そっか!「痩せる脳」でダイエットって方法があるじゃない!

痩せる脳でダイエットって言っても・・・どんなの?って思いますよね!
“食べない”“運動する”なとといった行動と違い、
具体的に分かり難いかもしれません。

痩せる脳でダイエット。
一体、どんなものなのでしょうか?

view437

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まずは“太る脳”について

  •  

    ストレス太りと言う言葉はご存知ですよね。失恋をしたきっかけで、太りだした。職場での人間関係がうまく行かなくなったら、急に太った。こんな話は良く聞きますね。無意識のうちに、食べることでストレスを解消しようとして、食欲をコントロールできなくなってしまった「脳」。それが、「太る脳」の正体です。

    引用)http://www.yaserusa.jp/article/14276821.html

  • 私たちは、普段、「お腹がすいた」、「お腹がいっぱい」と言いますね。空腹と満腹を決めているのは「おなか」だと思うでしょう。実は、あなたの食欲をコントロールしているスイッチは、おなかではなく、脳にあるのです。食欲のスイッチがある場所は、大脳の中の「視床下部」と呼ばれる部分です。ここに、「食べなさい」と言う命令を出す 「摂食中枢」と、「食べるのをやめなさい」と言う命令を出す「満腹中枢」があり、これが交互にうまく働くことにより、食欲をコントロールしています。
    出典 :「太る脳」から「やせる脳」へ
  • 食欲をコントロールできない脳・・・困ります。

  • 「太る脳」を「痩せる脳」へ

  • 「痩せる脳」と『セロトニン』の関係

     

    「セロトニン」とは別名「幸せホルモン」と呼ばれており、ストレスで緊張したり、興奮した状態などから心を落ち着かせ、安定させる働きを持っています。この「セロトニン」が脳内で減少すると食欲が増進し、いくら食べても満足感が得られない=ダイエットがうまくいかない状態を招くことになります。では、こうした「セロトニン」分泌を減少させる原因は何か? それはストレスにあります。例えば、過激なダイエットで無理に食べたいものを我慢すると、それが大きなストレスとなり、かえって食べ過ぎ→体重増加に繋がってしまうのはそのためです。

    引用)http://allabout.co.jp/gm/gc/49004/

  • 女性ホルモンである「セロトニン」が関係しているそうです。でも、やっぱりストレスは体に良くないんですね。

  • セロトニンを増やすにはトリプトファンの含まれる食材(大豆食品に多く含まれている)を摂取することも大切です。また、外部から受ける運動刺激もセロトニン増加を助けてくれます。同じリズムが続くウォーキングなどが良いとされています。
    出典 :痩せる脳に変換するための3つのポイント | ダイエットSlism
     

    トリプトファンは体の中で作り出すことができないアミノ酸。積極的に摂るようにしましょう!

  • 首のストレッチで「セロトニン」を増やそう!

     


    「セロトニン」の慢性的な不足は、基礎代謝を低下させ、脂肪が蓄積しやすい身体になるとも言われていますので注意が必要です。そこでオススメなのが、こまめに首をストレッチすること。首を動かすと、脳が活性化することで「セロトニン」の生成&分泌を増やしてくれるのです。長時間同じ姿勢で作業をされる方、パソコンでの作業が多い方など、以下で紹介するストレッチを行えば、「セロトニン」増加と同時にリラックス効果も期待できますよ。

    引用)http://allabout.co.jp/gm/gc/49004/2/

  • ●太陽の光を浴びる

    太陽の出ているときに分泌されやすく、睡眠中や日が沈んでからは分泌が少なくなるセロトニン。
    そんな訳で、日中に活動をすることで、セロトニンの分泌がされやすくなるのだそう。体のスイッチを夜モードから朝モードに切り替えるために、しっかりと太陽の光を浴びましょう。昼夜逆転の生活をしている人は要注意!

