自律神経失調症ってどんな病気なの?◎まとめ

自律神経失調症。治療には時間がかかるといわれている。

そもそも、どんな病気なの?かかってしまったらどうすればいいの?予防法は?
など、見ていきましょう。

view547

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 自律神経失調症とは?

  • 自律神経失調症はどうして起きるの?

    私たちの体は、気温の変化や精神的ストレスなど外からの刺激に対して、体内の状態を一定に保とうとする働き(ホメオスタシス)があります。この働きを担うのが「自律神経」で、内臓や血管の収縮・拡張、ホルモン分泌など、すべての器官を調整しています。 自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」という相反する働きをする神経が同居し、この2つの神経が綱引きをしながら働いて、体がバランスよく機能しているのです。 ところが、ストレスなどの刺激が長時間続いたりすると、自律神経がそれを排除しようと頑張るあまり、綱引きのバランスが崩れてしまい自律神経失調症を起こすのです。
    出典 :自律神経失調症 | 自律神経失調症はどうして起きるの : 治療・症状 - セルフドクターネット
  • また、自律神経失調症の症状はこんなにある!

     ■頭痛、めまい
     ■不眠
     ■呼吸困難、息切れ
     ■発汗、微熱
     ■嘔吐
     ■肩こり
     ■倦怠感、体重減少
     ■不整脈、左胸の痛み
     ■背中の痛み
     ■食欲不振
     ■腹痛
     ■腰痛
     ■月経痛、月経不順
     ■むくみ
     ■下痢、便秘

    どうしてこのように様々な症状が出るのだろうか?

  • どうして多彩な症状がでるの?

    自律神経は全身の器官をコントロールするため、バランスが崩れると全身の機能に支障をきたして、さまざまな症状が出ます。 最近は内科や整形外科などで検査をしても悪いところが発見されず、神経科、心療内科などの専門医を紹介してくれるケースが多くなりました。ただし「自律神経失調症だから」と思い込んで放置し、病気の早期発見を逃してしまうケースもあるので、注意して下さい。
    出典 :自律神経失調症 | どうして多彩な症状がでるの? : 治療・症状 - セルフドクターネット
  • あなたのその体調不良、自律神経失調症かもしれません。

  • もしかして…?と思ったら、セルフチェックしてみよう。

  • 最終的な判断はお医者さんにお願いしてくださいね。

  • どうしてかかってしまうの?

  • 自律神経失調症は外からの刺激に対して、自律神経が防御反応を起こして発症します。
    ストレスが原因とは言われていますが、それは精神的なものだけではなく
    暑さや寒さ、痛み、睡眠不足などの外からの刺激のほとんどがストレスと言えます。

  • 自律神経失調症にかかりやすいのは、ストレスを受けやすい人です。

    <性格面>
     ■真面目で責任感が強い
     ■几帳面で心配症
     ■内向的

    <体質面>
     ■冷え性、低血圧
     ■やせ型
     ■思春期や更年期、出産後などホルモンが変化する時

  • あなたは当てはまっていませんか?

  • かかってしまった時の治療法は?

  • 自律神経失調症は心の状態が深く関わっている病気です。
    そのため心と体の両面から治療を進めます。

    実際にどのような治療をするのか見ていきましょう。

  • 薬物療法

     

    多くの人が自覚しやすいイライラ、めまい、 食欲不振、不眠など、体にあらわれる症状を取り除きます。

    治療に使われる薬の種類は以下の通りです。
     ■自律神経調整薬
     ■抗不安剤
     ■抗うつ剤
     ■睡眠誘導薬
     ■ホルモン剤
     ■ビタミン剤

  • 理学療法

     

    指圧やマッサ-ジ、温熱療法等の理学療法により改善される場合があります。
    まず理学療法によって体にあらわれる症状を取り除き、その後に心理的な療法によってじっくりと治していくのもひとつの治療法です。

  • 心理療法

     

    心理面の問題に対して治療を行おうとするのが心理療法と呼ばれるものです。
    医師がアドバイスをする簡易精神療法や、医師の援助のもとに患者自身が自分の状態に気づくことを期待するカウンセリング、 さらには訓練によって心と体のバランスを図る自律訓練法等、数多くの治療法があります。

  • 漢方薬

     

    前述のとおり、ストレスを感じやすい傾向にある人は体質を根本から改善する必要があります。
    漢方薬によって人間が本来持っている自然治癒力を高め、心身の調和を図るのも一つの方法です。

  • 以上が代表的な治療法ですが、そのほかにも様々な治療法があります。
    重要なことは肉体面と精神面をバランスよく治療していくことです。
    その人に合った治療法を探しながら進めていくため、時間を要すことがほとんどです。

  • 自律神経失調症にかからないために。予防法とは?

  • とにかくストレスを溜めないようにするのが唯一の予防法と言えます。

     ■旅行をする
     ■趣味に打ち込む
     ■気の合う人と触れ合う
     ■生活習慣を改善する

    普段からストレスフリーな生活を心がけましょう!と言われるとなかなか難しいのでは?
    生活の中に、自分なりの楽しみを見つけてみましょう。

    でも、不調を感じたら躊躇せずに治療を受けましょうね。