「う~ん…やっぱり消したいよ~」妊娠線が消える…そんな方法ってある?

妊娠線が消える方法があれば・・・女性にとってはやっぱり気になる「妊娠線」
出産してからだいぶ経つのに、なかなか消えないと悩んでしまいますね。
赤ちゃん生まれて嬉しい!んだけど・・・何か消す方法ってないのかな?

ちょっと調べてみました♪

view40928

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠線とは?

  • 妊娠線は、妊娠中急激に大きくなったおなかが、元の大きさに戻った後に出来る皮膚のたるみやでこぼことした線のことです。

    せっかく産後、体重を元にもどしたのにも関わらず、妊娠線が残ったままだとやはり女性としては大ショックですよね。

  • 妊娠線が消える方法があればいいのになあと思うことはありませんか?

  • 妊娠線ができる理由

  • 妊娠線ができる理由

     

    妊娠線ができる理由は、妊娠中おなかの急激な変化によって皮膚がものすごい力で引っ張られることによってできてしまいます。

    太った人が激しい運動をし痩せたときにも、太ももなどに妊娠線と同じような肉割れが起こることもあります。

    妊娠線は別名ストレッチマークと呼ばれることもあります。

    おなかが大きくなるにつれ皮膚の表皮が伸びていくのですが、皮膚の下にはる真皮と皮下組織は表皮と同じように伸びきることができません。
    そのため、皮膚の表面に何本もの亀裂が生じてしまうのです。

    妊娠中は、この急激な変化を見越し、あらかじめ妊娠線予防クリームを肌に塗り込んでおけば、保湿効果もあり、妊娠線を少しでも減らすことができます。

  • 妊娠線・肉割れ」になりやすい人・なりにくい人

  • 症状が出やすいのは、ずばり乾燥肌体質の人ですね。ただでさえ皮膚が乾燥している冬の乾燥時期にしもやけや皮膚が切れてしまったという事はよくありますが、同じ理由で乾燥は皮膚の伸縮性を妨げます。潤いのある軟らかい肌は、多少引っ張られても肉割れを起こす事が少ないのです。また、乾燥肌の人はもともとコラーゲンの生成力が弱いという傾向があります。コラーゲンは、皮膚と皮膚の架け橋となる大切な成分ですから、これが不足しているという事は、皮膚同士のつなぎ目ももろくて断裂しやすいという事なのです。
    出典 :消えない妊娠線・肉割れが消えた!細胞復活のカギは黄体ホルモン | 美容ブログ [女性の美学]
     

    こんなところでも乾燥肌の影響が・・・。

  •  




     「妊娠線」を消す方法って・・・あるの?

  •  




     「妊娠線」は・・・・消えない!(完全には)

  • 皮膚の表面の傷はすぐに治りますが、真皮にできた傷やダメージは治りにくいもの。そのため、次第に目立たなくはなるものの、できてしまった妊娠線は自然に消えることはありません。「できてしまった妊娠線を消せる」と謳っているアイテムもありますが、その真偽は定かではありません。
    出典 :できてしまった妊娠線が消えない理由
     

    ひぃ~~~~!そ、そんなぁ・・・でもでも何かあるはず!絶対!

  • まずは“予防”

  • 顔や背中などの脂っぽい部位と比べると、お尻や太ももの内側、お腹などは常に乾燥していますし、集中して保湿ケアする事も少ないですよね。これも妊娠線ができやすいという理由の一つです。
    出典 :消えない妊娠線・肉割れが消えた!細胞復活のカギは黄体ホルモン | 美容ブログ [女性の美学]
     

    確かに・・・お腹のケアなんてしませんもんね。まずは乾燥肌にならないように努力しましょう!

  •  




     

     目立たなくさせる方法はある!(みたい!)

  • 妊娠線を予防する方法があった!!

  • 妊娠線を予防する方法があります。

    ①体重管理をしっかりすること

    ②皮膚が乾燥しないように保湿すること

    ③栄養バランスのよい食事をすること

  • ①体重管理をしっかりすること

  • 妊娠中は、急激に体重が増えすぎないように食事量をコントロールしていきましょう。
    つわりが終わる四ヶ月目に入ると、ついつい油断をして食べ過ぎてしまうこともあります。
    ドカ食いなどはもってのほかです。

    妊娠中の食事量については母子手帳に記載されているので、一度じっくりと読んでみるのもいいですね♡

  • ②皮膚が乾燥しないように保湿すること

  • 皮膚が乾燥しないように保湿を心がけましょう。

    実は妊娠線は肌が乾燥しすぎていると出来やすくなってしまいます。
    おなかが大きくなるにつれ、皮膚も伸びていきますが、乾燥しすぎていると皮膚がきれいに伸びることができません。

    妊娠線予防のクリームは1万円前後とかなり効果なのですが、市販のボディクリームならば3百円前後でドラッグストアで購入することができますよ♡

  •  

    いろいろな香りのものがあるので、お気に入りの香りのボディクリームでマッサージすれば癒し効果もありますよ♡

  • ③栄養バランスのよい食事をすること

  • 栄養バランスのよい食事を心がけましょう。

    母子手帳には、妊娠中の食事バランスについての記載があるので、参考にしてみてはいかがでしょう。
    また本屋さんで、妊娠中に取りたい食事のレシピ本が販売されているので、参考にしてみるといいかもしれません。

    妊娠中は鉄分やカルシウムなどが不足しがちなので、食事から積極的に補いたいものですね。