【本当に効果はあるの?】うがいで風邪が防げるか?!

『外から帰ったら手洗いうがい』

皆さん小さい頃から習慣となるように教えられてきたことだと思います。でもこのうがい…本当に効果はあるの?正しいうがいとはどのようなものなのか?!
今回は『うがい』についてまとめてみました。

view271

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 【うがいの効果は?!】風邪予防の有効性を実験!!

  • 『口に水、またはうがい液を含んでガラガラうがい』

    小さい頃から幾度となく繰り返してきた習慣ですが、このうがいは本当に病気を予防してくれているのでしょうか?京都大学のグループよって、以下のような実験がなされました。

  • 実験概要

  • 2002年から2003年の冬季に北海道から九州まで全国18地域で、うがいの風邪予防効果を世界初の無作為割付の研究で検証した。
    ボランティア387名を募り、くじ引きで「水うがい群」「ヨード液うがい群」「特にうがいをしない群」の3群に割り付け、2ヶ月間にわたって割り付けられたうがい行動をとってもらって風邪の発症を追跡した。
    出典 :京都大学保健管理センターflu
  • 実験結果

  • 発症率はうがいをしない群の1ヶ月あたり100人中26.4人に対して水うがい群は17.0人、ヨード液うがい群は23.6人であった。多変量解析で群間のばらつきをそろえると、水うがいをした場合の発症確率はうがいをしない場合に比べて40%低下することになる。一方ヨード液うがいでは12%の低下にとどまり、統計学的にも意味のある抑制効果は認められなかった。
    出典 :京都大学保健管理センターflu
     

    こうして数値で示されると思わず『なるほど、水うがいの効果があったのかな…』と感心してしまいますね。ただ、この結果では『ヨードうがい』の効果についての疑問は残ってしまいます。

  • ヨード液でそれほど効果が出なかったことについては、ヨード液がのどに常在する細菌叢を壊して風邪ウィルスの侵入を許したり、のどの正常細胞を傷害したりする可能性が考えられる。
    出典 :京都大学保健管理センターflu
  • うがい薬にも色々あって殺菌と同時に炎症を抑える効果を持つものなどもあります。うがい薬は主に扁桃炎や抜歯後などの感染した状態の殺菌や消炎には有効ですが、あまり長期間続けると口腔内の正常細菌叢のバランスを崩してしまい、逆にカビが生えてしまうことなどが分かってきました。
    出典 :水うがいだけで風邪予防になる?イソジンうがいは逆効果? : えびす耳鼻科
     

    うがい薬の効能も様々なのですね。
    確かに喉が痛い時にはうがい薬を使って炎症をしずめたりしますよね。そのような時にはうがい薬は欠かせません。
    一方で、長期間の使用はあまりよろしくないようです。うがい薬の使用はケースバイケース、ということですね!

  • 別の研究では緑茶でうがいをするとさらに成績が良くて68%も風邪が少なかったという報告もありました。お茶に含まれている茶カテキンが有効とのことです。
    出典 :水うがいだけで風邪予防になる?イソジンうがいは逆効果? : えびす耳鼻科
  •  

    『お茶でうがいをする』という話も、聞いたことがありますよね。
    実験結果の数値も良いようですし、お茶ならば口のなかもさっぱりしそうですね!一度試してみてはいかがでしょうか?

  • こうした実験結果の数々を見ると、うがいの有効性が見えてきますね。
    では次に、『正しいうがいのやり方』について詳しくみていきましょう!

  • 正しいうがいとは?

  •  

    普段、左図のようなやり方でうがいができていますか?

    まず『口の中をゆすいで綺麗にすること』が大切なのですね。その次にガラガラうがいをします。これを機に、正しいうがい手順を復習しておきましょう!

  • うがいに関連する豆知識

  • 1.インフルエンザ対策のうがいはなるべく早めに!!

  • インフルエンザウイルスのように、感染力の強いウイルスにおいては、ノドの粘膜にウイルスが張り付いてから時間がある程度たってしまうと、粘膜内に入り込んで(感染して)しまいます。可能な限り、早く嗽をすることがポイントになります。インフルエンザ感染が疑われる人とわかれた後は、すぐに、嗽をすることがお勧めです。
    出典 :正しい嗽の仕方|病気の豆知識
  • 2.うがい直後の喉は無防備!?しばらくはマスクで保護しよう!

  • 嗽をしっかり行うようになると、ノドの粘膜の表面にあるウイルスや菌を捕まえるように膜を張っている粘液を綺麗に洗い落とすことになるので、粘液が出てくるまでの数十分はマスクをして、ウイルスや悪い菌をもらわないようにしましょう。
    出典 :正しい嗽の仕方|病気の豆知識