腰が痛いという症状は病気です、甘く見てはいけません

ずっと同じ姿勢を続けている人などは、腰痛になり易いです。ライン作業しかり、デスクワークしかり。
軽いストレッチ運動等、身体をほぐすことは重要です。

view619

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 腰痛になり易い人とは

  • ライン製造の人

     

    同じ姿勢を続けて長時間仕事をするため、
    筋肉が疲労し、椎間板にも負担がきてしまう。
    結果腰痛になってしまう。

  • タクシードライバー

     

    座り続けの姿勢も良くないのです。
    やはり椎間板を痛め、腰痛になります。
    ドライバーさんには多いのです。

  • 主婦

     

    実は同じ姿勢が少なそうに見えて、
    料理やら洗濯物たたみやらで、前傾姿勢を取りがちです。
    だんだん疲労が蓄積されて腰痛になることも。

  • デスクワーク

     

    パソコンや書類処理など、
    ずっと椅子に座り続けでは、
    腰の筋肉が疲れて椎間板にきて
    腰痛を起こします。
    1時間に1回ストレッチ運動がいいかも。

  • 大荷物

     

    大荷物を持つときは、
    しっかりしゃがんでから持ちましょう。
    腰だけU字型に曲げて持ち上げると、
    一瞬でギックリ腰になりますよ。

  • 腰痛の種類

  • ぎっくり腰

    ぎっくり腰は『急性腰痛』『椎間捻挫』とも呼ばれ、いきなりグキっという衝撃と共に、腰が強烈な激痛に襲われるものです。ぎっくり腰はどうしたら起きるということがありません。原因は様々で、ぎっくり腰になる人の数だけ原因があると考えた方がいいでしょう。 腰椎が瞬間的にずれてしまい、腰の筋肉が負荷に耐え切れずに炎症を起こしてしまう腰痛です。
    出典 :【ぎっくり腰】 - 急性の腰痛、痛みの原因について
     

    検査をしても何も出てこないそうです。
    様々な原因が考えられますが、今までの慢性的な筋肉疲労に、
    一時的な負荷がかかって起こるとも言われています。
    また、骨格の歪みから来るとも言われています。

  • 椎間板ヘルニア

    ぎっくり腰が症状名に対し、椎間板ヘルニアは病名です。立派な病気ということです。腰痛の痛みと共に、神経が圧迫されることによる痺れも同時に起こります。腰痛と椎間板ヘルニアは同じ腰の痛みでも、そのメカニズムが根本的に違います。椎間板ヘルニアは腰痛と違い、腰椎椎間板が突き出ていて、脊髄中枢神経や末梢神経が圧迫されている状態です。
    出典 :【椎間板ヘルニア】 - 椎間板が原因の腰痛
  • 腰部脊柱管狭窄症

    脊柱管は背骨にある脊髄中枢神経の通り道のことを言います。背骨が正常な形をしていればなんの問題もありませんが、背骨が歪んでいると、その場所は狭くなってしまい、神経を圧迫して腰痛や痺れを引き起こします。この状態が、脊柱管狭窄症と呼ばれるものです。
    出典 :【腰部脊柱管狭窄症】 - 保存療法や種類と症状
  • 腰椎分離症・すべり症

    腰椎分離症や脊椎すべり症は、年配者に多い腰椎疾患です。病気の原理は椎間捻挫とほとんど同じで、外的な主な原因は腰椎がずれる(すべる)ことで痛みが発症します。ぎっくり腰と大きく違うのは、滑ってずれた腰椎が元に戻らずに、ずれっぱなしということです。これが、腰椎分離症とすべり症の大きな特徴と言えるでしょう。
    出典 :【腰椎分離症・すべり症】 - 症状の違いや特徴
  • 変形性腰椎症

    腰椎分裂症やすべり症と同様、高齢者に多く見られるのがこの変形性腰椎症です。腰椎症とも呼ばれていますが、聞きなれない人も多くいるかもしれませんね。それは、腰が痛くても、年齢のせいだと諦めている人が多いからではないでしょうか。
    出典 :【変形性腰椎症】 - 病状からくる原因や症状について
  • 骨粗鬆症

    骨粗鬆症はよく知られている名前ですが、骨粗鬆症でも腰痛につながってしまいます。骨粗鬆症は、骨の密度が少なくなってしまう病気で、女性に多く見られます。年齢的には50代頃から徐々に骨密度が少なくなってきます。骨粗鬆症になると、腰痛や背中の痛みを感じるようになり、慢性化してしまう場合もあります。
    出典 :しっかり治す腰痛
  • 腰痛対策は?

  • 湿布

     

    急な痛みのときには冷湿布、
    肩こり・腰痛など慢性的な痛みには温湿布を使いましょう。

  • 腰痛体操や仕事場でのストレッチ

     

    膝を曲げて寝て上半身を起こし、5秒保ちます。
    ゆっくり戻してまた寝た状態になります。
    これを10回やります。

    仕事場でも凝り固まった部分をゆっくり伸ばしたりしましょう。
    痛いほど伸ばす必要はありません。

  • 腰痛ベルト・コルセット

     

    腰痛ベルトは市販でも売られ、
    コルセットは医療用です。
    しかし、どちらも腰の筋肉をサポートするものであり、
    決して腰痛を治すものではないのです。
    ですからあまり頼り過ぎると、
    筋肉が弱ってしまうのでご注意を。

  • 東洋医学

  • 西洋医学で手術を勧められていた人が、
    漢方薬や鍼灸で治ったということもあります。

  • セカンドオピニオン

  • 内臓の異常に基づく腰痛もあるので、
    いつまでも痛みが改善されないなら、
    他の病院や東洋医学の病院に行くのもいいかもしれません。
    また、悪性腫瘍が見逃されていることもありますから、
    セカンドオピニオンを取るのは大切です。
    最近は当たり前になっているので、
    今の医師に紹介状を書いてもらって構わないのですが、
    言い出しにくいなら、紹介状無しでこっそり他へ行ってしまいましょう。
    そこで「前の病院の紹介状が無ければ診れない」とは
    最近はまず言われないだろうと思います。
    でも自分で解る範囲で説明してくださいね。
    何が気になっているのかを、はっきり伝えて下さい。