腹筋でくびれをゲット!

腹筋でくびれをつくるには?
効率の良い腹筋のやり方でくびれを手に入れましょう!

view509

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • くびれは大切!

  • スリムで引き締まったボディになるためには、くびれたウエストは必須です。
    お腹がポッコリ出ているなんて目もあてられません。
    お腹がポッコリ出ているのは、運動をさぼっている怠慢な証拠。
    また食べ過ぎているサインでもあります。

    そのままにしておくと、ポッコリお腹に慣れてしまい、危機感がなくなってしまいますよ。
    女性は加齢とともにお腹も引っ込みにくくなりますから、
    ちょっとダイエットしたくらいでは出てしまったお腹が引っ込みません。

    そこで、出てしまったポッコリお腹を効果的にぺったんこにする方法を紹介しましょう。
    それも寝る前にほんの10分あればできるエクササイズ。
    無理せず腹筋を鍛えて、美しいウエストラインを手に入れましょう。
    出典 :寝る前10分の腹筋でくびれたウエストに!効果抜群の腹筋方法
  • 腹筋の基本をマスター

  • 腹筋運動でお腹をぺったんこにするには、
    ただ横に寝て頭を上げ下げればいいというわけではありません。
    正しいフォームで行わなければ何回やっても効果がありません。
    腹筋の正しいフォームを身につけましょう。

    腹筋運動にもいろいろあります。
    また、腹筋は正面だけではなく横にも腹筋がありますね。
    どちらの腹筋も引き締めないと、くびれたウエストにはなれません。
    まずは、お腹の正面を鍛える初心者向けの腹筋の方法を紹介しますね。
    出典 :寝る前10分の腹筋でくびれたウエストに!効果抜群の腹筋方法
  • 方法

    足を肩幅に開き仰向けに寝ます。
    膝を90度に曲げます。
    両手は軽く耳の横にそえます。
    後頭部を両手で支えると首に力が入りやすくなるのでできれば耳の横に。
    お腹に力を入れてゆっくりと上半身を起こします。
    おへそを見ながら、お腹に力を入れて行うのがポイント。
    上がる位置まででOK。
    できるところまで上半身を起こした、ゆっくりと元に戻します。

    肩甲骨が浮いたところまで、腰が上がらないように注意して行いましょう。
    これを15回1セット行います。
    慣れてきたら3セット行います。最初はできる回数で。
    お腹に力が入っていることが重要です。お腹に手を当てながら行うと分かりやすいですよ。
    出典 :寝る前10分の腹筋でくびれたウエストに!効果抜群の腹筋方法
  • 腹筋を効率よく鍛える

  • 腹斜筋で効率的に!

     

    くびれを作るのに腹筋も鍛えることが大切ですが
    腹斜筋(ふくしゃきん)も一緒に鍛えないとすぐに腹筋が戻ってしまうそうです。

  • 「腹斜筋」って?

    「腹斜筋」とは、肋骨の下に斜めについている筋肉で、
    お腹の横部分を支えているものです。
    ここが弱いとウエスト部分が弛んでしまい、クビレが出来ません。
    腹筋で鍛えられるのはお腹の中央部分の腹直筋、ここを鍛えてもクビレはできません。
    出典 :単なる腹筋では『くびれ』はできません。腹斜筋を鍛えてくびれを作る運動法!
  • 腹斜筋はくびれだけじゃない!?

     

    腹斜筋はなんとくびれができるだけでなく
    さまざまな女性の悩みにも効果があるといわれています。
    くびれができて
    ほかにも悩みが改善できたら
    これほどいいものはないですよね。

  • ・お腹が引っ込む?

