短い睡眠時間と肥満に関係があるって知ってましたか?

睡眠不足「の」原因はいろいろありますが、反対にその睡眠不足「が」原因となって肥満を誘発するって知ってましたか?

view434

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肥満と睡眠の関係性は?

  •  

    この際勉強しましょう。

  • 睡眠時間は肥満とも関係していることが分かっています。睡眠時間が十分にとれている人に肥満が少なく、不足している人に肥満が多い傾向があるというのです。
    出典 :痩せたければもう少し寝ましょう!睡眠時間と肥満の関係について | 健康生活 – 元気の秘訣を毎日お届け
     

    睡眠と肥満に関係性があったのですね

  • 海外の研究ですが、睡眠時間が7~8時間とれている人と比較して、5時間睡眠の人は肥満度が50%もアップしているという結果が出ています(!)。



    さらに、それよりも短い4時間以下の睡眠時間になると、7~8時間の人と比較して肥満度が73%の上昇するようです。

    (http://rikunabi-haken.yahoo.co.jp/conts/johokyouku/detail_diet.html)
    出典 :睡眠不足で太る!?肥満、メタボに気をつけろ! | 不眠症対策のファイナルアンサー
     

    結構はっきりと影響が出るのですね。

  •  

    睡眠時間が4時間以下だと、普通の睡眠時間を取っている方と比べて肥満率が70%以上も高くなるとは、衝撃的な数字ですね。

  • その原因を聞いて、とても単純なことで、これまたびっくりしたのですが、起きていることにより消費カロリー以上に、つい食べてしまうことが多いからだそうなのです。
    出典 :睡眠と肥満の関係知ってますか : パーソナルトレーナーの美と健康法 ポジティブNYライフ
     

    何か当たり前ですよね

  •  

    どうしても食べたくなるのですよね。

  • 睡眠不足

    運動量が必然と低下

    エネルギー消費量が低下

    余ったエネルギーが脂肪蓄積

    という、すごくわかりやすい流れです。
    出典 :睡眠不足は肥満になって襲いかかる|親に起こされ続けたダメ学生が超簡単な早起きだけで、人生に革命を起こした話
     

    分かりやすくて涙が出ますよ(泣)

  • 睡眠時間が短い人は大人の場合も子どもの場合も太りやすい

     睡眠時間と肥満の関係についてはいくつかの研究グループが調査を行っていますが、いずれも睡眠が短いと体重が増えたり、食欲が増進される傾向があるという結果が出ています。
    出典 :睡眠不足は肥満を招く | smart sleep library -眠りの図書館-
     

    年齢は関係無いのですね。

  • 睡眠不足が招く肥満のメカニズム

  • 睡眠不足が食欲増進につながるということを示したこんなデータがあります。健康成人男性1,024名を対象に、睡眠時間と食欲に関するホルモンの関連を調べた報告によれば、睡眠時間が短くなると、レプチン(食欲抑制ホルモン)の分泌が低下して、グレリン(食欲増進ホルモン)の分泌が増えることが示されています。つまり、睡眠時間が短いと食欲に関するホルモンのバランスが乱れて食欲が増進してしまい、肥満につながりやすいと考えられます。
    出典 :不眠と生活習慣病 | コラム:肥満と不眠、体内時計の関係 | 体内時計.jp
     

    なるほど、睡眠時間が短いと食欲が高まるのですね。

  • 睡眠時間が5時間以下の方は、8時間睡眠の方にくらべて「レプチン」が16パーセント減少し、同時に、同程度の「グレリン」の増加が確認されています。睡眠時間が適切でないと、太りやすい体になってしまうのですね。
    出典 :ダイエットシェイクを飲んでも、寝不足なら肥満になる
     

