「妊娠中の風邪の治療法」薬を使わない方法はあるの?

妊娠中の風邪の治療、どのように対処すれば良いのでしょうか?
母体が具合が悪いとお腹の赤ちゃんもかわいそうだし、
かといって薬を服用するのも怖い…。
そこで薬を使わない妊娠中の風邪の治療法をまとめてみました。

view29578

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 妊娠中の風邪の原因

  •  

    妊娠中は何故風邪を引きやすいのでしょうか?
    まずは敵を知ることが肝心です。

  • 妊娠中、風邪にかかりやすい人が多いのは先に述べたように、ウイルスに対抗する細胞性免疫が低下しているためだと考えられます。本来、風邪は鼻水、鼻詰まり、くしゃみなど、いわゆる感冒症状が主。慢性化する人は少なく、発熱があったとしても微熱程度。ゆっくり休養すれば2、3日で治るのが一般的です。風邪ウイルスが胎盤を通って胎児に影響を与えるような心配はないので、軽度の風邪ならそれほど心配することはありません。
    出典 :妊娠中の風邪 - gooベビー
     

    重症化しなければ怖くはないようですが、赤ちゃんのためにも早く治したいですね。
    風邪のウイルスは胎児には感染しないというのは安心ですね。

  • ここからが本題、薬を使わないで風邪を治す方法は?

  •  

    妊娠中の風邪の治療。できるだけ薬を使わない方法を取りましょう。

  • 風邪をひいた妊婦さんたちに、お伝えしたいことがあります。

    40度近い高熱が続かなければ、風邪自体が赤ちゃんに影響することはありません。

    昔からある風邪の治し方で、充分です。

    おうちであったかくして保湿して、栄養と水分を摂って、寝ていて下さい。

    ママにとっても赤ちゃんにとっても、それが一番。

    寒い中病院に行ったり、風邪薬をのむことに、あまりメリットはありません。
    出典 :ななのつぶやき Doctors Blog 医師が発信するブログサイト
     

    お医者さんのブログからの引用です。お医者さんに言われると説得力がありますね。
    確かに、病院にかかること自体が体力を使いますし、
    病院にかかってもせいぜい対処療法の弱い薬が出るだけなのでおうちで寝ていた方がよいことも多々ありますよね。

  • 「ビタミンCの不足」を原因とする風邪は、ビタミンCを補給していけばいい。そして、免疫力刷新のために起こる風邪は、定期的な免疫力刷新なのだから、こういう時は免疫力が低下しているのだから、無理をしないですぐさま寝てしまえばいいのだ。妊娠中に起こる風邪は、これだけで治るものなのだ。風邪は決して心配するものではないのだ。
    出典 :妊娠中の風邪は実は必要な病気: ★★開運マルモリ面白書評倶楽部!★★
     

    寝て治れば一番良いのですけどね、でもしっかり寝ないとかえって時間がかかる気がします。
    できれば、仕事も家事も休んでゆっくり寝ましょう。
    でもなかなかそうできないときもありますね…。

  •  

    確かに寝るのが一番お金がかからない治療法ですね。

  • 元々自然派な私なので薬は飲みたくないですし、赤ちゃんがいればなおさら避けたいですね…。(中略)2人目の時は『ネギ梅干し熱湯』をひたすら飲み、今回は『生姜すり黒糖湯』を飲んで乗り切りました。いづれも母が教えてくれたものです。あとは乾燥時期なので、必ずマスクをして寝ます。背中にカイロ(大)を貼って過ごしてます。
    まずトローチとうがいで喉の炎症を取り除いて下さい。肩こう骨の間を温めるといいそうです。カイロを貼ったり、冷えが強い時はドライヤーの熱風を当てるといいと聞きました。確かに落ち着き、寒気が和らぎます。
    出典 :薬を飲まずに妊娠中の風邪を治す方法は? すべての広場 - 不妊・妊娠・出産・育児-女性の為の健康生活ガイド『ジネコ』
     

