感覚と感性を磨いて麗しく快適な健康ライフ 【分食のススメ 腹6分で老いを忘れる】

“究極の癒し”を追求中の「梶原こずえ」先生による、全5回のカラキュレ公式コラムがスタート!
記念すべき1回目のテーマは、新陳代謝が低下してくる20代以降の女性にオススメの「分食」です。

view891

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 20代からの女性にオススメの「食べ方」

  • 食事には様々なシチュエーションがありますね。
    家族や仲間、食事を共にするという事は仲睦まじく、仲良くしていく為の方法のひとつです。
    旬のものを頂き、季節を感じ感性を育てるのも食事の大切な一面です。

    代謝や燃焼率の下がってくる20代からの女性にオススメしたい、わたくしも行っている食べ方をご紹介します。

  • 食事の様々なTPOに合わせていただくのは当然として、個人の体の為に出来る、また体を調整すべき時に試して頂きたい食べ方のひとつです。その方法はとても簡単!

    新陳代謝や燃焼代謝が落ちてくる年代になったら、分食をお勧めします。
    難しいことは一切なく、普段の食事を分けるだけ。
    食べちゃいけないものも無いんですよ。

  • 腹6分目目

  • 昔から、「腹8分で健康維持、腹7分で病気知らず、腹6分で老いを忘れる」と言われています。
    一度の食事の量を減らして、少な目の食事を一日何度かに分けて食べる方法。

    バイキングや食べ放題などでの苦しい程の満腹状態、、このような食べ方は体にとっては負担でもあります。

    満腹が幸せな時もあるけれど、その後のケアは、いつも以上に必要になります。
    満腹が幸せな時もあるけれど、実は体はそんなに幸せじゃないんです。

    苦しい位の満腹状態は、体の再生機能が落ちてしまう時でもあります。

    肌、爪、髪の再生はもとより、内蔵の酷使、免疫力の低下、などなど。
    お腹が苦しくて、つい眠ってしまう時、それは体が機能能力を判断して一時的に体のスイッチをOFFにして調整している状態です。

  • 分食は「いたわり」の食べ方

  • 最低、腹8分。更に、腹7分。理想、腹6分。
    でも寂しがる事はありません!
    分けて食べるのです。

    お腹が空いたら少なめに頂く。
    またお腹が空いたらまた少々頂くのです。

    朝、昼は上記の様に頂き、落ち着く夜はゆっくりとお腹いっぱいにならない様に頂く。
    また、朝、昼をしっかりと頂き、夜は腹6分で終えるなど、アレンジをなさってください。

    私のフラレッスンがあるスポーツクラブでも、レッスンの合間にベーグル一個とか、おむすび一個とかリンゴ一個とか、体が重くならない量を食べています。
    体は軽いままですし、お腹も出ない。
    仕事中に眠くなる事もないですし、疲れにくい。
    体が順調に機能しているのが感じられます。

    クラブのインストラクターも体型に気をつけていたり、仕事が忙しく体力の必要な人は分食しています。
    お酒を断つ事もないから、お腹いっぱいにならない様にお酒も楽しんでいます。

    分食は、体に負担をかけず身体良機能、内蔵良機能を維持してあげるいたわりの食べ方です。

  • 水分も同じです。

    喉の乾きを感じたら、豪快にごくごく!と飲みたい、飲んだら気持良さそうに思う時もあるかもしれませんが、体が一度に水分を吸収出来るのは、たった200cc。1カップ。
    それ以上は、内蔵温度が下がるし、水の重さを内蔵が支えないといけない。

    だからごくごくとたっぷり飲んだら体、もとい内蔵は重い状態になるんです。

    冷えや、むくみ嫌ですよね!
    内蔵温度が下がったら水分の排出作業の能率も下がってしまいます。

    水分も分飲みしましょう。
    一度に飲むのは200cc。

  • こんな事をちょっと気をつけてあげると体は喜んできます。

    喜ばせたいから負担を減らしてあげる。

    お友達やデートでもご家族とのご飯でも、お腹いっぱいにならない食べ方をしてあげればいいんです。
    それなら、お肉でも炭水化物でも糖質でも大丈夫。
    デザートも大丈夫。

    これが、体の機能を低下させない腹8分、腹7分、腹6分。
    これが、健康で病しらず、老いを忘れて、麗しく生きていく簡単な方法のひとつ、分食です。

  • 輝く毎日のために

  • 生活はただのルーティンではないですね。

    一日一日が輝きに満ちているはずの貴重な時間です。
    一日の全てを愛して楽しく生きたいですね。

    女性にとって、体型を気にしなくても良いというのは、気負わない大きな安心がありますよね。

  • さて、外食の今夜もバッグに小さなタッパーが入っています。
    食事を残すのは気が引けますから、最初から少なくオーダーするか、食べきれなかった食事をさっと詰めてお皿の上は綺麗にして帰る為。
    勿論、DodpackがNGかレストランに確認してからです。