    具体的な数字を見ると衝撃度が上がります。

  •  

    確かにあんまり寝てない時の方が食欲があるかも

  • 米カリフォルニア州立大学バークレー校の研究チームは、23名の被験者を対象に、睡眠時間の違いが食欲にどのような影響を与えるかを調査した。

     正常な睡眠をとった後と、睡眠不足の状態の2度にわたって、「機能的磁気共鳴画像装置」(fMRI)を使って脳をスキャンした。

     fMRI検査を行いながら、低カロリーの野菜や果物などの健康的な食品や、ドーナツやパンケーキなどの高カロリーのジャンクフードまで、80種類の食品の写真を見せた。

     その結果、寝不足状態の被験者は、ジャンクフードを欲しがる傾向が強くなった。脳スキャンで確かめたところ、脂肪や塩分の多く味付けの濃い高カロリーの食品を見たときに、前頭葉の活動がより活発になった。

     「睡眠不足が続くと、動機付けや欲求をコントロールしている前頭葉の働きが不安定になり、結果として食欲が増したり、高カロリーの食品を求めるようになります」と、カリフォルニア大学のマシュー ウォーカー教授(脳神経科学)は説明する。
    出典 :睡眠不足は肥満のもと 睡眠をとれないと食べ過ぎに | 栄養 | 保健指導リソースガイド
     

    味付けの濃い物食べたくなるのですよね、寝不足で疲れている時は。

  • 被験者の脳の動きを調査した結果、睡眠不足になると複雑な意思決定をする役割を担う「前頭葉」の働きがにぶくなることが判明したという。さらに「報酬」に反応する部位の働きが活発になり、より高カロリーの「ジャンクフード」を欲することが明らかになったそうだ。つまり「睡眠不足になる → ジャンクフードをついつい食べてしまう → 太る」という負のプロセスに陥ってしまう危険性があるのである。
    出典 :睡眠不足は肥満のもと! 「十分な睡眠がとれないとジャンクフードへの欲求が高まる」という研究結果 | ロケットニュース24
     

    嫌なプロセス進むことになるのですね。

  •  

    よりにもよってジャンクフード食べたくなるとは・・・だから深夜までジャンクフードのお店開いているのですね。

  • 成長ホルモンの分泌が減少する

    睡眠不足が肥満の原因になるのは、成長ホルモンの分泌量が減少するためでもあります。睡眠不足とは、睡眠時間が短いだけではありません。きちんと眠る時間を確保していても、眠りが浅いと睡眠不足ということになるのです。

    眠りが浅いと、深いノンレム睡眠が取れないということに。
    成長ホルモンはノンレム睡眠時に分泌されますから、浅い眠りになると、成長ホルモンの分泌量が減少してしまうのです。

    成長ホルモンには、脂肪を燃焼するという働きがあります。
    そのため寝初めの3時間が不十分だと、脂肪が溜まっていってしまいます。睡眠中に脂肪を燃焼させるためには、深く眠って熟睡しなければならないのです。
    出典 :睡眠不足は肥満の原因に | 睡眠不足の解消と対策
     

    成長ホルモンがノンレム睡眠時に分泌されるから、睡眠をしっかり取らないと脂肪が蓄積されると言う訳ですね。

  •  

    ノンレム睡眠が脂肪を蓄積しないようにする重要な役割を演じているのですね。

  • 肥満にならない適切な睡眠時間は?

  • 睡眠不足が肥満と関連することは分かりましたが、では実際にどれくらいの睡眠時間を取ることが理想なのでしょうか。

    睡眠時間と生活習慣病を持つ人の割合を調べた研究では、7~8時間の睡眠が最も生活習慣病を持っている人が少ない結果でした。

    その一方で、1日8時間以上の睡眠でも生活習慣病を持つ人の割合が増えてきます。これは、寝すぎ、ぐうたらな生活も生活習慣病に繋がるということを示しているかもしれません。寝れば寝るほど良いかと言うと話はそう簡単にはいかないようです。



    適度な睡眠をとって適度に身体を動かす、やはりこれが理想的な生活習慣と言えるのではないでしょうか。
    出典 :え、寝不足で太る??睡眠不足が肥満を引き起こすワケ | Life Balloon
     

    寝不足も寝過ぎもダメということです。

  •  

    きれいに睡眠時間7~8時間のところだけ割合が低くなっていますね。