海猿作者が緊急入院!脳梗塞のサイン

海猿などで知られる漫画家の佐藤秀峰さんが、18日脳梗塞の疑いで緊急入院したことが明らかになりました。
非常に身近な脳梗塞という症状ですが、日常生活で早期発見に繋がるサインなどはあるのでしょうか?

  • yk01 更新日:2013/11/22

view512

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • この3つのサインが見えたら要注意!

  • (1)顔のゆがみ
    脳梗塞を起こすと、身体の半分に麻痺が起きる。そのため、麻痺している側の顔面がたるみ、顔がゆがんで見える。酔っ払った顔のゆがみを判断するのは難しいが、普段とは違う“些細な変化”を見落としてはいけない。
    出典 :<『みんなの家庭の医学』おさらいニュース>脳梗塞を見分ける3つのサイン|ニュース|オリコンCSランキング
     

    鏡でのセルフチェックはもちろん、身近な人の表情も注意して見てあげることが大事ですね。

  • (2)両手を上げているのに、片腕が上がらない
    例えば、水を飲もうとコップを持つ場合などに注目。本人は両手を上げているつもりでも、片腕のみがだらんと下がったままの状態だと、脳梗塞のサインかもしれない。
    出典 :<『みんなの家庭の医学』おさらいニュース>脳梗塞を見分ける3つのサイン|ニュース|オリコンCSランキング
     

    こちらも日常生活でよく見かける場面。両手に注目してみてください。

  • (3)口の動きの異変
    脳梗塞では口の筋肉が麻痺し、舌や喉の奥が麻痺することもあるという。呂律が回っていない話し方、飲もうとした水をうっかり口からこぼしてしまうという言動は、酔っているのではなく、脳梗塞によって口が麻痺している可能性もある。
    出典 :<『みんなの家庭の医学』おさらいニュース>脳梗塞を見分ける3つのサイン|ニュース|オリコンCSランキング
     

    会話や食事の際、注目したほうがいいですね。

  • こんなに多い脳梗塞になった有名人

  • 元巨人の監督である長嶋茂雄さん

     

    2004年3月、脳梗塞で入院しました。

  • テレビ東京アナウンサー 大橋美歩さん

     

    2013年1月脳梗塞と診断されたことを公表。
    34歳で発症した大橋さんの例を見ると
    高齢の方だけが発症するというイメージは捨てたほうがいいですね。

  • 前サッカー日本代表監督のイビチャ・オシムさん

     

    2007年11月入院。

  • こんな人がなりやすい

  • 大量飲酒・・・
    1日に1合を越えてお酒を飲む人には、脳卒中で死亡する人が多くなる。

    たばこ・・・
    1日平均40本のたばこを吸う人は、吸わない人に比べて4倍も脳卒中で死亡しやすい。

    運動不足・・・
    運動が不足すると、食事でとったエネルギーを消費しきれず、肥満につながるばかりか、糖尿病や脂質異常症、高血圧も引き起こす。

    肥満・・・
    脳卒中の危険因子である高血圧や糖尿病の原因になるため、間接的に脳卒中の危険因子となる。

    高血圧・・・
    血圧が上昇すると脳卒中にかかりやすくなったり、死亡する人が多くなったりする。

    脂質異常症・・・
    脳卒中のうち、脳梗塞になりやすい。

    糖尿病・・・
    糖尿病の人では、脳卒中で死亡する率が、正常な人の2~3倍になる。

    心臓病・・・
    (心房細動)
    心房細動(脈の乱れ)は、心臓の中にできた血のかたまりが血液の流れに乗っていき、脳の血管で詰まって、脳梗塞の原因となる。
    出典 :脳卒中の予防法は?|厚生労働省
     

    不規則な生活を続けていたり、他の病気を患っていたりするとリスクが高まるそうです。

  • 予防のため、日常生活で注意すること

  • まず食生活では、高血圧を防ぐために、減塩が大切
    出典 :脳梗塞の予防と治療 隠れ脳梗塞 T-PA 血栓溶解療法 無症候性脳梗塞 ワーファリン 脳出血 くも膜下出血 プラザキサ ダビガトラン エテキシラート
     

    1.減塩しょう油を使う

    2.天然のだしをいかす

    3.ハーブや香辛料で味付けする

    4.酢や柑橘類など、酸味を利用する

    5.味見をせずにいきなり調味料を使わない

    6.甘味が濃いと塩分も濃くなりがちなので、砂糖やみりんの量を控える

    そのためには、以上のことを意識してみましょう!

  • 動脈硬化の原因になる、コレステロールの管理も大切
    出典 :脳卒中の予防法は?|厚生労働省
     


    1.卵黄は1日1個程度に

    2.乳脂肪をとりすぎない

    3.即席麺やスナック類などを控える

    4.チョコレートなど、甘いものは控えめに

    5.肉(とくに脂身)を控える

    6.揚げ物や炒め物は、植物性の油で

    7.青背の魚を積極的にとる

    8.食物繊維を含む食品をとる

    食生活ではこちらも重要になってきます。

  • 運動も大切だし、お酒は適量以内にすることが大切
    出典 :脳卒中の予防法は?|厚生労働省
     

    お酒の適量(以下のうちいずれか)
    日本酒 1合(180ml)
    ウイスキー・ブランデー ダブル1杯(60ml)
    焼酎 ぐい飲み1杯(70ml)
    ビール 中ビン1本(500ml)
    ワイン グラス1.5~2杯(200ml)


    運動のおすすめはこちら
    一番簡単に始められて、長続きしやすいのはウォーキングや水泳だろうね。これは有酸素運動といって、脂肪を燃焼させる効果があるので、効果的なんだ。運動には、高血圧を改善する効果があるんだよ。