いびきがひどくて困っている人、こうすれば治ります!

ひどいいびきで悩む人も多いですよね。
いびきはただのクセではありません。重大な病気が原因ということもあります。
気になるいびきは、まずは外来で病院にいき、相談してみましょう。

view1402

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 気がねなく眠りたい!

     


    旅行先や、飛行機の中などで、自分のいびきが気になって眠れない人もいます。
    気になる症状は、しっかり治せば気楽に生きられますよ!

  • いびきの原因ってなに?

  • 主な原因は6つ

  • 1.心身の疲れやストレスによるいびき
    心身の疲れを回復させるため、酸素を多く取り込もうとして口で呼吸をすることにより、いびきが引き起こされます。

    2.お酒や睡眠薬を飲むことによるいびき
    睡眠中はただでさえ筋肉が緩むところへ、アルコールや睡眠薬がさらに一層筋肉を弛緩させます。そして、気道が狭くなるために無意識のうちにより多くの酸素を取り込もうとします。そして、口で大きく呼吸することで筋肉が振動しやすくなるために、いびきが引き起こされます。

    3.呼吸筋の老化によるいびき
    筋肉が老化により緩んでしまうことで、いびきが引き起こされます。

    4.肥満によるいびき
    肥満によって喉の奥が脂肪で肥大して空気の道がふさがれることで、いびきが引き起こされます。

    5.鼻や喉の異常によるいびき
    構造的な異常が鼻や喉にあり、これを治さない限りいびきは止まりません。たとえば、へんとう肥大、小顎症(あごが異常に小さい)、鼻中隔湾曲(鼻の中心の骨が曲がって鼻が詰まる)などが、いびきの原因になることがあります。

    6.その他の原因で慢性的に起きるいびき
    さして理由がわからないのに、ひどいいびきが毎日続くとすると、単なる疲れとか体質だけでは片付けられなくなり、何らかの内科的なトラブルが潜んでいる可能性が大きいといえます。
    出典 :いびきの原因|いびき治療と対策のススメ
     

    さまざまな原因があるようです

  • まずは原因究明からです

  • いびきの治療法にはどんなものがあるの?

  • マウスピース(歯科器具装置)
    あごの骨格や形状などが原因によって、いびきや睡眠時無呼吸症候群(SAS)になっている場合に行われている治療方法が、「マウスピース(歯科器具装置)」です。

    鼻マスク(CAPA)
    睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療として、睡眠時に専用の鼻マスクを装着し、一定の圧力を掛けた小型の空気ポンプにより、鼻から気道に空気を送り込む、内科的治療の「鼻マスク(CPAP)」があります。

    いびき手術
    「扁桃」や「口蓋垂(のどちんこ)」が肥大化していたり、産まれつき上気道が狭いなどの場合には、生活習慣の改善などでは効果はありませんので、「外科的手術・耳鼻咽喉科的手術」をしなければイビキや睡眠時無呼吸症候群を根本から治すことができません。

    薬物療法
    いびきや、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療法として、気道拡張作用のある薬などを使用する「薬物療法」がありますが、この治療法はあくまでも補助的な役割であって、根本的な解決方法にはなりません。
    出典 :いびき治療法(手術法) いびき防止対策!イビキ改善・解消法!
     

    ドクターに相談ですね

  • 女性専用のレーザー治療があります

  • バイオプレート治療について

  • 睡眠時無呼吸症候群、いびき、CPAP治療が辛い方へ|バイオプレート ...

     

    ドクターが開設しています

  • いびき体操でいびきを改善!

  • 慶友銀座式いびき体操 - YouTube

     

    ちょと映像が汚いですが…

  • ドクターのブログです

  • 眠りはとっても大切です

     

    しっかり治して、ゆったり眠りましょう