    腹斜筋はお腹を上へ引っ張り上げる役割をもっています。

    そしてお腹を引き締めるコルセットのような役割も果たします。

    それってつまりお腹が引っ込むということですね。
    出典 :腹斜筋が無いと痩せないんですか?:効果的なダイエット方法で成功させるには
  • 腹斜筋を鍛えることは冷え症の改善にも有効

    ダイエットに嬉しい効果があることは勿論なのですが、
    女性を悩ます冷え性の改善にも期待できることをご存知でしょうか。
    実は腹斜筋は周辺血液の流れに非常に影響を及ぼす筋肉でもあります。
    ふくらはぎが血流ポンプの重要な役割を持っているのと同様に、
    腹斜筋も血液の流れをスムーズにするか否かの大切なポイントになる筋肉なのです。

    故に腹斜筋を鍛えることで血流をスムーズにさせることができ、
    全身の血のめぐりが良くなると考えられます。
    冷え性は血液の流れが悪くなることが大きな原因となるので、
    腹斜筋を鍛えることによって血流が促進されれば、その改善に期待ができるというわけなのです。
    お腹を温めると冷えに効果があるなどと聞きますが、
    これは温めることでお腹周辺の血流を良くするという意味合いからでしょう。
    出典 :くびれに必要なのは腹斜筋だった!~腹斜筋を鍛えれば冷え性も改善?
  • 「腹斜筋」の簡単な鍛え方

     

    腹斜筋は腹筋と鍛え方が違います。
    何通りかありますが自分に合ったものでやると
    効果的かと思います。

  • <トレーニング①>
    1.両膝を立てて仰向けに寝そべり、頭の後ろで両手を組みます。
    2.状態を捻りながら起こし、ヒジとヒザをくっつけます。
    3.ゆっくり戻して、反対側も同様に行います。
    ※1セット10回を1日2回やりましょう。
    出典 :単なる腹筋では『くびれ』はできません。腹斜筋を鍛えてくびれを作る運動法!
  • <トレーニング②>
    1.まっすぐ仰向けに寝ます。
    2.両足を揃えたまま浮かせ、同時に上半身も浮かせてVの字を作ります。
    3.10秒キープしたらゆっくり戻します。
    ※1セット10回を1日2回やりましょう。
    出典 :単なる腹筋では『くびれ』はできません。腹斜筋を鍛えてくびれを作る運動法!
  • <トレーニング③>
    1.まっすぐ仰向けに寝て、両手を広げます。
    2.両足を揃えて床から垂直になるように上げます。
    3.足を揃えたままゆっくり右側に倒します。
    4.5秒以上キープしたら元に戻し、左も同様に行います。
    ※1セット10回を1日2回やりましょう。
    出典 :単なる腹筋では『くびれ』はできません。腹斜筋を鍛えてくびれを作る運動法!
  • レッグレイズ/腹筋/筋トレ実践講座

  • 種目解説
    レッグレイズは、「仰向けに寝て脚を上下させる」動作により腹筋下部(下腹部)の強化を目指す腹筋トレーニングの一つです。
    腹筋下部の強化・引き締め・脂肪燃焼、骨盤の安定、ウエストラインの維持・向上、内臓の位置を整えることなどに効果が期待されます。
    一度動作を開始したら、脚を床に付けることなく動作を繰り返し、継続させます。
    ポイント
    ・ 脚を上げる時、勢いで上げず、ゆっくり上げる
    ・ 戻る時も腹筋下部に負荷をかけながらゆっくり戻る
    ・ 腰への負担が心配な場合は、手を体の横ではなく、腰の下に入れた状態で行なう
    ・ 常に下腹部を意識し、負荷がかかっていることを実感する
    目標回数
    15~20回×2~3セット
    出典 :レッグレイズ | 腹筋トレーニング | 筋トレ方法の筋トレTV
  • 朝起きてすぐ、夜寝る前に1セットずつやるといいかな、と思います。
    両手が広げる場所が足りない場合は、リビングにちょっと広めの空間を用意したいですね。
    どれも時間を掛けず簡単に出来るのでおススメです。
    後は普段も、姿勢を良くしお腹まわりを意識して力を入れておくことも効果的です。
    こちらは場所も時間も選ばないのでぜひやってみてくださいね。
    出典 :単なる腹筋では『くびれ』はできません。腹斜筋を鍛えてくびれを作る運動法!
  • 腹筋は冷え、ダイエットなどに効果的ですが
    やりすぎると筋をおかしくしたり怪我につながってしまいます。
    自分のペースで自分に合った方法で行ってください。