"腹筋"500回 = "スクワット"たったの15回!お腹痩せにはスクワットだった!

お腹痩せしたい!やっぱりお腹周りって気になりますよね!なかなかお腹周りの肉、とくに下腹部の肉は落ちにくいもの。さらに年齢を重ねるとますます肉はつきやすく、落としにくくなりがちに。そんなお腹痩せに効果があるのは、腹筋運動ではなくスクワットだった!お腹痩せの新常識、まとめてみました!

view62890

お気に入り お気に入り4

お気に入りに追加

  • お腹痩せたい!なのに腹筋運動が効果なし!?

  •  

    何てこと!つらい思いをしてやっている腹筋運動。実はあまり意味がないらしいのです…(泣)

  • お腹痩せの運動といえば、思いつくのが腹筋運動!割れたお腹、とまではいかなくても、きれいに引き締まったお腹は憧れるものです。ですがこのお腹痩せに効果有りと思われていた腹筋運動、実はお腹を引き締める効果はなかった!?

  • お腹周りを引き締めるには、お腹以外の筋肉も引き締める必要があるようです。必死に腹筋運動して回数も増やしてるのに全然お腹痩せられない、という人は、腹筋以外に鍛えるべき箇所があるのかもしれません。腹筋だけではダメなんですね。

  • 生半可な腹筋運動では、腹の脂肪だけを目立って落とすのは無理です。腹筋運動で鍛えられる腹直筋などのお腹周辺の筋肉群は、決して大きくて筋量の多い筋肉ではありません。
    腹筋自体は小さな筋肉なので、がんばって鍛えて3割増にしても、全身の筋肉総量に比べたら微増です。
    出典 :【追記あり】やせたかったら腹筋より「スクワット」をすべし!(プチマッスルライフ第6回) : ライフハッカー[日本版]
     

    生半可…。上記で100、200回でダメということは一体何回腹筋したらいいんだ…。

  • 腹筋運動だけでお腹痩せをしようとしてもほぼ無意味ということのようです。あんなにキツイ運動なのに、お腹の引き締めに効果がないなんて!キツイからこそ効果があると信じていたのに、何だか裏切られた気持ちです・・・。では、一体どういう運動ならお腹痩せに効果があるのでしょうか?

  • 本当に効果があるのは、スクワットだった!

     

    本気でお腹痩せしたいなら、スクワットを試そう!

  • なぜ「ぽっこりおなか」をスクワットで解消できるの?

  • さて、これまでのお腹痩せ運動のイメージとして根強い人気を博してきた腹筋運動がまさかのお腹痩せには効果無し、という事態を受け、お腹痩せ運動の救世主として台頭してきたのがスクワット!

    腹筋運動と同じく誰もが知ってるスクワットですが、どちらかというと太腿やふくらはぎなどの脚やせに効果がある運動な気がします。これってほんとにお腹痩せに効果があるのでしょうか?

  • 同じ筋肉量を増やすためにスクワットなら15回ですむのに、腹筋なんと500回。「腹筋500回=スクワット15回」なのです。
    つまり、やせる筋トレにはスクワットこそがふさわしいんです。
    出典 :【追記あり】やせたかったら腹筋より「スクワット」をすべし!(プチマッスルライフ第6回) : ライフハッカー[日本版]
     

    スクワット15回で腹筋500回に匹敵するなんて!

  • 意外にもスクワットは腹筋に効果大のよう。腹筋運動はあんなにキツイのに、それに比べてスクワットなら15回なんて頑張ればすぐできちゃいます!その上効果は腹筋運動以上!思わず呆気にとられちゃいますね。

  • スクワットの正しいやり方~椅子を使って基礎を確認~

  • スクワットのやり方、何となくイメージはあるけどどういうのが正しいのかは分からない、という人、ここで一度正しいスクワットの仕方をおさらいしておきましょう!