    結構いろいろやらなきゃいけないのですね。
    ドライヤーで背中を急激に暖めるのは私もやります!
    お灸と暖房の中間のような効果があり、気持ちいいですよ。
    低温火傷に気をつけて是非試してみてください。

  • 「 風邪 、引いたな」と思う事態になったら、初期なら民間療法でおさめられることも少なくありません。代表的なのはショウガをすり下ろしてお湯をさしたショウガ湯、それから番茶に梅干しをつぶしたものとお醤油を入れた「梅醤番茶」です。いずれも発汗を促す作用があります。
    出典 :2/2 妊婦のための風邪対策 [妊娠の基礎知識] All About
     

    梅干しと番茶のタッグ。効果がありそうですね。でも梅干に醤油を入れたら味が濃過ぎないですかね。

  •  

    しょうが湯だけでも効果がありますよ。
    そもそも妊婦さんには冷えは大敵!
    じんわり優しく温めてくれるしょうがはマストな食べ物です。

  • 今回も、大丈夫大丈夫♪と余裕こいてましたが、速攻うつる。
    妊娠中って抵抗力が落ちてるらしい。


    「風邪引いても食べたら少しだけ良くなってる感じがするんだよねー」って言ったら

    旦那が「昔から "Feed a cold, starve a fever" って言葉があるんだよー」

    って教えてくれた。


    意味は
    風邪引きの時(熱が無い時)は食べなさい。
    熱がある時はお腹を空かせときなさい。


    普通の風邪を引いて調子悪い時には、しっかり食べて栄養つけたら、良くなるよ~
    でも熱がある時は、無理に食べるなー。
    食べる事で、体が食べ物を燃やすから?
    余計に熱が上がるのか?
    出典 :Let's try! 風邪のかしこい治し方
     

    英語圏の古くから伝わることわざだそう。
    食べて栄養補給するのも風邪の治療の基本ですね。

  • 私の中で救世主とも呼べるほどの効果があったものですが、
    「はちみつ100%の飴」が効果テキメンでした。
    たまにスーパーなどで売っているのを見かけます。

    この飴に出会うまでは、喉に膿がたまって高熱が出て
    抗生物質を飲まなければならないほどでしたが、
    今では薬も飲まずにそこまで酷くならずに治っています。
    出典 :薬を飲まずに妊娠中の風邪を治す方法は? すべての広場 - 不妊・妊娠・出産・育児-女性の為の健康生活ガイド『ジネコ』
     

    のど飴が良いという話はよく聞きますが、ここまで効くのはこの方だけかも。
    赤ちゃんは蜂蜜を食べてはいけないのですが、妊婦さんは大丈夫です。

  •  

    写真はあくまで一例です。はちみつが十分に入っているのど飴ならば良いでしょう。
    のど風邪の場合、飴って案外効果が高いです。
    舐めるだけでかなりのどが楽になりますし…。

  • ひたすら厚着をする
    氷(デパートで刺し身を買うとつけてくれる保冷剤は役にたつ)を脇の下にはさむ
    氷(同上)をおでこに乗せる
    梅干し入りアツアツ昆布茶をのむ
    大根おろしの擦りたてをすぐお汁ごと食べる
    はちみつレモンのアツアツお湯割りをのむ
    出典 :妊婦かぜをひく
     

    民間療法の集大成といった感じですね。
    発熱したときに保冷剤で大きい血管を冷やすのはとても効きます!
    私も経験があります。

  •  

    厚着も選択肢に入れておくとよいですが、他との併用するのが効果的ですね。

  • 番外編その1 使っても良い薬とダメな薬があるの?