    出典 :眠気、ストレスが簡単にとれる! 幸せ物質「セロトニン」の増やし方(ウレぴあ総研) - goo ニュース
  •  





     「痩せる脳」の作り方

  • 食べ物を「ヘルシー」と呼ばない

     


    「ヘルシー」という言葉には「美味しくない」「お腹が満たされない」というマイナスイメージがあることから、その言葉を使うと脳が否定的な反応をしてしまいます。実際「ヘルシー」ではなく、「美味しい」「新鮮」と呼ぶことで、食事量は少なくてもその食事を楽しむことができるという研究結果もあるほど。今後は食事について「ヘルシー」を使うのはやめましょう。

    引用)http://www.cafeglobe.com/2013/05/029909brain_diet.html

  • 毎日同じ時間に食べ、就寝する

     


    私達には食事や就寝などの時間を予想したり、それに備えて身体を準備させる脳内時計があります。このスケジュールを規則的にすると、決まった時間に空腹になるため自然と余計な間食を取らないで済み、体重減量につがなります。また、睡眠の質が上がる効果もあります。

    引用)http://www.cafeglobe.com/2013/05/029909brain_diet.html


     

  • 自律神経系を元気にして脂肪減量!

    自律神経は身体機能に大きく関与している神経系です。唾液や汗、体温などの調整も全て自律神経系が調整してくれています。身体機能を整える自律神経系はダイエットにも大きく関与しています。自律神経系の一つ、交感神経は脂肪の分解、エネルギーに変換する働きがあります。交感神経の働きが弱まると脂肪分解の働きも弱まり、摂取した栄養をエネルギーとして消費することが難しくなり、脂肪を蓄積してしまいます。
    出典 :痩せる脳に変換するための3つのポイント | ダイエットSlism
  • 脳を癒して満腹脳を作る!

    脳は全ての情報を管理している大元です。この脳が疲労してしまうと多くの神経が正常に機能しなくなり、特に大きな影響を受けるのが"味覚"と言われています。味覚が機能しなくなると味そのものが分からなくなり、いくら食べても満腹感を感じにくく食欲に歯止めが利かなくなるのです。糖分や脂質を多く欲するようになり、肥満になるリスクも高まります。脳に溜った疲れを解消するには、やはり我慢しないことです。我慢しないといっても、ある程度の話ですよ。我慢しなくて済んだら、好きなものを好きなだけ食べて太ってしまいますからね。しかし、自分に我慢させてばかりでは、やはりストレスになるので、カロリーを計算した食事+間食には果物を摂るといった工夫が必要です。
    出典 :痩せる脳に変換するための3つのポイント | ダイエットSlism
     

    脳が疲れると「味覚音痴」になるんですね。意外でした。

  • 痩せる脳トレ:一度口にしたことは必ず実行しましょう

     

    それは、必ず自分で一度決めたら、行動に移していくことなんです。出来ればそれを恋人に宣言してしまうと、脳トレには効果的ですよ^^。例えば「今日から毎日5分間、脚のマッサージを7日間続ける。」そう決めたら、たとえ何があろうと実行します。5分がキツかったら、2分でも良いし それも無理だったら、ハードルを下げて足裏マッサージ1分でも大丈夫です。大事なのは、言ったら必ずそれを守る姿勢。

    引用)http://maria-diet.com/archives/1818

  • 痩せる脳トレ:一度口にしたことは必ず実行しましょう

     

    それは、必ず自分で一度決めたら、行動に移していくことなんです。出来ればそれを恋人に宣言してしまうと、脳トレには効果的ですよ^^。例えば「今日から毎日5分間、脚のマッサージを7日間続ける。」そう決めたら、たとえ何があろうと実行します。5分がキツかったら、2分でも良いし それも無理だったら、ハードルを下げて足裏マッサージ1分でも大丈夫です。大事なのは、言ったら必ずそれを守る姿勢。

    引用)http://maria-diet.com/archives/1818

  • 脳には「行動」で示すことで、本当に痩せたいんだと思ってもらう必要があるそうです。確かにそれしか「脳」には計る手段はありませんもんね。