妊娠から出産までにかかる費用ともらえる助成金まとめ

妊娠から出産までにかかる費用と自治体からもらえる助成金についてまとめました。出産までに用意しておけばいい金額がわからない人はこちらを参考にしてください。

view617

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠から出産までにかかる費用

  • 妊娠がわかってから出産までは、
    母子手帳をもらうまでの通院が2~3回、
    妊婦検診が14回前後通います。
    出典 :妊娠~出産までにかかる費用 - Yahoo!知恵袋
  • ご存じだと思いますが妊娠には健康保険証が使えません
    基本的に自費だと思ってください
    出典 :子供の出産費用って妊娠発覚から出産までいくらかかるの? - Yahoo!知恵袋
  • 出産するまでに検診する回数は14回が望ましいという国の方針があります。妊娠判明時期や妊娠の経過にもよりますが、出産までに検診をした回数は平均11回程度になっています。検診にかかる費用は、1回あたり3,000~5,000円程
    出典 :妊娠から出産までの費用-赤ちゃんの部屋
  • 妊娠初期は4週間に1回、中期は2週間に1回、後期は1週間に1回、病院に行き健診を受けます。初回は初診料(※)がかかります。病院によって内容や金額に多少違いがありますが、それほど大きな差はないよう。このほか、血液検査(1~2回)に別途費用がかかります。
    出典 :妊娠~出産前までにかかるお金|お金編|プレママタウン
  • 出産費用は大きな出費。個人病院か総合病院か、私立か公立か、個室か大部屋か、さらに分娩方法(自然分娩、帝王切開、無痛分娩…)などによっても異なりますが、相場は自然分娩でだいたい30万~70万円ぐらい、平均45万~50万円ほど。医学的な必要性から帝王切開で出産した場合は健康保険が適用され、医療費の負担が3割になりますが、正常分娩では全額が自己負担となります。
    出典 :妊娠前に知っておきたい 出産のお金のこと|ゼクシィnet
  • 妊娠・出産にかかる費用例

  • とある病院のコスト表を紹介しますね。
    大阪市内の人気のある個人病院です。

    ----------------------------------
    ~36週まで 3,650円×9回=32,850円
    初期血液検査      約8,000円
    中期血液検査      約1,400円
    後期血液検査      約5,000円
    クラミジア・膣分泌物培養検査 4,650円
    心電図検査        3,600円
    (各検査費用は母子手帳の受診票使用時価格
     検診費を含む)
    -------------------------------------
    ~40週まで 3,500円×4回=14,000円
    (ノンストレステスト+超音波検査+検診費を含む)
    -------------------------------------
    40週以降         2,000円
    -------------------------------------
    分娩費用 初産婦   約420,000円
     *自然分娩・入院5日として
     *時間外休日加算のない病院です。
     *全個室・バストイレウォシュレット付
     *エステ付
    -------------------------------------
    合計:489,500円
    出典 :妊娠から出産までの費用について - 妊娠 - 教えて!goo
     

    約50万円。
    一朝一夕でそろえられる金額ではありませんから、妊娠前からコツコツ貯金しておいた方がよさそうですね。

  • 出産準備品にかかる費用

  • マタニティ用品(数千円~数万円まで)
    ・マタニティ用の下着
    ・マタニティウェア
    ・帽子・くつなど

    育児用品(数千円~数万円まで)
    ・肌着
    ・おくるみ
    ・オムツカバー
    ・ほ乳瓶と、その洗浄用具や洗浄剤
    ・おしゃぶり
    ・抱っこひも
    ・ベビーベッド
    ・ベビーバス、沐浴剤
    ・粉ミルク
    ・紙オムツ
    ・ベビーカー
    ・デジタルカメラやビデオカメラ
    ・チャイルドシート
    出典 :妊娠・出産でかかる費用はどのくらい? - 子どものお金Q&A - 子どもの教育費&家族のお金 by ソニー生命 - ベネッセウィメンズパーク
     

    リサイクルショップやレンタルを上手に活用すればかなり抑えることができるようです。

  • 他にも、母親学級が無料でない病院もあるようですので、こういう病院ごとに違うシステムについては事前に調べて行った方がいいでしょう。

  • 妊娠・出産時に自治体からもらえる助成金

  • 妊婦健診の助成券

  • これは誰でも貰えますが
    地方自治体によって補助の金額が違うのです
    なので妊婦検診14回ほぼ無料になる人と、
    毎回2000円から3000円位(多いところだと5,000円とかあるそうです)自己負担する事になります

    なおかつこの妊婦補助券は母子手帳とともに渡されるので、
    渡された時期の個人差があります
    出典 :子供の出産費用って妊娠発覚から出産までいくらかかるの? - Yahoo!知恵袋
  • 出産育児一時金

  • 健康保険か国民健康保険に加入していて、妊娠4カ月(85日)以上経過した人なら誰でももらえます。これまで35万円が一般的でしたが、2009年1月より産科医療補償制度(脳性まひの子が生まれた場合、妊産婦に補償金を支払う制度)が導入されることで、掛け金である3万円程度が分娩費用に加算されることが予想されるため、38万円に引き上げられることになりました。
    出典 :妊娠前に知っておきたい 出産のお金のこと|ゼクシィnet
  • 社会健康保険もしくは国民健康保険に入っていると、出産一時金として42万円(産科医療補償制度の保険金3万円含む)が支払われます。
    産科医療補償制度(※)に加入していない産院で出産した場合は38万円です。

    ※分娩に関して発症した重度脳性まひの赤ちゃんとその家族に経済的補償を速やかに提供し、紛争の防止・早期解決を目的とした補償制度
    この制度に加入している分娩機関で加入でき、保険の掛け金は出産一時金として加算されるため、加入による自己負担はありません
    出典 :妊娠~出産までにかかる費用 - Yahoo!知恵袋