ビジネス成功の鍵コーチングがダイエットに?「コーチングダイエット」とは

「コーチングダイエット」
ビジネスを成功に導くためのコーチングを、
ダイエットに応用したものだそうです。

一体、どんなダイエット方法なのでしょうか?

view278

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • “コーチング心理学”について

  •  

    コーチング心理学とは,個人,グループ,組織における仕事のパフォーマンス,幸福や人生の経験を向上することに関わる行動科学における統合的な心理学の一つです。 また,コーチング心理学は,クライエントの仕事や個人的な生活における個人及び専門的な成長と開発を強化し,目標達成の促進や解決に焦点を合わせております。

    引用)http://www.coaching-psychology.com/

  • む~・・・難しい・・・ダイエットとどう繋がるのでしょうか?

  • “コーチング”をダイエットに生かす?

  • ビジネスもダイエットも、課題を持っているのはその人自身。太った理由も、体の状態も人それぞれです。だからまず、障害も理想も明確にして、現状と理想の間にあるギャップを作っている原因をきちっと見つめてから理想に近づけていく。それは、ビジネスで成功するための方法と全く矛盾しません。そのためには“脳をだます”必要があります。
    出典 :噂のコーチングダイエット 「脳だますことが大事」と考案者 – ガジェット通信
     

    "脳をだます”ってことなんですね。

  • 実は“食欲と脳”は密接関係だった

  •  

    食欲をコントロールしているのは、脳の視床下部にある摂食中枢と、満腹中枢。そして、満腹感を感じるためには脂肪細胞にあるレプチンというホルモンが大きな役割を果たしています。このレプチンが満腹中枢に届くと、「もう食べたくない」という満腹感を得られるのです。ですが、このレプチンは食事を始めてから20分もの時間をかけて満腹中枢に到達するので、早食いの人はなかなか満腹感を得られず、つい食べすぎてしまいます。

    引用)http://diet.beauty.yahoo.co.jp/db/detail/622/

  • だからこそ、脳をだますことに効果があるってことですね!

  • 食事をコントロールするのも、結局、あなた自身です。どんなに素晴らしい食事療法を学んでも、あなたが「ダイエットを持続させる意思」を強く持ちつづけなければ、あなたの望む結果を生むことはできません。そう、ダイエット成功のキーポイントは、あなた自身なのです!
    出典 :メディカル&ライフサポートコーチ研究会 - コーチング・ダイエット
     

    やっぱり・・・意思の力なの?そうなの?・・・ですよね~・・・。

  •  

    地道な努力が必要なため、食事療法はどうしても続きにくいのです。その結果、挫折体験が増え、その度に「私は痩せることが出来ない」というメッセージが、潜在意識にどんどん刷り込まれます。一説によれば、私たちが普段思考する「顕在意識」と「潜在意識」の力の差は、1対20000と言われてます。となると、「痩せたい」と普段思っていても、その2万倍の力で潜在意識が「痩せることが出来ない」と訴えているとなるとどうでしょうか?これ以上、ネガティブなメッセージを潜在意識に刷り込まれないうちに、あなたのダイエットへを成功へと導くようなメッセージに変える必要があります。

    引用)http://medical-life.info/modules/tinycontent0/index.php?id=1

  • 体形は「脳」がコントロールしている

  • 体重管理の最高司令官は、脳なんです。脳の働きは、全自動風呂の水位センサーが湯量に応じた圧力を感知して自動的にお湯を一定量に保つように、願いや意思とは関係なく、体形、体重を設定して調整しているのです。
    出典 :NEWSポストセブン|噂のコーチングダイエット 「脳だますことが大事」と考案者
     

    願いや意思とは関係なく・・・確かにそうです。

  •  

    ダイエットというプロジェクトをチームで進めると考えてみます。チームには3人のメンバーがいます。その3人とは「感情くん」「感覚くん」「理屈くん」です。食べることによる幸福感・充足感を強く求める感情くんと、空腹の苦痛や運動のつらさなど体の不快感を避けようとする感覚くん。この2人の抵抗勢力に対して、意思決定をする役割を担う理屈くんがきちっと向き合っていくことが大事です。2人が何を求めているかを理解し、共感し受け止めてあげる。その上で、3人が合意することができればこのプロジェクトはうまくいくのです。

    引用)http://getnews.jp/archives/338050

  • ビジネスの交渉でも、相手の言い分を聞く「傾聴」、顧客のクレームにも理解を示すなどの「共感」、相手の言い分を聞いたうえでこちらの要望を明確に伝える「説得」という3つのスキルが重要になりますよね。ダイエットでもこの3つが使えます。例えば、ダイエット中、スナック菓子を食べてしまいそうだったら、その思いに「なぜ食べたい?」と「傾聴」し「そりゃ食べたいですよね」と「共感」したのち「今食べなくても問題ないですね」と合理的に「説得」する。意識さえすれば難しいことではなく、習慣として身につけば誰にでもできるようになります。
    出典 :NEWSポストセブン|噂のコーチングダイエット 「脳だますことが大事」と考案者
     

    “俯瞰”で自分を見つめ、脳をだます。って感じかな?

  • まさにビジネス的!しかし・・・上手くいくのでしょうか?