必要なんです!悪玉コレステロール

コレステロールも中性脂肪も、脂質のひとつ。
正常な血液の中には、常にある程度の脂質が含まれていているが、
増えすぎると脂質異常症(高脂血症)になってしまう。

view506

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • コレステロールとは?

  • コレステロールの正体は脂質です。
    コレステロールは細胞の膜をつくったり、生体機能を整えるホルモンをつくったり、
    体にとって必要な働きをしています。
    このコレステロールは、血液中では主に「HDL(善玉)コレステロール」と
    「LDL(悪玉)コレステロール」の形で存在しています。
    出典 :体脂肪&コレステロールについて | 2つの働き カテキン緑茶
  • 悪玉と呼ばれるけど・・・

  • 悪玉って呼ばれるけど・・・・

     

    必要なものなんです。悪玉コレステロール(LDLコレステロール)は!!
    LDLコレステロール自体は決して悪玉ではありません。
    LDLコレステロールの数が過剰になると悪者となるのです。


    悪者役と言えば、八名信夫(やな のぶお)さん【悪役紹介所属】

  • コレステロールや中性脂肪はとかく悪者にされがちですが、実はとても重要なもの!!
    コレステロールは体中の細胞の膜の原料です。
    コレステロールが少ないと血管などの細胞が弱くなり、脳出血などが起こりやすくなります。
    大切な成分なので、体内でもつくられ、何度も再利用されているのです。


    中性脂肪はエネルギー源として重要です。
    運動するとき最初にエネルギーとして使われるのは糖質ですが、糖質が不足すると中性脂肪が使われます。
    エネルギーとして使われなかった中性脂肪は皮下脂肪や内臓脂肪としてストックされます。
    これが過剰になると肥満やほかの病気を引き起こす原因となります。

  • 1日で必要なコレステロール

     

    増えすぎず、減りすぎずコントロールが必要。

  • コレステロール値が高くなると、こんな病気の危険が

  • 高脂血症

  • コレステロール、中性脂肪の数値が高くなると発症しやすい病気。
    動脈硬化などを起こす恐れも。

    高脂血症の診断基準は、
    LDLコレステロール(LDL-C) 140mg/dl以上  数が多いとだめ
    HDLコレステロール(HDL-C) 40mg/dl未満  数が少ないとだめ
    中性脂肪(TG) 150mg/dl以上  の時

  • 慢性腎臓病(CKD)は腎臓の働きがだんだん悪くなる病気で、
    日本では罹患者は1,330万人いるといわれ、新たな国民病として注目されています。

    出典 :最近注目されている、脂質異常症やコレステロールと関係が深い病気 | コレステロール甘くみない!!!
     

    家族性高コレステロール血症(FH)は、遺伝子の異常によってLDLコレステロール値が高くなり、
    若年より動脈硬化が起こりやすくなる病気です。
    この病気の人は、30代で狭心症や心筋梗塞を起こすリスクが高くなります。

  • 悪玉コレステロールは減らさず、善玉コレステロールは増やすには?

  • 「まごはやさしい」食事で、コレステロールをコントロールする

  • 「まごはやさしい」の食材で作った食事を食べることで、
    コレステロールを下げる効果や、メタボ、脂肪肝などの改善にもいいとされます。

  •   「ま」 豆類(豆腐、納豆、みそなど)
      「ご」 ごま
      「は」 わかめ(わかめ、昆布、ひじきなどの海藻類)
      「や」 野菜
      「さ」 魚
      「し」 しいたけ(きのこ類)
      「い」 いも類(じゃがいも、さつまいも、里芋、山芋など)
    出典 :「健康コラム」中性脂肪とコレストロール
     

    「まごはやさしい」食材を選べば、自然と栄養バランスの取れた献立に

  • 息子が作ってくれたディナー。結婚記念日のお祝い。「まごはやさしい」が全部入るようにメニュー作りがんばったらしい。自家製ゴーヤ入り。 http://t.co/NBR1p3pMqb
  • 半身浴もいいらしい

  • 動脈硬化を防ぐには、血液の循環を良くすることが大切です。
    血液循環をよくするには、ぬるめのお湯にじっくりと20分ほどお湯に浸かる半身浴も効果的です。

  • お風呂での注意

  • お湯に入ると熱エネルギーが皮膚から体内に伝わり、皮膚の毛細血管が拡げられ血流が増加します。
    その結果新陳代謝が活発になり、生活習慣病を予防してくれる働きが高まります。
    また、温かい血液が全身を巡り体も温まるので、さらに血管が広がるという好循環も生まれます。
    ただし、肩まで浸かる全身浴では血圧が上昇してしまい、心臓への負担が急激に増して逆効果です。
    出典 :今月の健康キーワード 悪玉コレステロール
     

    半身浴は、浴室を暖めてから行いましょう。