  • 基本姿勢

  • 1.椅子の前に立ち、つま先が左右平行になるように意識し、肩幅位に開きましょう。腰を引き入れ、腰が反ったり丸まったりしないように意識しましょう。両手を肩の高さに伸ばします。
    出典 :2/4 効果に差が出る! スクワットの正しいやり方 [パーツ別ダイエット方法] All About
  • 膝を曲げ始める

  • 2.ゆっくりと膝を曲げます。この時脚の付け根を踵の方に押し出すイメージで動作してみましょう。
    出典 :2/4 効果に差が出る! スクワットの正しいやり方 [パーツ別ダイエット方法] All About
  • 腰に注意!

  • 3.そのままゆっくりと膝を深く曲げます。この時尾てい骨を下に向けるように意識し、腰が反らないように注意しましょう。
    出典 :2/4 効果に差が出る! スクワットの正しいやり方 [パーツ別ダイエット方法] All About
  • 膝に注意!椅子には座らないで。

  • 4.太腿の裏が床と平行になるように、膝が前に出過ぎないように深く膝を曲げ、椅子ギリギリまで腰を下ろします。ゆっくりと元の位置に戻り、そのまま動作を10回~15回を目安に動作しましょう。
    出典 :2/4 効果に差が出る! スクワットの正しいやり方 [パーツ別ダイエット方法] All About
  • 正しいやり方で行うと、なかなかキツイもの。腰や膝など、全身を使った運動だということが身にしみて分かります。だからこそ、お腹痩せにも効果があるんですね!さらにお腹以外の部分にも引き締め効果が期待できそうですね!

  • ポイント1 「膝」

  • ■ありがちな間違え:膝がつま先よりも前に出ている。
    ■体に与える影響:膝に負担が掛かり、すぐに疲れてしまいます。また、膝を痛める可能性があります。
    ■改善するには?:脚の付け根を踵の方に押し出すイメージで、膝が前に出ないように意識しましょう。
    出典 :ワークアウトの基本を見直そう!【スクワット編】 [パーツ別ダイエット方法] All About
  • ポイント2 「腰」

  • ■ありがちな間違え:膝を曲げた時に、腰が反ってしまう。
    ■体に与える影響:腰に負担が掛かり、本来鍛えられるべき体幹に全く効果がない。
    ■改善するには?:お腹は腰を押すように腹筋を使い、腰はお腹を押し返すように背筋を使い、体幹(腰回り)を安定させましょう。
    出典 :ワークアウトの基本を見直そう!【スクワット編】 [パーツ別ダイエット方法] All About
  • 腰が身体の中心にある、と体幹をイメージして行うことが重要なよう。腰の位置をしっかり定めて行うことがポイントとなるようです。

  • ポイント3「つま先」

  • ■ありがちな間違え:つま先が左右平行になっていない。
    ■体に与える影響:つま先と股関節、ひいては骨盤や上半身は繋がっているので、つま先はいわば体の土台の役目。このつま先が内側に向いていたら、骨盤の位置が左右均等に保たれず均等に負荷をかけることが出来ず、効果も半減です。
    ■改善するには?:つま先を左右均等にする。もしくは、踵の一直線上に膝がくるように意識しましょう。
    出典 :ワークアウトの基本を見直そう!【スクワット編】 [パーツ別ダイエット方法] All About
  • 筋トレは毎日行う必要はありません。

    スクワットの場合、2~3日に1回行い、筋肉を休ませる日も作ってください。
    出典 :脚を細くする方法 〜トレーナー直伝脚やせ講座〜
     

    これなら続けられそう!

  • よし、今日からお腹痩せ!スクワット100回!と決めたはいいものの三日坊主、なんてことのないように、回数はほどほどでも、継続することが何より大切です。

    自分のペース、身体の調子を見ながら続けていけるように心がけたいですね。

    お腹周りだけでなく、基礎的な身体能力の向上も期待できそうなスクワット。日々の習慣としてぜひ取り入れてみたいですね!