気持ちを落ち着かせる色~睡眠に適した色

色は、時として人の感情を左右するほど。睡眠に適した色とはどんな色でしょうか。

view4347

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 睡眠に適した色

  • 寝室の色によって睡眠の質が大きく左右されることが分かったそうだ。具体的にいうと青・緑・黄色といった色の寝室を使う人は睡眠時間が長く、紫を使った寝室だと睡眠時間が短くなる傾向にあるというのである。

    今回調査を行ったのは米ホテル経営企業のTravellodgeだ。調査対象となった家は2000件。内装や寝具の色など、寝室に使われる色と住人の生活習慣を調査したところ、寝室の色によって睡眠の長さが大きく異なることが判明したのだ。

    睡眠時間が最も長かったのは青色の寝室。続いて、黄、緑色の寝室も睡眠時間が長くなる傾向に。いずれも7時間台後半の睡眠時間だった。逆に睡眠時間が短かったのは灰色、茶、紫が使われている寝室である。この3色の寝室では、平均睡眠時間が約6時間と、上位の3色に比べて約1時間も短かったのだ。

    熟睡したい人が特に避けるべき色は紫だ。カラーセラピーの専門家によると、紫は「創造性や無意識の思考を刺激する」らしい。気持ちをリラックスさせることが難しいだけでなく、眠りについた後も鮮明な夢を見たり、悪夢を見ることも多い傾向にあるそうだ。その分、目覚めたときに十分に疲れがとれていないことも。
    出典 :寝室の色によって睡眠の質が大きく変わる! 熟睡できるのは青・黄・緑系の寝室であることが判明 | ロケットニュース24
  • 紫の寝室

     

    大好きな色であっても、快適な睡眠には向かない色もあるのです。

  • 寝室の色彩が、眠りに与える影響は決して小さくありません。ぐっすり寝るために、目にやさしくて安らぎを感じることができる色彩で寝室をコーディネートしてみましょう。


    寝室のカーテン、壁紙、ベッドカバーなどを、白、落ち着いたブルーやピンクやイエローなどのパステルカラーにすると良いでしょう。淡いピンクにはリラックス効果があるので、男性でも特に抵抗がなければシーツや枕カバーなど、寝具の一部に淡いピンクのものを使うと心地よい眠りが期待できます。

    blue.jpgベージュ、グリーン、ブラウン、グレーなどの目に刺激の少なく落ち着きのある色でコーディネートすることで眠りやすくなります。

    特に淡い落ち着いたブルーがおすすめです。人間は青い色の中では、血圧が下がり、呼吸が穏かになりリラックスモードに入ることがわかっています。逆に赤い光の中では、血圧が上がり、呼吸やまばたきの回数が増えて、いわゆる興奮状態となってしまいます。
    出典 :リラックスできる寝室の色彩
     

    血圧まで左右する、色の印象。
    好きな色=リラックスする色ではないんですね。

  • よい睡眠をとるための色。眠りたいのに眠れないそんなときに思い出したい色。睡眠に導いてくれる色は青。寒色系の青は感情に働きかけ興奮を抑え精神を安定させてくれる色です、不眠の原因は興奮して神経が高ぶっている状態の為の場合が多いです。青色で心を静めて緊張を和らげましょう。スカイブルーやホライズンブルーなどのパステル系の青で気持ちよくなれます。パジャマやベッドカバー、寝具、下着の色まで青色を取り入れて寝るぞって環境にしてみましょう。

    心を安心させるパステル系の青が眠りに心地よい色。

    眠るときにはやっぱり落ち着く色がいい。
    リラクセーション効果を求めるならブルー系の色が力を発揮してくれます。鎮静作用をもっている青はくつろぎを与えてくれます。
    出典 :よい睡眠をとるための色 | 色カラー
  • ブルー系統のお部屋

     

    リラックスできる色で寝室を整えてみてはいかがでしょうか。

  • 寝室の色が与える影響

  • 寝室の色は生活習慣に大きな影響を及ぼす。
    ちなみに今回の調査で、寝室の色は睡眠時間以外の生活習慣にも大きな影響を及ぼすことが分かった。たとえば、うす茶色が多く使われた寝室を使うカップルは夜の営みの頻度が平均して週3回だったのに対して、赤を多用した寝室だとその頻度は週1だったとのこと。

    その他、灰色の寝室の人はオンラインショッピングに費やす時間が最も長い、シルバー系の寝室を使う人の5人に1人は寝室で運動したくなるというような結果も明らかに。色が人の気分に与える影響は想像以上に大きいようだ。

    部屋の色は気分に大きな影響を与える、という今回の調査結果。特に寝室の色は、睡眠の質を左右する大きな要因になる。睡眠の質を高めたい人は、一度寝室のカラーコーディネートを見直してみるといいかもしれない。
    出典 :寝室の色によって睡眠の質が大きく変わる! 熟睡できるのは青・黄・緑系の寝室であることが判明 | ロケットニュース24
     

    色が与える影響って大きいのですね。

  • ベッドルームで落ち着けますか?寝室の壁紙やカーテン、インテリアは落ち着いた色合いですか?
    寝室の色彩が、眠りに与える影響は決して小さくありません。ぐっすり寝るために、目にやさしくて安らぎを感じることができる色彩が大切なのです。

    もし、寝室が刺激的な色やデザインで溢れていたら、精神が高ぶって眠るどころではなくなります。寝室のカーテン、壁紙、ベッドカバーなどを、ベージュ、ブラウン、白や、落ち着いたブルーやピンクやイエローなどのパステルカラーにしてみましょう。

