落ち着いて!!パニック障害は必ず克服できる病!!

パニック障害で悩んでる人も多いのではないでしょうか。
一生続くのではと不安になってる人も居るかと思いますがパニック障害は必ず克服できるのです!!
気になる情報をまとめてみました!!

view471

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそもパニック障害って何なの???

  • 誰でもパニックに陥ることはありますが、それなりの原因は必ずあります。
    健康な人が、思い当たる理由もなく、ある日突然パニックに陥り、 動悸、その他の症状はあるのに、検査をしても格別異常は見つからず、初めてこの発作を経験した人は、「このまま死んでしまうのではないか」 という恐怖感を抱くといわれる病気が「パニック障害」です。
    出典 :「パニック障害」ってどんな病気? | 富山県医師会
     

    誰にでも発症する可能性のある病気です!!

  • 色々な症状が現れます!!

  • どんな症状が現れるの??

  • パニック障害には「パニック発作」「予期不安」「広場恐怖」の3つの症状があります!!

  • パニック発作

    パニック発作はパニック障害の中心とナル症状で、強烈な不安や恐怖感を伴います。パニック発作は、電車に乗っている時や会議の途中、緊張感がとけてホッとした時などに、特に誘因なく急に動悸、発汗、呼吸困難、ふらつき、吐き気、冷感などの身体症状が出現し、それを何回も繰り返します。

    発作は、多くの場合、5~20分ぐらいでおさまり、身体的な検査では異常は見つかりません。発作の形は多様ですが、個人でみると一定の形をとることが多いようです。以前は、「心臓神経症」などと呼ばれていました。
    出典 :「パニック障害」ってどんな病気? | 富山県医師会
  • (2)予期不安

    予期不安とは、パニック発作を繰り返しているうちに、患者さんに「また、あの不安が襲ってくるかもしれない」という漠然とした不安が常につきまとうようになることです。パニック発作が改善しても、予期不安が残ることもあります。
    出典 :「パニック障害」ってどんな病気? | 富山県医師会
  • (3)広場恐怖

    広場恐怖とは繰り返しパニック発作を起こした患者さんが、以前に発作を起こした場所や、発作が起きた時にすぐに助けを得られいような場所を恐れることです。その結果、患者さんはこれたの場所や状況を避けるようになり、一人で外出できなくなったりするために、社会生活に支障が生じます。
    出典 :「パニック障害」ってどんな病気? | 富山県医師会
  • どのような治療法で克服できるのでしょうか???

  • 薬物療法

     

    パニック障害は治療しないと徐々に悪化していきます。そのめに、後述する薬物を使用して、完全にパニック発作をコントロールします。はじめてパニック発作が起こってから2~3ヵ月以内で、予期不安や広場恐怖がまだ強くなっていない時期にきちんと治療することが重要です。パニック発作の制御には薬物は極めて効果的です。使用する薬物は選択的セロトニン再取り込み阻害薬を中心とする抗うつ薬とベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

  • 認知行動療法

     

    薬物療法が第一選択ですが、それと組み合わせて認知行動療法を行うこともあります。患者さんが避けている状況に少しずつ挑戦してもらう療法で、エキスポージャーと言います。

  • 自分に合った治療法を見つけて病気を克服していきましょう!!

  • 沢山の芸能人もパニック障害を克服して元気に生活しています!!

  • 中川家の中川剛(お兄ちゃん)

     

    パニック障害を克服して元気に仕事をしています!!

  • 高木美保

     

    1998年11月、パニック障害の治療を兼ねて、栃木県那須塩原市に移住した。タレント活動を行いながら農業を営み、農業体験をまとめたエッセー集も執筆している。

  • 沢山の人が克服してる病です!!必ず克服できます!!