もしhiv患者になった時の治療法は?

万が一hiv患者になってしまったとき、どのような治療を受けるのでしょうか。前もって知っておくことで、恐怖が半減することでしょう。

view558

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • エイズになったときのための治療法を知っておきましょう。

  • HIVとは

  • 患者さんの声

  • 主な治療方法は3つ

  • ■早期治療のメリットとデメリット
    一昔前までは、エイズ治療は発見されたとしても、直ちに行われるものではありませんでした。
    それは、当時使用されていた治療薬には重い副作用が伴っていたからです。
    しかし、医療技術の進歩により、現在使用されている治療薬の副作用は飛躍的に軽いものとなりました。
    それにより、現在では早期的な治療を行う動きも見られてきています。
    メリットとしては、他人への感染リスクを下げる、免疫力を保つ、ウイルスが増殖するのを早い段階から防ぐことができるということです。
    一方で、副作用の現れる可能性、耐性ウイルスが出現する可能性が高まる、将来行える治療法が狭くなってしうまう可能性などのデメリットもあります。
    出典 :現代日本のエイズ/HIV感染症の治療の在り方
     

    副作用は低いのですね。

  • 抗HIV薬
    HIVに使用する薬には、ウイルスのRNAをDNAに変える逆転写酵素を阻害する逆転写酵素阻害剤、ウイルスのタンパク質を作る過程を阻害するプロテアーゼ阻害剤があります。

    逆転写酵素阻害剤の中には、核酸系逆転写酵素阻害剤と非核酸系逆転写酵素阻害剤があります。

    エイズの薬にはこの3種類があり、それぞれ作用機構が異なります。これらの作用はHIVの増殖を抑えるという点では同じです。
    出典 :エイズ治療薬
     

    3種類が基本なのですね。

  • 特効薬がでるのも時間の問題か?

  • 万が一なったとしても・・・

  • エイズ=死というのは昔の話です。今の時代、適切な治療を受けることで、天寿をまっとうできるのです。

  • 希望

     

    恐れるのではなく、希望を持つことが大切です。

  • なんといっても予防が大切です。

  • 性行為から感染するエイズを予防するには、性行為の相手を特定すること、
    コンドームを使用することが大切です。
    同性愛者でなければ感染しないという考え方は、何の根拠もない間違った考え方です。
    性行為から感染するエイズを予防するには、同性愛者であっても、異性愛者であっても、
    不特定多数の相手との性行為をしないこと、オーラルセックスでも、
    アナルセックスでも、コンドームを使用することです。
    出典 :エイズを予防するには | エイズ検査をしよう!匿名で自宅検査が出来る!
     

    きちんとコンドームを使用して、未然に防ぎましょう。

  • 特定多数とSEXをする機会が多ければ多いほどHIVに感染する機会は増えます。
    また不特定多数の人とSEXをする人は、自分とSEXをする前から、別の何人もの人と関係をもってることが考えられるため、よけいにリスクは高くなるといます。
    お互い自分達としかしない。という人とSEXをするのが一番安全です。
    出典 :HIV感染者を一人でも増やさないために。  HIV予防
     

    特定の相手としか性行為をしないというのも大切ですね。