頭痛で始まる恐怖の病気?脳出血になったときに現れる主な症状について。

view1386

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳の血管が切れて神経細胞を侵す「脳出血」。その主な症状について、レポートさせていただきます。早期発見で後遺症などの出方が変わってくるので、頭の片隅にでも置いておいてください。

  • 脳出血とは?

  •  
     

    脳の血管が破裂すると起こる病気のことです。

  • 脳出血の主な症状としてよく挙げられるのが、「頭痛」です。

  •  
     

    それも、我慢できないくらいどうしようもない痛みが出るそうです。

  • また、ろれつが回らなくなったり、片方の手足が動かなくなったりします。

  •  
     

    自分が壊れていく感覚の恐怖は、並大抵のものではありません。

  •  
     

    別に酒を飲んで、とかではないです。脳の領域が侵されて、ろれつが回らなくなるのですね。

  • 出血した場所によって、現れる症状もまた変わってきます。

  •  
     

    部位が特定できるほど、現在の医療は進歩してきています。

  • ①被殻(ひかく)

  •  
     

    手術にほとんどのケースがなるみたいです。

  • ②視床(ししょう)

  •  
     

    しびれが残るのは、恐いですね。

  • ③小脳

  •  
     

    小脳は、体のバランスをコントロールしている部分ですね。

  • なんだか体がおかしいなと思ったら、すぐに病院に行きましょう。