見た目年齢を引き下げる!目の下のたるみエクササイズ

見た目に大きくかかわる目の下のたるみ・・・
目の下のたるみエクササイズをまとめてみました。

  • kei 更新日:2014/02/12

view444

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 目の下のたるみは見た目年齢に大きくかかわる?

  • 目の下のたるみ

     

    写真をみてもたるみがあるかないかで、見た目年齢にかかわっていることが分かる。

  • 目の下のたるみの原因

  • 老化はもちろん、具体的にはどのような原因でたるむのでょうか。

  • 老化のほかにも原因は、あります。目元のたるみの中身は脂肪なのですが、目のまわりの筋力が低下すると肌の弾力性も落ち、目の下の脂肪を支えられなくなって垂れ下がってくるのです。
    また、血行不良やリンパの流れが悪く、余分な脂肪や水分が排出されないと、皮下組織の脂肪細胞が増加するため、目の下はたるみます。


    出典 :たるみクマの原因と解消法:目の下のくまを消す方法
  • 基礎化粧品に使われている油性成分や界面活性剤などの成分は、肌の弾力繊維を破壊するため、目の下のたるみを作りやすくなります。・紫外線の刺激です。紫外線は、皮膚の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンの弾力を失わせて、皮膚の弾力を低下させるため、目の下のたるみをつくってしまうのです。
    出典 :たるみクマの原因と解消法:目の下のくまを消す方法
  • 日常生活や、筋力の低下によってたるみの原因になるようです。
    表情筋を鍛える方法はどのようなものがあるのでしょうか。

  • 目の下のたるみエクササイズ!

  • 簡単なものから!

  • 1.上のまぶたを動かないように軽く手で押さえる
    2.下のまぶただけで目を閉じるウインク動作を5秒ほどかけて行う
    たったこれだけです。これを左右の目、片方ずつ5秒ほど行うのを10セット繰り返します。
    出典 :目の下のたるみをとる方法・エクササイズ
  • 目をパッチリと大きく開けます、上まぶたが下がらないように指で押さえ、少々上まぶたを押し上げぎみでもかまいませんのでその状態で瞬きをします、上まぶたで瞬きをするのではなく、下まぶたを上げるように下のまぶたで瞬きをしてみて下さい。ふだん使わない目の下のたるみを直接動かして運動させるのです 目の下のたるみ解消法としては非情に効果の高い運動!
    出典 :目の下たるみを取る体操
  • 1、こめかみを起点にして、目の下へ向けて指の腹で軽く押すようにします。
    2、目の下から、目の上を通ってこめかみに戻ったら、そこを少し押します。
    3、目をギュッとつぶったり、パッと開いたりを繰り返します。
    出典 :たるみクマの原因と解消法:目の下のくまを消す方法
  • 目を閉じる目を開ける、まばたきで体操
    単なる瞬きではありません、これ以上閉じないところまで目を閉じ、これ以上開かないところまで目を見開く。これを繰り返す。

    出典 :目の下たるみを取る体操
  • 下まぶたの体操
    目を開けた状態で上まぶたが下がらないよう指で押さえて下まぶたで目を閉じる。下まぶたでパチパチと瞬きはできませんが、下まぶたを引き上げるよう働きかけると多少上がるはずです。
    出典 :目の下たるみを取る体操
  • エクササイズを終えたらマッサージをするのも効果的!

  • マッサージ

  • 全身のリンパの流れをよくすると効果的!

  • ・ふくらはぎの内側を、下から上に向かってさする(左右行う)・太ももの内側を、ひざから足の付け根に向かってさする(左右行う)・仰向けになり、足の付け根を外側から内側に向かってさする・マッサージクリームなどを塗り、上まぶたは眉頭から眉尻へ、下まぶたは目頭から目尻に向かってさする・首を、耳の下から肩にかけてさする
    出典 :ほうれい線や目の下のクマをまねく表情筋のたるみ撃退法 - 口元Beauty