健康を管理したい人にオススメの本

健康管理にまつわる本で人気の高いもの15冊を集めて紹介します。

view223

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 健康診断でここまでわかる!―わたしにもできる生活習慣病撃退法

     

    健康診断の検査項目が何を調べたものなのか、結果がどのようなことを意味しているのかが分かるよう、イラストを使って分かりやすく解説。五大生活習慣病である脳卒中、心臓病、がん、肝臓病、糖尿病の危険度もチェックできる。

  • サバイバル時代の健康術 ~アーユルヴェーダで頭と体のバランスを整える

     

    「健康のためなら死んでもいい」。自らそう言い放つほどの健康オタク・高城剛が、長年の探求の末出会ったという、最高の健康術「アーユルヴェーダ」。
    体調が整い、脳がデフラグされ、アイデアが溢れだす……。数多くのヨーロピアンを虜にする、約3000年の歴史をもつ最古の秘術とは果たしてどんなものなのか?

  • 整腸力 --医者・薬いらずの体をつくる腸内改革--

     

    「主治医が見つかる診療所」(テレビ東京系)、「ためしてガッテン」(NHK)に著者出演で大反響!!
    腸内細菌研究の第一人者も実践して10kgやせて、10歳若返った!

  • なぜ、「食べる順番」が人をここまで健康にするのか: この食べ方で高血圧、糖尿病、高脂血症……にならない!

     

    ただ「食べる順番」を変えるだけで、血糖値も高血圧も、高脂質も改善する!みるみる自然にやせられる!
    糖尿病専門医が1000人を超える患者さんを指導するなかで実証した、画期的な方法――それが「食べる順番療法」です。

  • 健康の謎を解く―ストレス対処と健康保持のメカニズム

     

    健康はいかにして維持、回復、増進されるのか。それにかかわる要因とそのメカニズムと背景について新しく仮説的に示された、健康生成論。その中核概念であり、ストレス対処能力とも呼べるSOC(首尾一貫感覚)を論ずる。

  • 順天堂大学医学部附属順天堂醫院管理栄養士が考えたおいしい健康食レシピ

     

    年間30万人以上の健康を支える順天堂醫院の管理栄養士が考えた健康食を献立として紹介。病気別予防レシピなど他にはない情報満載!

  • 舌をみれば病気がわかる---中医学に基づく『舌診』で毎日できる健康セルフチェック

     

    中医学では「舌は内臓を映し出す鏡」と言われ、舌の観察は診断に大変重視されている。この舌診の考えを毎日の健康セルフチェックに活用できるよう舌のイラスト付きで平易に解説した健康本。

  • 糖尿病は栄養をとれば健康に戻る

     

    糖尿病は「食べ過ぎ」が原因ではありません。「栄養不足」が起因した「不足病」なのです。薬がいらなくなる、血糖ダイエットでスリムで、健康になる。

  • 命を脅かす!! 「健康診断」の恐怖

     

    会社の定期健康診断に加え、さまざまな健診・検診システムが用意されている日本。しかし、定期的に「病気でもない人間が病院に行く」という行為は、世界を見渡しても日本独特の“奇習”だということをご存知だろうか。本書では、健康診断および検診の問題点を医師らへの取材で詳らかにした。医療被ばく、誤診、基準値を少しでも超えれば「異常」と診断される理由…。健診には「受けるリスク」と「病院の事情」が確実に存在する。

  • 体が若くなる技術

     

    私たちはいつか老いと闘わなければいけない――そう感じている人は多いと思います。 しかし、それは大きな間違いです。 なぜなら、私たちは生まれつき「若くなるようにできている」からです。 正確にいうと、生まれてから死ぬまで、「若くなるための機能」を持って生活しているのです。

  • 健康は「内臓さん」で決まる

     

    「臓器の時間」の流れを変えるだけで、若さはいつまでもキープできる。メタボ研究の最前線で活躍する「内臓先生」が探究の末にたどりついた結論。長寿にも、美容にも、ダイエットにも効果アリ。

  • 超一流の人の「健康」の極意

     

    大ベストセラー『なぜ、「これ」は健康にいいのか?』の著者が満を持して全国民へ贈る一家に一冊必携の全く新しい健康指南書!

  • 健康チェック手帳―毎日つけよう!血圧と体重

     

    記録をつけよう! きょうから始めよう!
    「血圧をコントロールしたい」、「メタボを克服したい」と決意したあなたにおすすめ。見開き1週間単位のA5サイズ手帳に、371日分の血圧や体重を記録できます。大きな文字で書き込みやすく、今度こそ長続きできそう!

  • いのちの体操 ~ 「きくち体操」奇跡の実例

     

    川嶋朗先生(東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニック所長)が大推薦する「きくち体操」の奥義がいま明かされる! 重病や難病、病院に行っても悪いところが見つからない全身の不調を抱えて教室に飛び込んできた人たちに起きた、奇跡的なからだ復活ストーリーを、「きくち体操」創始者・菊池和子さんが紹介していきます。

  • なぜ、「これ」は健康にいいのか?

     

    誰もが、病気になんかなりたくない、
    そう思いながら生きています。

    でも実際には、病気になりやすい人となりにくい人がいます。

    「この違いをどうしても突きとめたい」
    20年以上にわたり、そう願い、問いつづけた一人の医師がいるのを
    ご存じでしょうか。