これらか気たる春!春に向けて「肌のお手入れ」始めましょう

春には春のスキンケアがあるように
これからの春に向けて、肌の危険性もしっておき
充分に対策をしましょう
まとめてみました

view209

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 春の肌は

  • 春になると、スギ花粉症に悩む人が増えていますね。
    花粉症と無縁だった人が、 ある時から突然花粉症に悩まされることも少なくありません。
    こういった時期は、肌も非常にデリケートな状態にあります。
    ある種の食品が原因となったり、ホコリ、ダニ、 その他空気中の様々な浮遊物が原因となったりして、
    アレルギー性皮膚炎が増えてきます。
    出典 :春の肌状態とお手入れ
     

    春の肌はとてもデリケートになりそうですね

  •  

    化粧品の成分が直接的な原因でなくても、
    過度のお手入れや摩擦などが刺激となって皮膚炎をおこすこともあります。

    こういった症状は、私たちの生活環境の変化や体質・体調の変化なども影響しており、
    これまで皮膚トラブルと無縁だった人でも(化粧品を変えたわけでもないのに)、
    突然、カユミやカブレなどが発生し、肌の調子が悪くなることがあります。

  • 春の肌トラブルの原因は?

  • 荒れしやすい原因をあげてみると。。
    春は、ホルモンバランスが乱れやすいから
    皮脂腺や汗腺の働きが活発になって、ニキビや吹き出物の原因に
    花粉が多く飛んでアレルギーが出やすい
    春は何かと、ストレスが溜まりやすい季節だから??
    出典 :春のスキンケア~乾燥肌予防について | ピュアラバリ
     

    基本的には乾燥が原因になるようです

  • 湿度が低いままなのに、肌の温度が高くなってくると。。
    お肌の周りの空気はさらに乾燥し、ガードのゆるくなった肌から水分が奪われてしまいます。

    ドンドンと暖かくなってくる春は、乾燥シーズンも終わったと思いがち。
    それは単なるイメージで、春といえども油断できないシーズンです。
    暖かい春は心地いいけど、湿度が低い!春はお肌が乾燥しやすい!
    出典 :春のスキンケア~乾燥肌予防について | ピュアラバリ
     

    この二点はポイントです

  •  

    肌は季節と共に変化しますが、前のシーズンの影響が表れるまでには時間がかかります。ですから、紫外線が少ない秋冬を経た今、肌色は一年のうちでもっとも明るくなっているのです。つまり、春の肌は紫外線に対してとても無防備な状態。そのうえ紫外線量が急増し、外出する機会が増えるこの時季は、まさにUVケアの勝負どきなのです。

  • きちんとしたスキンケアを行いましょう!

  • お肌の様子をキチンとみながら、冬並みのスキンケアを行うことが大切です!

    化粧水でお肌を潤し、美容液で水分をキャッチ!
    油分のベールでお肌をしっかりとフタをして、水分の蒸発をストップする!

    お肌の乾燥を少しでも防ぐには、潤いをしっかり閉じ込めておく天然の皮脂膜が必要です。
    出典 :春のスキンケア~乾燥肌予防について | ピュアラバリ
     

    春だからと言ってお手入れに手を抜いてはいけません

  • 特に重要なのは、日々のクレンジングと洗顔です。
    クレンジングや洗顔によって、 皮膚表面に付着した様々な刺激物をきれいに取り除くことです。
    皮膚表面に付着した刺激物というのは、 汗や皮脂(時間の経過とともに変質します)、 空気中のチリ・ホコリ、雑菌、
    ある種のアレルギーを発生させる物質(花粉など)、 排気ガス、メイクアップ料・・・
    さらには最近問題の化学物質を含んだ黄砂など実に様々です。
    出典 :春の肌状態とお手入れ
  •  

    洗浄力が強すぎる洗顔料を使用したり、 肌を強く擦るような洗顔を行なったりすると、
    肌に刺激を与えたり、角質層を傷つけてしまったりして、肌にとってマイナス効果です。
    先に述べましたように、角質層が傷つくと、
    角質層の保湿機能やバリア機能が損傷を受けますので、 刺激物や異物が侵入しやすくなります。
    その結果、カブレなど肌トラブルが発生しやすくなってしまいますので要注意です。

  • 夏だけでなく、春からしっかりUVケアをすることが大切。ましてや、肌色が明るくなっているこの季節、肌はとても紫外線ダメージを受けやすい状態です。曇りの日や屋内でも日焼け止めを忘れずにつけるようにしましょう。
    出典 :3月 季節と肌のお手入れ | インプレス
  • スキンケアのポイント

  • クレンジングの際は、クレンジング剤をメイクアップ料など肌の付着物によく馴染ませること、
    ただし決して擦らずにやさしく馴染ませることが重要です。

    汚れが馴染んだクレンジング剤は、きちんと洗い流してください。

    それでも、クレンジングの油分が肌表面に若干残りますので、
    洗顔剤をよく泡立てて水またはぬるま湯で洗い流します。
    出典 :春の肌状態とお手入れ
  • 洗顔の際は、体温より若干低いぬるま湯を用い、
    低刺激の洗顔料で決して擦らずに行なうことです。

    擦らないためには、よく泡立てて、泡で優しく汚れを落とすことです。

    また、洗顔料が皮膚表面に残らないように、十分にすすぎを行なう必要があります。

    すすぎの後のふき取りも、やわらかいタオルなどで、
    おさえるように(決して擦らずに)行なうよう注意してください
    出典 :春の肌状態とお手入れ