    カラーによって疲れをいやしてくれたり、鎮静効果などを与えてくれますので、お気に入りを選んでカラー・コーディネートを楽しむと同時に安眠を手に入れましょう。

    植物の持つ自然の色彩はリラックス効果あり。
    季節の花を飾ったり、観葉植物を寝室に置くことは心をリラックスさせます。植物が持つ自然の色彩は人間の目にやさしいため、人は自然とそこに安らぎや癒しを感じ取ることができます。また、二酸化炭素を吸収して酸素を作り出すという植物の特性によって、寝室の空気が浄化されるという物理的な効果も期待できます。
    出典 :寝室のインテリアは癒し効果のあるカラーコーディネートを
     

    デザインも重要。

  • 寝起きに良い”太陽の光”

  • 植物の持つ自然の色彩はリラックス効果あり

    季節の花を飾ったり、観葉植物を寝室に置くことは心をリラックスさせます。植物が持つ自然の色彩は人間の目にやさしいため、人は自然とそこに安らぎや癒しを感じ取ることができます。また、二酸化炭素を吸収して酸素を作り出すという植物の特性によって、寝室の空気が浄化されるという物理的な効果も期待できます。

    心身をリラックスさせてくれる緑は、ベッドルームにおススメの色です。不安や焦りでイライラするときは、緑を見つめてみてください。きっと気分が穏やかになって、心に余裕が生まれるでしょう。緑は副交感神経に作用するので、高血圧による早朝覚醒や、過労による不眠症にも効果的です。緑色は花よりも、葉物を使うと良いでしょう。
    出典 :寝室のインテリアは癒し効果のあるカラーコーディネートを
     

    植物はすぐ取り入れられますね。

  • 朝、目が覚めた直後で、まだ頭がボーっとしているときに見たものは、人の潜在意識に強く影響するといわれています。また、「画像」は、文字の何倍もの情報を脳に伝えてくれるともいわれています。つまり、きれいな花、色彩の持つ効果はとても人に影響を与えるということなのです。寝室にたくさんの色彩をとりいれることは、なかなか難しいですよね。

    でも、花であれば、得たい効果の色彩をたくさん取り入れることができますよね。落ち着いたベッドルームのおしゃれな小物となってくれるのでぜひお花を寝室へ。

    心身をリラックスさせてくれる緑は、ベッドルームにおススメの色です。不安や焦りでイライラするときは、緑を見つめてみてください。きっと気分が穏やかになって、心に余裕が生まれるでしょう。緑は副交感神経に作用するので、高血圧による早朝覚醒や、過労による不眠症にも効果的です。緑色は花よりも、葉物を使うと良いでしょう。
    出典 :寝室のインテリアは癒し効果のあるカラーコーディネートを
     

    植物が、心もいやしてくれますね。

  • 気持ちよく目覚めたいなら、何より先に寝室のカーテンを開けて太陽の光を浴びましょう。陽が入らないという人は、少し眩しいと感じるくらいの明るい照明で代用を。光を浴びながらベッドの中で軽いストレッチをするだけで、ぐんと目覚めがよくなるはず。
     
    “光を浴びただけで目覚めがよくなるなんて信じられない!”という方もいらっしゃるかもしれませんが、気持ちのいい朝を迎えるために太陽の光は不可欠です。
     
    人の体(脳)の中には時計のようにリズムを刻む生体時計が備わっています。これが、寝起きする時間を刻んでいる睡眠・覚醒リズムやホルモンのリズム、体温のリズムなどをコントロールしています。ただ、睡眠・覚醒リズムは24時間で回っている地球時間のように正確ではないうえ、個人差はあるものの、24時間より長い周期で動く傾向があります。それにも関わらず、1日24時間のリズムで生活できているのは、生体時計が太陽の光で調整されているからです。
     
    朝、しっかり太陽の光を浴びることによって眠気を起こすメラトニンというホルモンの分泌が止まり、生体時計がリセットされ、覚醒度が上がります。
    出典 :快適お目覚め術 » vol.1 気持ちのいい目覚めは、太陽の光から - 快眠[カラダ]:朝時間.jp
     

    寝起きの光は、体内時計のリセットに役立ちます。

  • 毎日深夜3~4時に寝ている人が、朝7時に太陽の光を浴びてもスッキリとは起きられません。それは、人には適正な睡眠時間が必要であり、生体時計がリセットできる時間にも限度があるからです。生体時計が、1日に調整できる誤差はせいぜい2時間。ですから、いくら太陽の光を浴びても、生活が不規則な人や、寝起きする時間がバラバラな人は、なかなかスッキリした目覚めを得ることはできないのです。
     
    太陽の光を浴びると同時に、なるべく規則正しい生活を送ること。そうすれば生体時計は規則正しい時間を刻み続け、目覚まし時計がなくても起きたい時間にスッキリと目覚められる体を作ることができます。
     
    睡眠・覚醒リズムとホルモンのリズム、体温のリズムは、互いに影響しながら動いているので、どれかが乱れれば、他も乱れがちになります。規則正しい生活を心がけ、グッスリ眠り、スッキリ目覚めることは、健康な体を保つためにもとても重要なのです。
    出典 :快適お目覚め術 » vol.1 気持ちのいい目覚めは、太陽の光から - 快眠[カラダ]:朝時間.jp