育児休業、どの様な時に、どのくらい休めるのか

育児休業とは、子を養育する労働者が育児休業法に基づいて取得できる休業のことです。

view285

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 育児休業とは?

  • 休業期間は、原則として1人の子につき1回であり、子が出生した日から子が1歳に達する日(誕生日の前日)までの間で労働者が申し出た期間です。 法改正により、一定の場合には、子が1歳6か月に達するまで育児休業ができるようになりました。

    出典 :育児・介護休業法のあらまし|厚生労働省
  • 育児休業法という法律

  • 育児休業法

     

    正式名は「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」といいます。事業主は、労働者が育児休業(1歳未満の子を養育するための休業)や介護休業の申し出をしたこと、又は育児休業や介護休業をしたことを理由として、当該労働者に対して解雇その他不利益な取り扱いをすることが禁止されたました。

  • 育児休業の期間中には、勤務の実態に基づき給与は支給されないか減額されるが、それを補うものとして育児休業基本給付金と育児休業者職場復帰給付金の支給を受けることができる。休業は法律により定められている労働者の権利であるため、事業所に規定が無い場合でも、申し出により休業することは可能であり、問題がある場合には事業所に対して労働局雇用均等室からの助言・指導・勧告がなされる。
    出典 :育児休業 - Wikipedia
  • 育児休業給付制度

  • 次の条件をすべて満たした場合、育児休業給付を受けることができる。
    1.一般被保険者(短時間労働被保険者を含む)である
    2.育児休業開始日の前2年間に、賃金支払い基礎日数11日以上の月が12ヶ月以上ある。
    3.各支給単位期間(育児休業開始から1ヶ月毎の区切り)に、休業日が20日以上ある。
    4.各支給単位期間において、休業開始時の賃金に比べ、80%未満の賃金で雇用されている。
    支払われる育児休業基本給付金の金額は、休業開始時の30%相当額(休業期間中の賃金が休業時の50%を超える場合には、賃金と給付額の合計が休業開始時の80%に達するまで)である。ただし、賃金月額の限度が定められている。
    育児休業を終えて職場に復帰した場合には、育児休業者職場復帰給付金が支給される。金額は(休業開始時月額賃金の10%×育児休業基本金の支給月数)で求められる。(2007年4月以降に復帰した人は休業開始時月額賃金の20%×育児休業基本金の支給月数)
    出典 :育児休業 - Wikipedia
  • 育児休業の期間

  • 育児休業は、子が1歳に達するまでの間に取得することができる(法5条1項柱書本文)。産後休業期間(出産日の翌日から8週間)は含まない。ただし、次のいずれかの事情がある場合には、1歳6か月まで取得できる(同条3項)。
    1.保育所に入所を希望し、申込みをしているが、入所できない場合(規則4条の2第1号)
    2.子の養育を行っている配偶者が、やむを得ない事情で養育が困難となった場合(同条2号各号)
    また、配偶者と交替する形で育児休業を取得することができる。ただし、1人の子について1回限りしか育児休業を取得できない(法5条2項)。
    出典 :育児休業 - Wikipedia
  • 産休との違い

  • 父親の休業

     

    産休は、子どもを産むことになる妊婦にしか権利はありませんが、育児休業は、父親である男性でも休業することができます。

  • 産前産後休業は、妊産婦が母体保護のため出産前及び出産後においてとる休業の期間である。産休とも称される。なお、労働基準法による妊産婦とは、同法64条の3第1項で「妊娠中の女性及び産後1年を経過しない女性」と規定されている。
    出典 :産前産後休業 - Wikipedia
     

    これらの期間の賃金の支払については労働法に規定がなく、それぞれの雇用者との労働契約の内容によるが、健康保険制度に加入している労働者であって賃金の支払を受けられない者に対しては、健康保険法102条により、標準報酬日額の3分の2相当額につき、健康保険からの支給があります。