思わず目が行く★ぷるぷるふっくら唇の作り方

きれいに潤った唇って魅力的ですよね。冬は乾燥しがちですが、ちょっと気をつけるだけできれいな唇はつくれます。

view1514

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • プルプル唇といえば石原さとみ

  •  

    最近話題の魅力的な唇№1女優といえば石原さとみさん。
    彼女のような唇にあこがれる人は多いのでは?

  • まずは唇の荒れを改善しよう

  •  

    ついついやってしまう癖などが、唇の荒れにつながっていることもあります。
    メイクの前に、まずは皮向けなど荒れのない唇をつくりましょう

  • 唇が荒れている方の傾向を7項目あげてみました。

    1.頻繁に唇を舐めている
    2.PM2.5や花粉などのアレルギーで悪化している
    3.生活と食事が不規則のため唇が悪化している
    4.歯磨きは寝る前にすることが多く、口をすすいだら放置
    5.ポイントメイク落としの時に唇を洗っていない
    6.口紅や薬用リップが合わない
    7.薬用リップを1年以上使っている
    出典 :季節の変わり目に唇が荒れる原因7つ [美ログ] スキンケア大学
     

    当てはまるものはありましたか?

  • しかし、唇をなめる癖が乾燥に結びつく原因というのは何でしょうか?

    そのことに疑問を抱く人が多いかと思いますが、唇というのは薄い油膜があり、それがありとあらゆる刺激から守ってくれる働きをしてくれます。

    ですので、油膜が多ければ多いほど空気が乾燥していこうと潤いを保っていられるのです。

    しかし、唇をなめると油膜がなくなってしまい、乾燥してガサガサな状態になってしまうんですね



    出典 :唇をなめる癖が乾燥に?
     

    ついついやってしまいがちですが、まずはなめないように気を付けていきましょう

  • ★そのほかにもち、口呼吸ではなく鼻呼吸をするようにすることなども、ちょっとしたことですが唇ケアにつながります。

  • なるべく唇の保湿を心がけましょう

  •  

    荒れが改善されたら、積極的に唇の保湿に努めましょう。
    ワセリン、はちみつなどが代表的です

  • ラップで唇をパックする

    ワセリンをたっぷり唇に塗ったあと、唇全体にラップを張ります。
    (呼吸できるように真ん中辺りに切れ目を入れておきます。)

    そのあと、蒸しタオルで5分ほど蒸らします。
    ※ 清潔な手で行なってください。

    出典 :唇の荒れが治らない方へ|唇の乾燥に効果的な保湿ケアと習慣
  • まず、唇にはちみつをつけ、その上からフィルムで覆い、10分ぐらい放置するだけです。

    はちみつを使った唇パックでケアをすると保湿がされ、ビタミンB群やナイアシンが含まれているので肌荒れを整えてくれるのです。
    はちみつを使った唇パックでケアをしていけば、荒れてしまった唇もすぐに治っていきますし、ふくらみのある唇を手に入れられます。
    出典 :はちみつを使った唇パックでケア
     

    思わずなめてしまわないように注意

  • 空気が乾燥する季節です。唇がカサカサと荒れてしまって...という悩みを抱えている方もいるのでは。より早く治すのには、いきなりリップクリームなどを塗る前に、まずは荒れてしまった唇の皮膚を取り除くのが効果的なのだそう。その際に使えるのが「歯ブラシ」です。

    まず、リップクリームやヴァセリンを唇に塗りこみます。それから歯ブラシを当て、唇をこするように約2分間動かします。荒れてしまった皮膚を取り除いた後で、あらためてクリームなどを使って保湿をするのです。
    出典 :荒れた唇のケア方法:保湿の前に歯ブラシで磨く : ライフハッカー[日本版]
     

    こんな方法もありますが、やるのならばやわらかいブラシでやさしくやりましょう

  • ぷっくりメイクで魅力的な唇を手に入れよう

  • ポイントを押さえて丁寧に塗ることで、印象は変わります!

     

    ポイントはきちんと筆をつかって輪郭を描くこと。
    色は薄い色と濃いめの色の2色使い。

    唇のくすんでいる場所、口角の部分にできる影など、
    要所でコンシーラーを使うって明るく見せるのがポイントです

  • ■リップラインで若々しい口元を演出
    25歳を過ぎたらグロスオンリーはNGと心得て。年齢とともにリップラインがぼやけてくるので、しっかりとリップラインをとるのが重要。また、グロスの薄い発色だけだと顔全体が寂しい印象になってしまうので、きちんと口紅を使うのもポイントです。

    まずは、リップペンシルで上唇の山型になった部分と下唇の中央のラインを引き、次に口角のラインを外側から内側に向けて引きます。唇の色がくすんでいる場合は、リップラインを引く前にコンシーラーを塗っておきましょう。

    唇のしぼみが気になる人は、唇の中央の上下にコンシーラーを塗ってみましょう。ハイライト効果で唇の中央がぷっくりと膨らんで見え、ボリューミーな唇を演出できますよ。
    出典 :思わず触れたくなる、究極のプルプルふっくらリップメイク(ウーマンエキサイト) - エキサイトニュース
  • 次にリップラインの内側を口紅で塗りつぶします。唇の中央から外側に向けて塗っていきましょう。色は肌に馴染んで健康的な印象のコーラルピンクやベージュピンクがオススメ。

    口紅を塗った上に透明か薄いピンクのグロスを重ねましょう。輪郭部分にのせるとギトギトした印象になるので、唇の内側に塗るのがコツ。全体に塗ったあと唇の中央部分にだけもう一度重ねると、ふっくらキュートな印象に。
    出典 :思わず触れたくなる、究極のプルプルふっくらリップメイク(ウーマンエキサイト) - エキサイトニュース