すでに感染してるかも!?ノロウイルスの潜伏期間について

ノロウイルスは感染してすぐに発症するものではありません。潜伏期間がどれくらいなのか?自分が感染していないか?をチェックしましょう。

view4134

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ノロウイルスってどんなウイルス?

  • 昭和43年(1968年)に米国のオハイオ州ノーウォークという町の小学校で集団発生した急性胃腸炎の患者のふん便からウイルスが検出され、発見された土地の名前を冠してノーウォークウイルスと呼ばれました。
     昭和47年(1972年)に電子顕微鏡下でその形態が明らかにされ、このウイルスがウイルスの中でも小さく、球形をしていたことから「小型球形ウイルス」の一種と考えられました。その後、非細菌性急性胃腸炎の患者からノーウォークウイルスに似た小型球形ウイルスが次々と発見されたため、一時的にノーウォークウイルスあるいはノーウォーク様ウイルス、あるいはこれらを総称して「小型球形ウイルス」と呼称していました。
     ウイルスの遺伝子が詳しく調べられると、非細菌性急性胃腸炎をおこす「小型球形ウイルス」には2種類あり、そのほとんどは、いままでノーウォーク様ウイルスと呼ばれていたウイルスであることが判明し、平成14年(2002年)8月、国際ウイルス学会で正式に「ノロウイルス」と命名されました。もうひとつは「サポウイルス」と呼ぶことになりました。
     ノロウイルスは、表面をカップ状の窪みをもつ構造蛋白で覆われ、内部にプラス1本鎖RNAを遺伝子として持っています。ノロウイルスには多くの遺伝子の型があること、また、培養した細胞及び実験動物でウイルスを増やすことができないことから、ウイルスを分離して特定する事が困難です。特に食品中に含まれるウイルスを検出することが難しく、食中毒の原因究明や感染経路の特定を難しいものとしています。
    出典 :ノロウイルスに関するQ&A|厚生労働省
  • 食べ物に含まれているんですね~。
    ウイルスというのはただでさえ目に見えないものなのに、知らないうちに体の中に入れてしまう危険性も高いなんて怖すぎます。

  • ノロウイルスの特徴

  • ノロウイルスは乳幼児から高齢者に至る広い年齢層で急性胃腸炎を引き起こすウイルスです。この感染症は11月から3月の主に冬季に多発しますが、年間を通して患者はみられます。


    他のウイルスと比べ、ノロウイルス特有な特徴は以下のようになります。


    下痢だけではなく、嘔吐が多い→ノロウイルスは下痢だけではなく嘔吐を引き起こすことが特徴です。下痢であれば、ウイルスはトイレで流されるため広がりにくいのですが、嘔吐の場合、適切に処理・消毒をしないとウイルスが床に残ります。乾燥しホコリと共に空気中に舞い上がり感染が広がっていくこともあります。
    手指からの感染ばかり気にする方も多いですが、このような感染経路も気をつけてください。


    消毒薬に対する抵抗性が強い→ノロウイルスはエンベロープ(宿主細胞の膜)を持っておらず、アルコールや高温に対する抵抗性が強いことが特徴です。また、乾燥や酸にも強く、水中でも長時間生きていることができる非常に厄介なウイルスなのです。そのため、感染力があり、しばしば集団感染を引き起こしてしまうのです。


    一度かかっても何度も感染することがある→ノロウイルスには多数の遺伝子型が存在するため、同じ人が複数の違った型のウイルスに感染することがあります。さらに、感染が腸粘膜での局所感染なので免疫の持続時間が短いことも特徴です。
    よって、一度かかったからといって安心していると、再感染を起こすこともありますので、予防には気をつけましょう。
    出典 :ノロウイルスの常識 -潜伏期間、症状、予防法、治療法など-
  • ノロウイルスは、何度も感染する危険性がある

  • この事実は本当に怖い話ですよね。

  • ノロウイルスの潜伏期間

  • ノロウイルスの潜伏期間は、一般的に1日~2日程度です。

     潜伏期間とは、ウイルスが体内に侵入してからノロウイルス感染症の症状を発症するまでの期間のことですね。
    出典 :ノロウイルス3大症状【潜伏期間ナビ】
  • 感染後の潜伏期間は約20時間~48時間程度です。

    ※ノロウイルスの潜伏期間は20時間~48時間程度で感染したその日に症状を発症するケースもある

     稀に感染後半日程度と比較的早期に嘔吐や下痢などの症状を発症するケースもあります。

     嘔吐や下痢、そして発熱はノロウイルス感染による代表的な症状ですが、通常は2~3日程度で症状が徐々に回復し重症化するようなケースはほとんどありません。
    出典 :ノロウイルス3大症状【潜伏期間ナビ】
  • もし感染・発症してしまったら、前日~前々日に食べたものにノロウイルスが含まれていたと考えればいいんですね。

  • 二次感染を防ぐためにできること

  • ノロウイルスに感染したら、周囲の人に対する二次感染にも気をつけましょう。

  • 大人が感染した場合には、二次感染を防ぐのは比較的ラクだと思います。
    まず、トイレに行ったら必ず手洗いを慎重に。タオルは別にして下さい。

    トイレは終わったらハイター(100倍希釈)をまいて、10分ほど置き、流す。
    ドアの取っ手もハイターで拭いてください(その後、水拭き)。

    子供たちとダンナさんは接触をなるべく避ける。できれば、ダンナは別室に隔離。

    子供が感染した場合は、嘔吐をばら撒かれるので、一気に感染が広がりますが(うちは家族全滅しました。子供からだったので)、大人の場合は防げると思います。
    出典 :ノロウイルス二次感染予防どうすれば? - Yahoo!知恵袋