 大切なのは、あなたの心です。

  • 一度の人生!悩んでいてはもったいない!

  • うつ病には抗鬱剤などの薬もありますが、一番いい方法は、自然な形で元気になることです。

  • 悩みことは何ですか?

    最近、感動して泣きましたか?思いっきりおなかを抱えて笑ったのはいつですか?

    喜怒哀楽はストレス発散にもなり、うつ病の克服にもいいようです。

    まず第一歩!自分を惜しみなく出してみてください。