【バスタイム】はシャワーより【湯船】につかる!美容系職業女子の為になるお風呂活用術やいかに・・・

美容系の職業に従事している女性の方の9割が【湯船】につかり【バスタイム】を過ごすいう統計結果がある。
職業に関わらず夏はともかく、冬には【湯船】につかり身体を温めて寝ることが美容にも健康にも良いのではないか。
特に女性の冷え性に対しては【湯船】にゆっくりとつかり体を芯から温めることがとても重要!

view522

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 【バスタイム】・・・シャワーだけじゃダメな理由

  • 毎日忙しい生活を送る女性の方は、シャワー浴だけで済ませてしまう人も多いのではないでしょうか。実は、シャワー浴を続けていると、お肌は汚れ、低体温の原因にもなると言われています。
    入浴には、体の汚れを落とすだけでなく、体を芯から温め、老廃物を出すという、シャワーでは補えない大切な効果があります。
    出典 :シャワーだけじゃダメ!老廃物を出して体質を改善する入浴法 - M3Q - 女性のためのキュレーションメディア
     

    シャワーだけだとかえって体を冷してしまい健康面でもよくないようです。
    女性は特にシャワーだけではだめですね!

  • 夏はシャワーだけで十分?ではありません

     

    湯船につかるとリラックス効果があり、心身ともにリフレッシュさせることができ、夜の快眠に繋がります。
    例え夏の暑い時期でも、夜はぬるめのお湯にゆったり使って1日の疲れを摂ることを習慣づけましょう。
    夏バテ防止にもなる等、きっと良い結果に繋がりますよ!!

  • お風呂の効用・・・温熱効果

  •  

    お湯の温度によって作用が違うようです。
    自分に合った温度は何度?

  • 身体が温まって血行が良くなることは広く知られていますが、お湯の温度によって、自律神経にも作用します。
    ・熱めのお湯(目安42℃以上)……交感神経を刺激し、心身を活動的にする
    ・ぬるめのお湯(目安39℃以下)……副交感神経を刺激し、心身を落ち着かせる
    夜、寝る直前に熱めのお湯に入ってしまうと、興奮して寝付かれないこともあるので気をつけましょう。一日の始まりに入浴するなら熱めで短時間、お風呂で一日の疲れをとりたいときはぬるめでゆっくりなど、使い分けることをおすすめします
    出典 :3つの健康効果!快適冬のお風呂活用術 [疲労回復法] All About
  • お風呂の効用・・・浮力効果

  • 温泉に首まで浸かると、体重は約十分の一になり、体を自由に動かせるようになります。体が軽くなった感覚により筋肉が緩み、脳波が「α波」のりラックスした状態になりやすいようです。また、体の各部分を早く動かすと、水の抵抗力が加わり筋力の強化になります。これを利用して筋力の弱った人や運動機能の低下した人のりハビリテーションにも利用されます。
    温熱効果と水圧効果により、「ナトリウム利尿ホルモン」が刺激され、利尿効果が高まります。これが老廃物の排泄につながりますし、痛風などの防止にもなります。
    出典 :妙高高原赤倉温泉 赤倉ホテル - [健康法編]効果的な温泉入浴法と健康法
  • お風呂の効用・・・水圧効果

  • 体表面にかかる静水圧により全身に圧力がかかり、内臓が刺激され、内臓運動となります。つまり、天然マッサージの状態です。
    脚には全血液量の約三分の一が集まり、この血液が心臓に送り返されるため「脚は第二の心臓」と言われることがあります。この脚の血液は、陸上では、重力が邪魔をして血液が心臓まで上がりにくくなります。ところが、入浴すると、水圧で血管が細くなり、血液が心臓に向かって押し上げられます(ポンプアップ効果)。その結果、下肢の静脈の流れが良くなり、血液やりンパ液の循環も活発になつていくのです。なお、全身浴ではこの水圧により心臓への負担が大きいのですが、半身浴や足浴では静水圧が減少するので、心臓への負担が少なくなります。お湯に肩までつかった時、体の表面積全体では、なんと500kgから1トンもの水圧がかかる計算になるのです。
    出典 :妙高高原赤倉温泉 赤倉ホテル - [健康法編]効果的な温泉入浴法と健康法
  • 湯船につかるとダイエット効果が期待できるの?

  • 入浴剤を効果的に使おう!!