【呼吸法】「私にはこれがあるから大丈夫!」と思える呼吸法をひとつ習得すべし

いい呼吸法にはいい効果があるって知っていましたか?例えば緊張ほぐしたり、イライラを抑えたり…
今数多く呼吸法はありますが、すべてが自分に効くわけではありません。
自分にあった呼吸法を探して、心穏やかな生活にしましょう。

view786

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 呼吸の大切さ

  • 今回は、呼吸の大切さについてご紹介します。

     

    そしてこのコラムを読み終える頃、
    あなたに「呼吸法」という財産ができていて欲しいと思います。

    なぜなら呼吸を整える方法は、円満で満足する感覚があるばかりでなく、
    あなたの命をも助けるからです。

  • 日頃、無意識にしている呼吸。
    この呼吸こそが、私たちが生きている証です。

    呼吸こそまさに生きている事を自覚する活動です。
    人は息をしなくなった時、肉体の死を迎えます。

  • 私たちの体は息を吸って産まれ、息を吐いて終わります。
    生命活動の一番基本的な活動が呼吸なのです。
    赤ちゃんの呼吸は、完璧な鼻呼吸。
    免疫力の弱い赤ちゃんは鼻呼吸でしっかりと自らを守っています。

  • 身につけて欲しい「鼻呼吸」

  •  

    普段、言葉を発している時も
    落ち着いていれば鼻で吸って口から声として出します。

    意外にもこの一見普通に行っている呼吸も意識するというトレーニングが必要になります。

  • 極力避けたい呼吸は口呼吸です。
    細菌が付きやすくなる上、口が乾いて免疫力が下がり、体調の不和を呼び込んでしまいます。
    ゆっくり時間が取れる時、夜などは深呼吸を取り入れた呼吸で体の隅々に酸素を送るイメージで
    鼻から吸って口から細く長く吐く呼吸をオススメします。

    私はフラダンサーでもありますが、ハワイにおいて呼吸の事をハといい数字の4の事でもあります。
    4は神聖さを表します。呼吸もまた神聖なものなのです。

    心を落ち着かせる時、鼻から吸った息を4回に分けて吐き出すという方法を何度か繰り返して
    体の中に神聖さを取り入れています。

  • カラダと心に効く、具体的な呼吸方法はコチラ
    ↓ ↓ ↓

  • 私たち人間は、自然の一部

  •  

    成人の場合、1分間に12~20回の息をしています。

    これは、海の波の回数とほとんど同じ。
    人間も海も同じようなリズムで生きているのです。

  • 人間の呼吸と波が静か打ち寄せる回数はだいたい18回。
    私達の体も70%は水ですから、体の中でもこの波が働いています。
    体内の静かな波は神経系にも安らぎを与えます。

    そして、呼吸の数18回を二倍すると36、体温と同じですね。36回を2倍すると72。
    そうです、これは脈拍の数です。

  • 感的に変化が感じられるのが脈拍なので呼吸まで意識がいかないかもしれません。
    この事を知っておくと、あなたの生活の中で大事な局面、「いざ!」という時に呼吸をコントロールでき、余計なストレスをかける事なく、安心してまた落ち着いて対処できるようになります。

  •  

    完璧な人間などいませんから、失敗して怒られたり、何かに対して怒ったり、不安を抱えていたり仕事が忙しかったり、人間関係がうまく行かなかったり、そんな事がありますよね。

  • 体に緊張が走ると呼吸、脈、体温がと影響を受けます。適度なストレスは生命活動に必要なのですが、心がツラくなるくらいのストレスは受けたくないですよね。
    事を成すのに、イマジネーションが豊かに働くには、これらから解放された状態、ニュートラルの状態が良いのです。

  • 呼吸が変われば、人生が変わる

  • ヨガ、◯◯式呼吸法、腹式呼吸法、胸式呼吸法、ブリージングなど、世の中には様々な呼吸法があります。
    幸いなことに、それぞれの呼吸法について自分が知りたいと思えば、いつでもその情報を得られる環境にあります。

    私たちは、生を受けてから呼吸の仕方は教わらず、自然に呼吸しています。
    それにプラスして「意識的な呼吸法」を自分のものにしましょう。
    必ず、あなたの役に立ちます!

    意識的に呼吸を整える事ができたら、あなたの髪の毛一本一本、爪の先まで
    体の中の60兆といわれる細胞という細胞がいきいきと輝き出すのです。
    呼吸が変れば人生が変るとまで言われています。
    これは私たちが共有すべき智慧ですね。

  • 呼吸を整えるすべを得、60兆といわれる細胞に息吹を与えて平穏な心、落ち着い
    たやわらかい感性の中でさらに輝いてください。
    財産には様々ありますが、自分の内側に貯めていく財産を増やしていきたいものですね。
    そう、奪ったり奪われたりしない、共有する財産です。
    心も体も整えてくれる自分に合った呼吸法を見つけてください。

  • 次回のコラムは「言葉の力」です。お楽しみに!