必見。使えそうな心理学まとめ

人間は脳で無意識に人を判別していますが、心理学を使えば相手に好感を抱いてもらえることもあるんです。
そこで今回は悪用禁止の心理学をいくつかご紹介します!

  • kyuta 更新日:2013/09/19

view914

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • おなじみ効果

  • 人は「おなじみ」に弱い!?
    仲良くなりたければ長く会うより多く会え!

  • 私達は「おなじみ」に弱いモノです。よく、カタログなどにのっている定番品とか「今、大人気」とかいう言葉に私達が弱いのもこれです。「自分のまわり(社会、友人)にとっておなじみのもの」に、悪いモノはないハズという思い込みですね。
    もう一つのおなじみは、「自分にとってのおなじみ」。いつも自分がなじみに利用しているものに、悪いモノはないハズという思い込み。
    出典 :良い人間関係を築くために知っておくべき心理学の基礎 - モチベーションは楽しさ創造から
  • たしかに、自分が好きなモノや多く触れたり見たりするものには親近感がわきますよね。

  • 仲良くなりたいと思っている人には、「長時間の面談時間ではなく、たくさんの回数合うことで、おなじみ感を作っていこう」とか。仲良くなりたい人に、自分の評判を共通の友人の口から行ってもらうなどの方法がでてきたりします。
    出典 :良い人間関係を築くために知っておくべき心理学の基礎 - モチベーションは楽しさ創造から
  • ご存知ゆるキャラのくまもん。
    もともとかわいいのもあるかもしれませんが、「ゆるきゃらでおなじみな存在」になったからこそ、多くの人に好感を持たれているのかも…!?

  • 開放性の法則

  • 閉じているものより開いているものの方が人は安心感を覚えます。
    相手に少し心を開いた所を見せるだけで違うようです!

  •  人は相手のプライベートな面に触れると親近感を感じてしまうという事です。
     
     例えば、あなたは、あなたの苦手な同僚や先輩から、家族の悩みを打ち明けらたり、プライベートな相談をされたりした経験はありませんか?
     
     すると、不思議な事に、今まで苦手だった同僚や先輩に親近感を持ったり、好感を持つようになったと思います。少なくとも、今までの苦手意識は薄くなったと思います。
     
     この感覚が『開放性の法則』です。
    出典 :開放性の法則(営業ノウハウ) - 営業ノウハウ スキル 営業マン トーク 基本
  • 仕事の場面でも、少しだけプライベートな話を入れることで、心をひらいてくれた!と思ってもらえて親近感が湧くんですね。

  • 返報性の法則

  • 恩はうけると返したくなる…
    そんな心理を利用したテクニックです。

  • 「他人がこちらに何らかの恩恵を施したら
     似たような形でそのお返しをしてしまう」という自動反応です

    この返報性の原理があるために、親切や贈り物、招待などを受けると
    そうした恩恵を与えてくれた人にお返しをせずにはいられなくなるのです。
    出典 :返報性の原理とは【人を動かす】 | 恋愛心理テクニックで人を見抜く方法
  • スーパーの試食コーナーでしきりに勧められて食べると、買ってあげたくなる。相手にちょっとしたいいコトを提供することで、
    相手がそれに返報したくなるということですね。

  • イエスセット法

  • とにかくyesと言ってほしい!
    そういう時に使えるテクニックです。

  • 「人は何度も同意していると、すぐには反論しにくくなる」というものです。
    出典 :イエスセット話法とは/イエスセット話法と人の心理の意外な事実
  • 何度も同意しているうちに、心理的バリアーがとけて安心感が芽生えてきます。

    そして、NOと言いづらい雰囲気が生まれてくるのです。注意点としては、話題の選び方です。価値観や常識は、人によって異なっていたりするので、相手が確実に同意できる話題を慎重に選ぶことです。
    出典 :イエスセット話法とは/イエスセット話法と人の心理の意外な事実
  • これってホント!?と思うかもしれませんが、日本人は特に「話の流れを遮りたくない!」と思いがちかもしれないですね。

  • 「今日はいい天気ですね」や「最近ちょっと肌寒くなってきましたね」という世間話から、徐々に本題へ持っていく…
    恋愛の場面等でも使えそうですね~

  • メラビアンの法則

  • なんかこの人胡散臭いな~…と思う人っていますよね?
    それってその人の話ではなく外見が問題かも。
    有名なメラビアンの法則をご紹介します。

  • 人物の第一印象は初めて会った時の3〜5秒で決まり、またその情報のほとんどを「視覚情報」から得ていると言う概念。メラビアンが提唱する概念において、初対面の人物を認識する割合は、「見た目/表情/しぐさ/視線等」の視覚情報が55% 、「声の質/話す速さ/声の大きさ/口調等」の聴覚情報が38%、「言葉そのものの意味/話の内容等。」の言語情報が7%と言われている。
    出典 :メラビアンの法則 とは - コトバンク
  • つまり、いくらいい話や面白い話をしても服装や表情次第で全く信用してもらえなかったり、好感を持ってもらえない場合が非常に多いということなんですね。
    出典 :メラビアンの法則とは?メラビアンの法則を理解して活用しよう!
  • せっかく大事な話をしているのに、相手に不信感を抱かれてしまったら元もこもありません。
    きちんとした服装や話し方をするだけで、相手に好感や信頼感を与えられるなら、それは実践するべきですね!

  • いかがでしたでしょうか?

  • 中には諸説あるものも有りますが、心理学を使って好感を持ってもらいやすくなるなら一度は試してみたいですね!