  • 最近は薬も進歩しており、妊娠中に使ってはダメな薬は少なくなっています。ですがまだ使ってはダメな薬がゼロになったわけではありません。薬を使う場合はちゃんと注意しましょう。

  • 風邪薬は、基本的には対症療法です。最も頻用されるのは、鎮痛解熱剤です。妊娠中、全期間を通じて使えるのは、アセトアミノフェンです。注意を要するのは、NSAIDと言われる薬です。胎児の動脈管を収縮させるため、妊娠後期(8ヶ月以降)は、禁忌となります。従ってロキソニンは、妊娠中期まで使用可能です。しかしボルタレンは、妊娠中禁忌となっています。

     咳止めは、ほぼ問題無く使えますが、安全とされているのは、メジコンです。また、去痰剤のムコダインも、使用可能です。
    出典 :妊婦さんの風邪薬 - 身近な医療情報 - 町田市医師会
     

    使ってはダメな薬に注意しましょう。
    医療機関にかかる場合や薬局で薬剤師に聞く場合は必ず妊娠中であることを最初に告げるようにしましょう。
    インターネットなどで使いたい薬の禁忌に妊娠中であることが入っていないかどうか検索するのも良い方法です。

  • 薬を飲むときは漢方薬という手段もある
    発熱してくると薬の必要性を感じるようになってくるでしょう。赤ちゃんの器官ができあがっている時期なら薬の影響に神経質にならなくていいと考えることもできますが、それで「できるなら飲みたくない」と感じる妊婦さんは多いものです。そのときは、漢方医の先生にかかり、漢方薬を飲むこともできます。実は、産婦人科の先生に行っても漢方薬が出たり、何も薬が出なかったりするケースがあります。
    出典 :2/2 妊婦のための風邪対策 [妊娠の基礎知識] All About
     

    漢方薬だったら、普通の薬と比べて使うのに抵抗がないかも?
    妊娠中に風邪で内科にかかるとよく処方されるのも漢方薬です。

  • 番外編その2 風邪の予防法

  • 風邪は万病の元といいます。まずは予防。手洗いとうがいはしっかりと(イソジンガーグルはヨードの取りすぎにつながる可能性があるため使用しないこと。普通の水で十分です)。そしてひいてしまったら、早めに


    ①体を温める(風呂やねぎ・生姜などのスープとか)

    ②加湿する

    ③しっかり睡眠をとる


    この3点を守れば、それほどこじれません。妊娠前の健康体を過信して、妊娠中の風邪を甘く見ないこと、薬さえ飲めば治ると錯覚しないようにしてください。
    出典 :妊娠と風邪 - Dr.池谷の『案ずるより産むが易し?』
     

    普通の風邪予防と同じですね

  • ティートリーやラベンダーで部屋を殺菌
    菌を吸わないように、できるだけ人混みには行かないようにしましょう。家族が 風邪 を引いたらマスクをして、冷たいようですができるだけ別室で過ごすようにします。

    それでも、菌がまったくない状態を保つことはできません。部屋で、殺菌力のある精油を使ったアロマテラピーをおこなってみましょう。ティッシュに精油を垂らすだけでもいいのですが、芳香器で部屋中に香らせてもいいでしょう。ラベンダー、ティートリーが殺菌力で知られる精油です。
    出典 :妊婦のための風邪対策 [妊娠の基礎知識] All About
     

    殺菌は大切ですね。
    家族から風邪を貰うことはなるべく避けましょう。
    特に上の子がいる場合は、園などでよく風邪を貰ってくるので注意が必要です。
    アロマテラピーは殺菌だけではなく、リラクゼーション効果もあるので妊婦さんには特にオススメです。
    つわりを悪化させない程度に良い香りも楽しんでみませんか?

  • 風邪引きさんには、卵がいいですよ。風邪を引く前は卵黄、引いてしまったら卵白がいいです。抵抗力を高めてくれます。あるある大辞典でやってました。
    あと「エキナセア」というハーブティー超お勧めです。茎茶のような感じでちょっと癖はありますが、普段から飲んでおけば風邪が引きにくい体質になるそうです。自然のものなので赤ちゃんにも安心です。お母さんが摂るものは赤ちゃんに大きく影響しますからね。
    ちなみに私はエキナセアを飲んでから1度も風邪を引いてません(仮病を除く(笑)
    出典 :妊娠中の風邪の治し方 - BIGLOBEなんでも相談室
     

    自然の食べ物でここまで予防できるのなら良いですね。
    卵の食べすぎは良くないと言われていますが、食べなすぎもかえって良くないと言われているので適度に摂りたいものです。
    エキナセアというハーブティーは試してみたいですね。