面倒くさがりやのあなたでもすぐに実践できる!超簡単な安眠法

すぐできる超簡単な安眠法ってないの?
安眠にはアロマバスやハーブティーがいいと言うけど、今家にないし…
ぐっすり眠りたいけど生活習慣を変えるのってなかなか難しい…
そんな面倒くさがりやさんなあなたでもすぐに実践できる簡単な安眠法をまとめました♪
いろいろ試してみてくださいね

view248

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 起きたらまず、朝日を浴びる

  • 睡眠のリズムを正すには、朝日を浴びるのが効果的
    出典 :安眠 ◆「安眠の方法」〜健康生活のアイデア
     

    地球の自転周期は24時間なのに対し、
    体内時計は25時間周期なのだそうです。

    日を浴びることで、体内時計と地球の自転周期を
    合わせる効果があるのだとか。

    できるだけ休日も同じ時間に起きて体内時計をリセットしましょう◎

  • 朝日を浴びるとなぜいいの?

     

    人のカラダには体内時計があり、1日のリズムを刻んでいます。朝の光を浴びると体内時計がリセットされ、活動モードになります。また、眠りをうながすホルモンであるメラトニンが光を浴びてから寝る頃(約16時間後)に出るようになります。

    出典元:体内時計.jp
    http://www.tainaidokei.jp/qa/index.html

  • 安眠ホルモン『セロトニン』の分泌を促す食べ物 バナナと牛乳

  • 牛乳には、「トリプトファン」というアミノ酸が含まれていて、
    体内で睡眠物質に変化し、安らかな睡眠をもたらしてくれます。

    さらに効果をさらに増強してくれるバナナをプラスするのがオススメ!
    出典 :バナナ牛乳で不眠解消 ~健康の診断サイト カラダカラ
     

    脳内ホルモン『セロトニン』は人が『ホッ』とする素。
    【トリプトファン+ビタミンB6 → 体の中でセロトニンに】

    トリプトファンの豊富な牛乳とビタミンB6の豊富なバナナが
    最強の組み合わせだそうですので試してみてください◎

  • バナナミルクのレシピ

     

    ◆材料(2人分)
     バナナ 100g
     牛乳 1 1/2カップ
     砂糖 小2

    ◆作り方
    1 バナナは乱切りにする。
    2 ミキサーに牛乳、砂糖、1を入れてなめらかになるまでかける。

    料理 : 宗像伸子
    出典元:かわるナビ http://kawaru.jp/m/6345

    カロリーが気になる人は砂糖を抜いてもいいかも☆
    寝る前じゃなく夕食後のデザートでもいいと思います。

  • 寝付けなくても無理に寝ようとしない

  • 「なんとかして寝てやるぞ! 寝なければならない!」という気合が入りすぎると、頭が冴えて、逆に目が覚めてしまうのです。

    「寝られなくてもいい。自然に任せた」と開き直ると、
    リラックスができて、眠りに入りやすくなるのです。
    出典 :無理に寝ようと考えすぎない。 | 安眠・快眠の30のシンプルな方法 | HappyLifeStyle
     

    眠る前にリラックスする方法として
    いくつか挙げてみましょう♪

  • 超簡単!安眠のためのリラックス法

  • 体操なんて面倒くさ~い・・・とか思ったあなた☆
    そんなあなたのために超簡単なのを頑張って見つけたんですよ!
    一度やってみてください。すぐに覚えられるので☆彡(・▽<b

  • 寝る前グッスリ安眠体操

     

    ① まず床に、バスタオルを三つ重ねて置き

    ② この上に仰向けで寝てバンザイをするだけ

    ③ バンザイをしたら、2分間ダラ~っと脱力をしましょう!

    ※腰が痛いと感じる方は、バスタオルを二つに減らして高さを調節して下さい

    出典元: 神戸市三宮 ひふみ整体
    http://ameblo.jp/hifumiseitai/entry-11207042956.html

    こうする事で、背中の筋肉が伸び、胸の筋肉も緩み
    深く大きく呼吸が出来るようになってグッスリ寝やすくなるそうです◎

    私も今夜からやってみよう♪

  • 字がいっぱい書いてあって面倒に思えるかもしれませんが
    これぞ超簡単な安眠法!
    寝る前にできる簡単な体操なのでぜひどうぞ♪

  • 全身脱力体操

     

    全身に力を入れて緊張状態をつくったあと、脱力して筋肉を緩ませると、全身がリラックスできます。

    (1)あおむけで大の字になります。手を握って顔と手足にギュッと力を入れ、5秒間ブルブルとさせます。

    (2)ゆっくり息を吐きながら全身の力を抜きます。手足をだらんとさせて5秒間保ちます。

    (1)から(2)を数回くり返しましょう

    出典元:gooヘルスケア
    http://health.goo.ne.jp/column/fitness/f001/0084.html

    2014.2.18の朝日新聞朝刊に
    これと同じような原理の
    『漸進的筋弛緩法』という体操も
    不眠のためのリラックスによいとかかれていました。

  • 手足ぶらぶら体操

     

    これだけでも全身の筋肉の緊張がゆるみます。

    ・あおむけに寝て両手足を上げ、手首・足首の力を抜いて手足をぶらぶらさせます。気持ちがよい程度に続けましょう。

    出典元:gooヘルスケア
    http://health.goo.ne.jp/column/fitness/f001/0084.html

  • 寝る前のテレビやパソコン、携帯・スマホはやめる

  • モニター画面の明るい光を見ていると、
    カラダが夜と感じられずに、
    眠りをうながすホルモンであるメラトニンが分泌されにくくなります。
    出典 :よりよい眠りのためのQ&A | 体内時計.jp
     

    寝る1時間前には照明を暗めにしておくと
    安眠効果があるようですよ◎

    なかなか現代人には難しいかもしれませんが…^^;

  • 眠れぬ夜の癒し音楽 【Feel the Blue】 RELAX music

     

    それでも、どうしても寝る前のPCやスマホをやめられないあなたに…

  • 睡眠日誌で睡眠満足度アップ!

     

    医療現場でも活用され大きな成果を挙げている「睡眠日誌」。

    やり方は簡単。寝床にいるけど目が覚めていた時間、うとうとしていた時間、眠っていた時間などを記録するだけ。

    これを1~2週間続けると、自分が本当に必要とする睡眠時間や、眠りにつくのに適した時間帯の目安を把握することができ、深く効率よく眠るための大きな助けになります。

    出典元: ためしてガッテン_NHK
    http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20130925.html