今年は流行に乗らないぞ!インフルエンザの予防法

例年猛威を振るうインフルエンザを出来れば防ぎたいものです。症状も重く、発症したときには周りの友人や同僚、家族にうつしてしまうことも心配なインフルエンザの予防法を学びましょう。

view198

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • インフルエンザの特徴

  •  

    インフルエンザはウィルスによる感染症です!

  • インフルエンザウイルスには強力な感染力があり、いったん流行すると、年齢や性別を問わず、多くの人に短期間で感染が広がります。
    出典 :インフルエンザ~症状と種類、予防まで~
     

    インフルエンザが恐れられている原因の最たるものが、その感染力にあります。毎年のように姿をかえ、誰にでも感染する可能性があり、また爆発的なスピードで広まっていくことが、インフルエンザの何より注意すべき点です。

  • インフルエンザは高熱を伴って急激に発症し、全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れます
    出典 :インフルエンザの症状~症状、かぜとの違い~|インフル・ニュース
     

    普通の風邪は季節性の流行ではありません。また、発症後の経過がゆるやかですが、インフルエンザの症状は急激に現れます。

  • 気管支炎や肺炎を併発しやすく、脳炎や心不全になる場合もあります。
    出典 :インフルエンザ~症状と種類、予防まで~
     

    重症化した場合に、小さなお子さんや老齢の方は、命の危険もあります。

  • インフルエンザは何故なるの?

  •  

    感染を防ぐポイントは、感染経路を良く知り、感染する可能性をできるだけ減らすことにあります。

  • 気になる予防法は?

  • 予防接種(ワクチン)は、インフルエンザが発症する可能性を減らし、もし発症しても重い症状になるのを防ぐ効果があります。
    出典 :インフルエンザの感染を防ぐポイント「手洗い」「マスク着用」「咳(せき)エチケット」:政府広報オンライン
     

    やはり、何よりまず有効なのは、予防接種を受けることです。インフルエンザの型は毎年変わるため、必ずしも防げるとは限りませんが、少なくとも重症化することを防ぐことができます。

  • 緑茶を飲むと、インフルエンザに感染する確率が下がるそうです!
    出典 :緑茶でインフルエンザ予防
     

    雑誌やテレビ番組でも取り上げられていましたが、緑茶にはカテキンという成分があり、これが抗ウィルス作用として働き感染を防ぐ手助けをしてくれるようです。治療の効果はありませんので、あくまで予防とお考えください。

  • 湿度が50~60%程度になると、ウイルスの不活化率が高まり、感染しにくくなると言われています。
    出典 :緑茶を飲めば発症率が4割下がる!?誰でもできる5つのインフルエンザ予防法 | 薬剤師ネット 公式ブログ
     

    空気の乾燥によりウィルスが活動しやすい環境を作るばかりでなく、体の防御機能も下げてしまうため、湿度を保つことで感染を防ぎます。

  • ビタミンDをしっかり摂取することは予防につながるということです。ビタミンDは、主に日光浴と食事で増やすことができます。
    出典 :免疫がなくても有効!?インフルエンザ予防にビタミンD [インフルエンザ] All About
     

    体の中には、抗菌タンパク質という細菌やウイルスなどと闘う免疫機能があります。これらは、ビタミンDが合成に関与しており、ビタミンDを多く含むキノコ類を摂取することで体の免疫を高めることにつながります。

  • インフルエンザというのは、一種のウイルスなので、理論的には体の免疫力を十分に高めておけば、かかるリスクは低減するはずである。
    では、免疫力を高めるためにはどうすればよいか?
    ここで、「爪もみ」療法を紹介したい。
    出典 :「爪もみ」でインフルエンザリスクを低減…したい
     

    嘘みたいに簡単な方法ですが、爪もみをすることで自律神経に働きかけ、体の免疫力を高めます。

  • 爪もみの方法

     

    格指を爪の付け根の部分をつまんで、ひねるように10秒ほど圧迫するというのが、爪もみのやり方です。
    これにより、自律神経のバランスを整えて免疫力を高める効果がえられるようです。
    ただし、薬指だけは、自律神経の交感神経を優位にしてしまう効果があり、バランスを整えにくくなるため、もまないようにしましょう。

  • 自分にあった予防法を上手に利用し、インフルエンザの脅威を少しでも回避しましょう!!