30代からのリウマチ初期症状について

え!!リウマチって30代からもなるのーー!
リウマチについて書いてみたよ!

view496

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • リウマチとは?

  • 間接が破壊されていく病気である。

  • もう少し詳しく話すと・・・

  • 人間の骨格は関節でつながっています。その数は全部で68個。脊椎(せきつい)のようにあまり動かない関節もありますが、膝(ひざ)関節や手足のように大きく動かせる関節が、私たちの体の自由な動きを支えています。この関節に原因不明の炎症がおこり、痛みや腫(は)れがあらわれ、炎症が進行するとやがては骨が破壊される病気が関節リウマチです。
    出典 :関節リウマチ 初期症状を見逃さないで! - goo ヘルスケア
     

    なるほど・・・!
    実は発病する年齢があるのです!

  • 実は30代から発病される事もあるそうです。

  • 関節リウマチの患者は全国で約70万人と推計され、なぜか男性より女性に4~5倍も多く発症しています。しかも好発年齢は30~60歳代という家庭でも職場でも働き盛りの年齢層であるところが、患者にも家族にも関節の痛みとともにつらい病気となっています。
    出典 :関節リウマチ 初期症状を見逃さないで! - goo ヘルスケア
     

    30~60代・・!
    もう少し上の年齢かと思っていました。

  • 原因は?

  • リウマチになりやすい遺伝子が40パーセントらしいです。
    あとストレス、披露、ウィルス感染も原因の一つであります。

  • 初期症状は?

  • 「朝の手指のこわばり」

     

    「朝の手指のこわばり」です。
    目覚めたときに、両手指の関節がこわばって動かしにくく、
    それが1時間以上続きます。
    やがて痛みや腫れもみられるようになり、徐々にほかの関節にも
    及んでいきます。
    疲労感、微熱、食欲不振、体重減少などの全身症状を伴う
    こともあります。
    少しでも気になるなら早めに医師に相談をされた方がいいです。

  • ご安心を・・!

  • ここ10年で変わった

     

    以前は関節破壊はゆっくり進むと考えられ、安静を保って様子を見ながら、症状が進むようであれば作用の弱い抗リウマチ薬から使い始め、少しずつ強い抗リウマチ薬へと段階を上げていきました。しかしその後の研究で、関節破壊は発症してから2年くらいのうちに進むことがわかってきたため、この10年くらいの間に治療法は劇的といってもいいほどの変化を遂げました。つまり、以前の段階を上げていく治療法とは反対に、初期のうちからしっかり抗リウマチ薬を使って関節の破壊を抑えていく治療法に変わったのです。

     さらに最近、バイオテクノロジーの技術を使った新しい薬(生物学的製剤)が開発されました。この薬は、従来の薬では効かなかったタイプの関節リウマチにも非常によく効き、保険適用にもなっているので、効果的な治療法がなくて苦しんでいた多くの患者を救っています。

     滑膜の炎症が進んで関節が破壊され、機能障害のある場合は、人工関節に置き換えたり、炎症によって切断されてしまった腱(けん)を修復するなどの手術が行われます。しかし、このようなことになる前に早く治療に着手すれば、その進行をかなり抑えることができるようになりました。このため、今や関節リウマチは、早く診断し治療を始める重要性が強調されるようになっているのです。

  • リウマチは予防出来るの?

  • 睡眠

     

    8時間以上の十分な睡眠

  • ストレス

     

    ストレスを無くす事

  • 笑う

     

    良く笑う事

  • 美味しいもの

     

    美味しいものを食べる、生活を楽しむ事。

  • 歯磨きなど

     

    腸内細菌がリウマチの発症原因でもあるので
    三食ごには歯磨きしましょう

  • 煙草

     

    喫煙家はリウマチ発症率をあげます。