夏の健康管理は、熱中症予防から。指標、指数からの注意事項まとめ。

夏の健康管理に欠かせないのは、熱中症予防と対策。暑さ指数、熱中症指標分布図などをチェックし、元気で猛暑を乗り切るための情報をまとめます。

view502

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 夏の健康被害と言えば、筆頭に上がるのが熱中症。

  • 「日射病」とは、少し違うのです。

  • 熱中症とは体内の水分や塩分のバランスが崩れ、また体温の調節機構が破綻するなどの原因で起こる病態です。
    熱中症はその病型により熱虚脱/熱疲弊、熱痙攣、熱射病に分けられます。熱虚脱/熱疲弊はいわゆる夏バテで脱水状態が続いた場合に起きます。熱痙攣は発汗により塩分が失われた時に水だけを補給するとNa濃度が低下して起きます。熱射病は40℃を超える高体温で、脳の体温調節中枢の機能が麻痺しておこります。
    熱射病がもっとも危険であり死亡することもまれではありません。熱中症は屋内でも起こりますが、特に直射日光下で生じた熱中症を日射病と呼んでおります。

    出典 :ドクターに聞く! 【熱中症・熱射病編】 ~熱中症・熱射病・日射病の違い/予防と対処法/~  健康美人を応援【ココミル】
  • もっとも注意しなくてはいけないことは何?

  • それはやっぱり、水分補給でしょう!

  • 効果的な水分補給の仕方を覚えましょう。

  • がぶ飲みすればいいというものではありません!

  • 飲むなら、1回200ml程度を何度かに分けて摂取すること。
    1日のサイクルとしては、朝目覚めたとき、午前10時と午後3時のおやつのとき、入浴前後、寝る前などにコップ1杯ずつの水を飲むこと。これ以外に1日3回の食事のときにも1杯ずつ飲めば、1日1,600ml程度の水分が補給できる。こまめな水分補給が健康のカギを握っているのだ。
    出典 :賢い水分補給のポイント|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
  • おすすめの飲み物は?

  • キーワードは、「カリウム」と「ナトリウム」です!

  • 汗をかくと、私たちの体からは水分だけでなく、ナトリウムやカリウムなどのイオンも失われ、イオンを過度に失うと、体内の環境を一定の状態に保つことができなくなるため、補給する必要があります。
    私たちの体液に近いイオンバランスを持ち、発汗で失われた水分とイオンがスムーズに補給できる飲みものが熱中症対策に効果的といえます。環境省は、熱中症対策のひとつとして、ナトリウムを100mlあたり40~80mg含んでいる飲料を推奨しております。
    出典 :熱中症の予防には、どのような飲み物が効果的ですか? お客様センター サントリー
  • おすすめは、やっぱりスポーツドリンク。
    ラベルの栄養成分をチェックして、カリウムとナトリウムの多いものを選びたいですね。

  • 「暑さ指数」って何?

  • 暑さ指数とは、労働や運動時の熱中症予防のための基準とされる指数のことです。

  • 暑さ指数を毎日チェックし、屋外での作業、運動などは、この指数に基づいて慎重に行いたいものです。

  • WBGT指標を知っていますか?

  • WBGTとは、湿球黒球温度と言います。
    人体に影響する湿度、輻射熱、気温の3つを取り入れて作った指標のことだそうです。

  • ところで、男性と女性では、
    どちらが熱中症になりやすいのでしょうか?

  • 男女比は、7:3というデータがあります。

  • ところが、実際は女性のほうが熱中症になりやすい危険があるのだとか!

  • 女性は体内の水分含有率が低いうえに、加齢とともに水分量が減少する(下グラフ)。その理由の一つは筋肉量の差にあるようだ。「女性は男性に比べて筋肉量が少ない。筋肉には毛細血管が集まっていて水分を蓄える働きがあるが、筋肉量が少ないと汗を生み出しにくくなってしまう。また、ダイエットやむくみを気にして水分の摂取を控えたり、利尿作用のあるダイエットサプリを服用している場合も水分不足に陥りやすいので要注意」(谷口教授)。
    出典 :女性は夏バテ・熱中症リスクが高い!? (日経ウーマンオンライン(日経ウーマン)) - Yahoo!ニュース
  • 女子の皆さん、夏場のダイエットは十分に気をつけて!
    夏は、しっかり栄養補給をしないと、命とりになりますよ。

  • 警戒し過ぎ、ということがないのが、熱中症なのです。

  • 熱中症警戒 体温超えるような猛烈な暑さ きょうも(13/08/14) - YouTube

  • くれぐれも、無理はしないことです。