意外と怖い!妊娠中毒症の症状は要チェック!

今は妊娠高血圧症候群と呼ばれている妊娠中毒症。あなただけではなく、赤ちゃんにまで危険が及ぶ、怖い病気です。

view257

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • それ、妊娠中毒症の症状かも?

  • 起きてみると全身が浮腫んでいたのです。特に顔は自分で見ても別人のよう。脱いだ靴下の痕が2時間経ってもそのまま残っていました。
    出典 :コワイコワイ妊娠中毒症のおはなし。
     

    むくみや頭痛、手指のしびれなどが症状として出てきます。たんぱく尿や高血圧は自分では分からないため、何か普段と違う症状が出たら、健診まで待たずにすぐ相談しましょう!

  • 自分は大丈夫、と思わないで…

  • 妊娠高血圧症候群の発症は妊娠しているママの20人に1人の割合とされています。妊娠32週以降に発症する事が多いとされていますが、32週未満に発症した場合は重症になりやすいので、注意が必要です
    出典 :妊娠高血圧症候群の症状・予防・治療-赤ちゃんの部屋
     

    決して珍しいことではありません。おかしいな、と思ったらまずお医者さんに聞いてみましょう!

  • あなたは大丈夫?当てはまったら気をつけて。

  • 妊娠高血圧症候群になりやすい人は次のような人です。
    ・高血圧・糖尿病・腎臓の病気がある人
    ・高齢(35歳以上)初産の人
    ・多胎(双子や三つ子)の人
    ・肥満の人や妊娠中に体重を増やしすぎた人 
    ・ハードワークやストレスが多い人
    ・過去に妊娠高血圧症候群になったことがある人
    出典 :妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の症状・原因・予防法 [婦人病・女性の病気] All About
  • もしもなってしまったら、どうすればいい?

  • 安静と食事療法が原則となります。なるべく横になるようにし、食事療法では減塩、高たんぱく、低カロリーの献立を心がけるとともに、脂肪は植物性を中心とし、糖分も減らします。軽症では、このような治療で治ることが多いのですが、家庭で安静にすることがむずかしい場合や、重症の場合では、入院が必要となります。
    出典 :妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症) とは - コトバンク
  • 症状が悪化すると、出産まで入院ということも

  • 重症の場合は、分娩の時期は母体の状態と胎児の成熟度を検査して決めます。母体の状態が悪い場合や、胎児の発育が悪く危険が迫っているようなときには、早めに分娩を終了させる必要があり、陣痛を誘発(ゆうはつ)したり、帝王切開(ていおうせっかい)を行なうことも少なくありません。
    出典 :妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症) とは - コトバンク
  • 妊娠中毒症だけでは終わらない。危機管理をしっかりと!

  • 中毒症自体も問題ですが、もっと恐ろしいのは中毒症が引き金となって発生する様々なトラブルです。時には母子ともに生命を脅かすような深刻な事態も起こります。本人に自覚症状がほとんどないために、発見が遅れて大変なことになるケースもあるようです。
    出典 :コワイコワイ妊娠中毒症のおはなし。
     

    大変なことにならないよう、診察や検査はしっかり受けましょう!