十分に眠っているはずなのに熟睡感がない【熟眠障害】

十分にねたのに、すっきりしないとか
もやもやするなんて事はありませんか?
まとめてみました

view428

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 熟眠障害とは

  • 寝つきは悪くは無く普通なのですが、眠りが浅く熟睡ができません。熟睡できませんから目覚めも悪く疲れが取れにくい。
    出典 :熟眠障害は眠りが浅い不眠症
  • 熟眠障害は周囲に理解されづらい症状です。「8時間も寝てるんだから大丈夫でしょ?」などと言われてしまうことも少なくないと思います。私自身、同じようなことを言われたときに何も言い返せなかったという経験があります。
    出典 :充分に眠っているはずなのに熟睡感がない(熟眠障害) | 原因と対策
  • 原因は?

  •  

    レム睡眠とノンレム睡眠を理解することで、睡眠を改善する方法が具体的にどのような仕組みでその効果を発揮するのかということや、現在抱えている問題の原因はどのような点にあるのかということを理解することができます。

  • 加齢とともに睡眠ホルモンのメラトニンの分泌が悪くなり睡眠力が落ちてくる。

    高齢者になると生活にメリハリがなくなり、睡眠をとる必要性が少なくなり、睡眠力が落ちる。

    睡眠1~2時間前の食事や夜食

    多量のアルコールや寝酒

    55歳以下では15分以上の昼寝や会社から帰宅直後や夕食後の軽い睡眠。55歳以上では30分以上の昼寝や夕方の睡眠

    騒音などの生活環境や寝具などの影響
    出典 :熟眠障害は眠りが浅い不眠症
  •  

    やはり、どの病気や睡眠関係をみても
    アルコールが原因の事が多数ですね

    アルコールは適度にしないといけないようです

  • 改善するには?

  • 体内時計がきちっとリセットできるように毎朝、同じ時間に起き、朝日を浴び、朝食は炭水化物とタンパク質でかならずとるようにする。夜の睡眠に影響するような昼寝や夕方、食後、帰宅後、入浴前の軽い睡眠はとらない。アルコールは少な目にし、寝酒は飲まない。コーヒーなどのカフェインも少な目にし、夕食は睡眠3時間前に済まし、夜食はとらない。入浴は38~40度程度の温めのお湯にゆったり入り、寝る前30分以内はPCやTVは見ない。寝具が合わない場合も熟眠障害の原因になることがあるので枕や布団を見直す。
    出典 :熟眠障害は眠りが浅い不眠症
  • 睡眠は体を休める浅い眠りでこの時、夢を見ているといわれる『レム睡眠』と脳を休める『ノンレム睡眠』が90分周期で繰り返す。眠り始めのの3時間、ストンと深い眠りに落ちる。朝が近づくにしたがい眠りは浅くなり目覚める。このリズムできちんと寝られれば、快適な睡眠になり、それには体内時計のリセットが重要です。
    出典 :熟眠障害は眠りが浅い不眠症
  • 朝のセロトニン分泌量を増やす

  • セロトニンは精神の安定にかかわる物質として知られていますが、朝になると脳の覚醒をうながすという働きも持っています。寝ている間はほとんど分泌されず、通常は目覚めの時間が近づくにつれて分泌量が増えていきます。

    しかし、セロトニンの量が朝になっても増えていかないと、目覚めたときのスッキリ感が得られなくなります。朝起きたときに強烈なだるさを感じる場合は、セロトニン不足が一番の原因と考えられます。
    出典 :充分に眠っているはずなのに熟睡感がない(熟眠障害) | 原因と対策
  • ロングスリーパーで悩んでいる人は

  • 理想は9時間。仕事をしているウイークデーはそうもいかないですが、最低でも7時間は睡眠をとらないと肉体的にも精神的にもつらいです。
    6時間なんてありえない。そういう日は朝からフラフラです。
    休日に目覚ましをかけないで寝ると、10時間11時間は平気で寝てしまいます。
    ただ、最近は途中でトイレに行きたくなって目が覚めてしまうのが惜しいですが…歳のせいですかね(苦笑)
    出典 :ロングスリーパーの方・・・いらっしゃいますか? : 心や体の悩み : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
     

    改善すると変わる事もありますよ

  • 熟眠障害を改善して楽しく生活しましょうね!
    全然ちがいますよ